TポイントとVポイント、統合後の名称はVポイントに決定!

名称はVポイント、デザインは既存Tポイントカラー

既に統合されるコトは発表になっていたTSUTAYAなどのカルチュア・コンビニエンス・クラブが率いる「Tポイント」と、三井住友フィナンシャルグループが率いる「Vポイント」。

TポイントとVポイントが、事業統合でより大きな経済圏へ!

この度、統合後の新ポイントの名称が「Vポイント」になるコトが、新しいロゴと一緒に発表になりました。

新しいVポイントのロゴは、Tポイントの青・黄色のカラーを生かしたデザインに。
名称はVポイント・デザインはTポイントと言う感じですね。

統合された後も、それぞれの既存ユーザーは、これまで通りポイントサービスを利用でき、全国約15万店舗の提携先でポイントが貯められるほか、Visa加盟店では三井住友カードのクレジットカード・Oliveフレキシブルペイなどの利用、さらに三井住友銀行・SMBC日興証券・SMBCコンシューマーファイナンスと言ったグループでもポイントが貯められるようになります。

貯めたポイントは、これまで通り1ポイント=1円分として、提携先・Visa加盟店・三井住友銀行・SBI証券などで利用が可能なコトが、改めて発表になっています。

Tポイントの救済が目的?

業務提携・統合だけでなく、資本的にもCCCMKHDヘSMBCグループが出資するコトになりますが、CCC側が60%、SMBCグループ側が40%と言う出資比率。

つまりは過半数を押さえているのは、CCC側なのですが、それでも勢いをなくしたTポイント陣営の救済感がぬぐえない感じはしますね。

それは今回、名称としてはVポイントが採用されたのからも明らかな感じはします。

ただVポイント側も、ポイントプログラムとしてはジリ貧だったのは間違いがナイ。
と言うのも、SMBCグループ内のポイントと言う範囲内のプログラムであり、そこからの展開が見えなかったですからね。

なので、どちらにとっても渡りに船だったのかな?と言う感じ。

ポイントプログラムは、今や真ん中に金融・決済・カード事業がナイと伸び悩むような状態。
Tポイント陣営は、そこで他のプログラムの後塵を拝していた訳ですが、今回、SMBCグループと統合するコトで、その辺りは強力な後押しが入って来る。

単に加盟店で使ってポイントを貯める…と言うプログラムから、脱却する機会にはなりそう。

つまりは、ポイントの貯め方が大きく変わるのかな?と言う感じはしますね。

提携先がどうなるのかが、鍵

大きな枠組みは、1+1=2。
ただ実際のところは、どうなるんだろう。

個人的に気になるのは、Tポイント=WAONポイントとの交換の部分とかかな。

あとはウェルシアとの提携関係が、変化するのかどうか。

この辺りが気になるかなぁ…と。

と言うか、“貯める”と言う点では、統合してもあまり変化がナイのでしょうが、“使う”点は変化が出てもおかしくはないですからね。

まぁ、主だったところはそこまで変化がナイのかも知れないし、統合をきっかけにまた新しい提携先ができる可能性だって、もちろん低くはないのでしょうが。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください