ニュージーランド、「NZeTA」導入!一緒に観光税も同時に!

Sponsored Link

ニュージーランドが「NZeTA」導入!

サウジアラビアの観光ビザが解禁になったコトが、この1週間、大きなニュースになっていると思うのですが、その陰で(?)ニュージーランドが、入国時に電子渡航認証「NZeTA」(New Zealand Electronic Travel Authority)の運用がスタートしました。

「NZeTA」。

何だかアメリカのESTAみたいな名前ですけれど。

これまで日本のパスポートを持っている場合、3ヶ月以内の短期滞在ならびにニュージーランドを経由して第3国に乗り継ぐ場合、ビザは必要なかった訳ですが、2019年10月1日以降は、事前にこの「NZeTA」の申請が必要になります(オーストラリアとニュージーランドの永住権保有者ならびにニュージーランド市民権保有者と、有効なニュージーランドビザを保持している場合は、申請不要でビザ保有者が申請すると、「NZeTA」で上書きされてしまうので要注意)。

申請は、移民局のモバイルアプリもしくはWEBから申請が可能。

アプリとWEBでの申請で手数料が異なるのが、まず最初の注意点でしょうか。

・アプリ…9NZ$(約605円)
・WEB…12NZ$(約807円)

3NZ$の違いがあります。
手数料の支払いは、クレジットカードで支払いが可能で、VISAもしくはMasterCardが選択可能です(JCBならびにアメリカン・エキスプレスなどは不可)。

認証から発行まで、最長で72時間が掛かるとのコトなので、ニュージーランドに渡航予定の方は、3日前までには必ず申請を行っておく方がベターかと思われますが、申請自体は、10分もあれば完了すると言うシロモノです。

英語が苦手な日本人向けに、ちゃんと日本語対応の案内も出ているので、それを参考にすれば、ホントに簡単かと(かなり親切な案内になっていますので)。

null

null

ニュージーランドはトランジットだけで、オーストラリアなどにスグに乗り換えをする場合でも、「NZeTA」の取得は必要です。

因みに、「NZeTA」は発行後、最長2年間有効。
1度取得すると期間内ならば複数回の訪問が可能と言うのは、アメリカのESTAと通じるモノがありますね。

観光税も同時に導入!

さらにこの2019年10月1日からは新たに観光税として「International Visitor Conservation and Tourism Levy(IVL)」の導入もスタートです。

こちらは「NZeTA」もしくはVISA取得時に1人35NZ$(日本円にして約2,354円)を徴収すると言うシロモノです。

「IVL」の導入は、ニュージーランドの自然環境の保護や、観光インフラの整備などの為とのコトで、こちらは「NZeTA」とは異なり、トランジットでニュージーランドを通過する場合は不要になっています。

「NZeTA」と一緒に「IVL」も支払う必要があると言うコトではありますが、この流れは分かりやすい感じはしますね。

日本の出国者全員が対象になっている「国際観光旅客税」とは異なっていて、ニュージーランド在住の方は負担なしと言うのも、羨ましい限りではありますが、どうして日本もこのやり方にしなかったんだろう…とすら思えてしまいますけれど。

ただ言えるのは、どの国にも共通で、“取りやすい所から、税金は取っていく”と言うコトでしょうね。
やっぱり自国民よりも旅人から取る方が、文句も出にくいですから。



2年間有効は、絶対に不便なんだけれど…

それにしても、ビザが不要なのに、こうした事前の電子渡航認証を求める国が増えて来ましたね。

有名なのはアメリカのESTAではありますが、カナダもeTAを導入していますし、オーストラリアもETAと言う制度が。

ってか、どれも名前が似た様な感じなので、分かりにくいですし、そもそも個人的には、“ビザ不要なのに、事前の電子渡航認証は必要”とコト自体、慣れないんですよね。

だって、“ビザ、不要でしょ”みたいな。

ビザと事前の電子渡航認証とは異なると言えば、確かにそうなんですけれども、何だかちょっと釈然としてない思いがあったりします。

しかもニュージーランドのケースで言えば、“2年間”有効とはあるけれども、一般の旅客が2年間に再訪する可能性なんて、そう多くもないでしょうに。

そして、これ以上事前の電子渡航認証が必要な国が多くなったら、それぞれの有効期限とか、覚えていられなくなる人も出て来そうですから、いい加減、“同じパスポートの期間内ならば、有効で、申請は同じパスポートならば1回限りでOK”とかにならないんだろうか…と思ったりも。

まぁ、ならないんでしょうけれど。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。