JAL、70周年記念でグッズ販売!クラスJ未使用座席が70万円で!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

JAL、70周年記念でグッズ販売!クラスJの座席も登場!

1951年10月25日の初飛行以来、70周年を迎えたJALが、2022年3月末まで期間限定で70周年記念アイテムの販売を開始しています。

具体的には、航空機の座席や過去のアイテムを揃えた「AUTHENTIC」・航空機の部品や素材などから制作された「CRAFTSMANSHIP」・復刻版のグッズなどがメインの「MEMORIAL GODS」の3カテゴリーから成り、中には未使用のクラスJシートなんかも登場予定だったりします。

そう言えば、ANAもヤフオク!でモックアップを出品していました。

驚きの380万円と言う落札価格が付いていてびっくりもしましたが、JALもそれに続けとばかりの周年企画と言う感じになりそうですね。

具体的な商品は、こんな感じ。

【クラスJシート】

ボーイング777-300型機に搭載する予定だったクラスJシートで、2021年3月末で同機材がJAL国内線から退役したので、未使用のままだった品。
2席で1ユニットと言うコトで、かなり幅を取りそうな感じですが、リクライニング・レッグレスト・ヘッドレストは稼働すると言う商品(オーディオ・乗務員呼び出しボタン・読書灯と電源接続は不可)。

2021年11月21日までの抽選販売で70万円(税込)。

【1/25 ボーイング747-100 モデルプレーン】

ジャンボジェットのモデルプレーン。
モデル…と言いながらこちらも結構な大きさで全長が約267cm。

1個限定での抽選申込販売でこちらも70万円(税込)。

クラスJのシートは未使用品ながらも、本物。
2席1ユニットの割に70万円と抑えた価格のように思えるのは、ANAのヤフオク!でのモックアップシートの落札価格にボクの脳みそがすっかり影響されてしまっているからなんでしょうかね…(単に70周年に掛けた値段設定と言うだけでしょうが…)。

ただこちらの方がまだ実用性はあるのかな?と言う感じはするけれど(それでもリビングに置いてあったらびっくりするのは、間違いないですが)。

スポンサーリンク

整備士さんが作り出す商品はマイル交換

さらにCRAFTSMANSHIPのカテゴリーには、こんな商品が。

・盃…100,000マイル
・チタンプレート…10,000マイル・限定200枚
・丸形チタンキーホルダー…3,000マイル/個・8種類
・IDGピストンキーホルダー…7,000マイル・限定70個

航空機の機体整備・部品整備・エンジン整備の整備士さんたちが作り出す商品で、こう言う企画はかなり珍しい感じがしますね。

こちらは、販売ではなくてどれもマイルを使っての交換商品と言う形になっていて、盃以外は案外、手が届きやすいマイル帯なのも特徴的ですね。

小腹空いた時におススメサイズ|JALですかいミニカップ4種20個セット
created by Rinker

復刻版グッズやオリジナルグッズの販売も!

さらに「MEMORIAL GOODS」として、復刻版のグッズ販売も。

・1/80 DC-3スナップインモデル…14,850円(限定700機)
・オリジナルTシャツ フリート…2,750円(黒・白色2種類)
・オリジナルマグカップ フリート…2,200円(黒・赤色2種類)
・オリジナル手帳型スマホカバー…4,180円(青・赤・グレー3種類)
・オリジナル復刻柄はっぴ…6,380円
・豆皿2枚セット はっぴ柄…1,980円
・オリジナル復刻版エアラインバッグ…5,500円(紺・白2種類)
・オリジナルエアラインバッグS…3,960円(紺・白2種類)

こちらは一気にお求め安くなった感じですが、JALショッピングでの販売になるので、購入と同時にマイルも貯められますね。

また有楽町にある「有楽町TABITUS STATION」での販売も行われているとのコトですが、他のショップでは未販売のようです。

限定やオリジナルグッズの割にはこちらも価格帯が抑えられている感じがするのは、嬉しい所ですかね。

まだまだ航空業界は苦しい状態が続く中で、こうした企画で“買って”応援と言うのは、アリなのかも知れませんね。

 

でも…

さすがにクラスJのシートを買える人は限られているとは思いますけれどね。

お値段と言うより、購入後の設置場所的に。

コメント