JAL、マイレージ会員のステータスを1年間延長の特別対応実施!

Sponsored Link

自動的にステータスを1年間延長!

既にマイレージ会員向けには、搭乗時に貰えるFOPが期間限定で2倍になるなどの特別対応を行っているJALですが、更なる特別対応を発表しました。

それが、“1年間のステータス延長”と言うビックなモノ。

現在の2020年度のステイタスは、2019年1~12月の搭乗実績によるモノで、有効期限が2021年3月末までとなっていますが、これを2021年度まで延長すると言うコト。

つまりは、有効期限が2022年3月末までになります。

対象者は、特に自身で申請する必要もなく、自動で延長される模様ですが、2021年度のFLY ONステイタスカードの送付などの詳細については、追って、発表するとのコトです。

既にこうした特別対応は、アメリカのデルタ航空ユナイテッド航空などが発表していますが、日系としては、(このブログでは書いていませんが)スターフライヤーのマイレージである「STAR LINK」に続く形になります(因みにスターフライヤーのSTAR LINKは2021年度のステイタス獲得条件の緩和も発表しています)。

減便・運休と不要不急の外出の自粛が求められる中で、2020年度のステイタス特典が、ほとんど享受されるコトないまま期間が終わってしまう可能性が高かっただけに、今回のJALの発表は、ステイタス保有者が1番求めていた形の様にも思えますね。

逆にFLY ONポイントの特別倍率での付与は、ここまで新型コロナウイルスの影響が長引くとは想定していなかったのかも。

現時点では、この特別倍率は不要不急の外出を煽る様な形にすらなりかねませんが、今回のステイタス延長ならば、その心配もないですしね。

いや、特別倍率の付与と言うのも、かなりの大盤振る舞いだとは思いましたけれどもね。

逆に、今回のステイタス延長対応で、恐らくFLY ONポイントの特別倍率付与は、現在、発表になっている限りで終了になり、延長と言うのはなさそうな感じがしますね。

有効期限マイルも対象期間延長!

この他に、有効期限を迎えるマイル・e JALポイントの取り扱いについても、若干の追加が発表になりました。

既に、2020年2月~7月末までを対象に、有効期限を迎えるマイルとe JALポイントについて、有効期限1年間のe JALポイントの積算を発表しているJAL(詳しくは、コチラ参照)。

期間中に事前の登録は必要になりますが、有効期限を迎えるマイルについては、1マイルを1.5e JALポイント換算して積算。有効期限を迎えるe JALポイントについては、同数のe JALポイントを積算すると言う特別対応になっています。

この対象期間が、7月末から9月30日まで延長されるコトになりました。

繁忙期である夏にマイルの有効期限を迎えると言う人も多そうなので、この対応は、有り難い所ですね。

これは仮に今後、まだしばらく運休や減便が続くようになるのであれば、更なる延長も有り得そうですね。

もちろん、そうならないコトを願うばかりですし、早く通常ダイヤに戻って旅が出来る環境になって欲しいですが、こうしてしっかりと対応期間を延長してくれるのは、有り難い限りです。

さてこうしたJALの動きを受けて、ANAとしても更なる特別対応の追加があるのかどうか…

そして仮にこの新型コロナウイルスの影響が、来年には完全に収まっているとしたら、来年は例年以上に上級会員が多くなっていそうな感じもしますね…

ま、それは仕方ないと思うけれど。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください