JR西日本、新幹線も乗り放題になるお得な“どこでもきっぷ”を販売!→急遽発売見合わせ!

Sponsored Link

★追記|2021年4月12日21:00★
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、まん延防止等重点措置の適用エリアが拡大したことで、当面の間、「JR西日本どこでもきっぷ」「JR西日本関西どこでもきっぷ」ともに、発売を見合わせるコトが、4月12日に発表になりました!
販売開始は、現状、未定になりますので、改めて、JR西日本からの公式なアナウンスがあるまで待つしかないと言うコトになりました。

新幹線・特急も乗り放題などこでもきっぷ!

JR西日本が、お得な乗り放題切符を2種類、2021年4月16日~6月22日まで販売するコトを発表しました。

「JR西日本どこでもきっぷ」とその関西版の「JR西日本関西どこでもきっぷ」で、かなりお得感の高いきっぷになっています。

まずは概要から。

JR西日本どこでもきっぷ|概要

発売期間|
2日間用…2021年4月16日~6月22日
3日間用…2021年4月16日~6月21日(関西どこでもきっぷは2日間用のみ)

利用期間|2021年4月27日~6月30日

金額|
JR西日本どこでもきっぷ…2日間用18,000円・3日間用22,000円
JR西日本関西どこでもきっぷ…10,000円(2日間用)
*こどもは半額

発売箇所|
JR西日本ネット予約「e5489」・JR西日本/福岡・佐賀県内の主な旅行会社
*JR西日本どこでもきっぷ2日間用は旅行会社のみの販売

利用可能な列車|
新幹線・特急・在来線列車の自由席・智頭急行線(特急を含む)・JR西日本宮島フェリー

利用可能な路線|
JR西日本どこでもきっぷ…JR西日本全線
JR西日本関西どこでもきっぷ…
敦賀・米原・柘植・新宮~鳥取・智頭・津山・岡山・総社・倉敷・児島までのエリア
*智頭~津山間の因美線は利用不可

1名から利用可能ですが、こども券のみの発売・利用は不可になっています。

基本的には、自由席利用になりますが、期間中、6回まで寝台列車など一部列車を除く普通車指定席が6回まで利用可能(指定席の予約は、きっぷの受取前の場合は、e5489のみで可能、受け取り後はみどりの券売機で取り扱い)なのは、ゴールデンウィーク期間中の混雑しそうな期間だと助かりますね。

こんな時代だからこそお一人様|ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山
created by Rinker

ゴールデンウィークも利用可能なのが嬉しい!

ゴールデンウィーク期間中も利用可能な切符なので、かなり利用価値が高そうな感じがしますね。

何と言っても、特に除外日がないと言うのが嬉しい限り。

「JR西日本関西どこでもきっぷ」なら2日間で10,000円。

“関西”と銘打っていますが、鳥取・岡山~関西圏まで利用が可能なので、関西から岡山往復とかでも利用できますし、新幹線も利用可能と言うのが、なんとも太っ腹感。

智頭急行線も利用可能なので、「スーパーはくと」も利用できるので、鳥取まで行けると言うのは大きいですね。
3日間券の設定がないので、旅先でゆっくり…と言う感じじゃないかも知れませんが。

欲を言えば、福井ぐらいまで行ければ、言うコトはなかったのかも知れませんけれど、1日換算にすると5,000円ですからね。

JR西日本全線が対象になる「JR西日本どこでもきっぷ」になると、3日間用で22,000円。
新大阪から博多が自由席で片道14,750円なので、往復するだけで充分、元が取れてしまう計算になりますね。

やっぱりこちらもお得感が高いですね。

こちらは3日間券の設定があるので、ちょっとゆっくりできそうですし、その気になれば、周遊だって可能ですね。

ただ去年の秋口に発表した「どこでもドアきっぷ」と比べると、多少、値段が上がっていますね。

こども券の設定が、半額になったので、家族連れの場合は、結構な値上がりになっているかと。
「どこでもドアきっぷ」の3日間券の場合、JR九州・四国線も乗り放題でしたし。

ただそもそも「どこでもドアきっぷ」が、破壊的な安さだったと言うコトもありますけれどね。3日券の土休日で18,000円(つまり1日間換算で6,000円)でしたから。

あると便利な旅行用ハンガー|洗濯ばさみ付きが最強!
created by Rinker

感染対策はしっかりと行なって…

こうしたお得な切符はJRグループの中では、西日本が一番、熱心な感じがしますね(続いて東日本)。

元々、閑散路線を抱えているのに加え、コロナ禍で屋台骨となる新幹線輸送が激減しているコトで、よりお得な切符の販売に熱心な感じがありますが、そうした背景を考えると、さすがに手放しでは喜べない気もしますが。

本来ならば、繁忙期であるゴールデンウィークも対象期間に含まれるようなお得な切符の販売なんて、避けたいでしょうしね。

本拠地になる大阪は、かなりコロナの感染が再拡大している状況で、変異株の感染が目立つようなタイミングになっていますが、しっかりと感染対策を行なって、少人数で利用して欲しいモノです。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください