『ザ・ビーチ』の舞台、ピピ島が期間限定で閉鎖に!

Sponsored Link

『ザ・ビーチ』の舞台が期間限定閉鎖へ!

タイで観光客に人気のピピ・レイ(Koh Phi Phi Ley)があるマヤ湾(Maya Bay)が、2018年6月~9月までの間、閉鎖されると言うコトが発表になっています。

また、立ち入り禁止期間が終了した後も、1日2,000人以下に入場が制限されるコトになるとの話も出ています。

現在、多い時には、1日4,000人もの観光客がマヤ湾に殺到していて、船が行き交う為に、サンゴ礁が損傷を受けているとのコトに伴う措置なので、やむない措置であるのは、間違いがナイのですが、日本の夏休みの旅行シーズンと重なるので、南部のタイへ旅行を考えている人は、注意が必要になりそうです。

ピピ島は、ピピ・ドン島とピピ・レイ島と言う2つの島に分かれているのですが、今回、閉鎖が決まったのは、ピピ・レイ島のあるマヤ湾の方になります。

この4カ月の期間は、現地ではモンスーン期間に当たる訳ですが、4つの大学が持続可能な観光の実現に向けての調査に入るコトに。

観光と自然保護の両立には、やっぱり規制は必要

大勢の人が美しい自然に魅入られて、押し寄せるマス・ツーリズム化(観光の大衆化)。

ピピ島では、浜辺に船を停留させるコトを推奨して来ていましたが、エンジンなどでサンゴの一部が損傷を受けているのと共に、ゴミ問題や、無計画な開発が行われ、生態系への影響が深刻化し始めていました。

観光と自然保護。

相反する様なモノで、観光客が増えると、自然に自然が破壊されて行く訳ですが、観光は現地においては貴重な経済資源でもある訳で、どの様にバランスをとって行くのかが、これから試されるコトに。

観光客が多く集まるのは、個人のチカラでは止められるモノでもナイ。

そもそも自らも観光客な訳ですしね。

でも、ゴミであったり、マナーであったり…の部分は、世界全体で観光客が増えている時代な訳で、個人がもっと考えて行かなければならない時代になっている…と、改めて。

そこをしっかりと旅人としても取り組まないと、その内、世界各地で“観光客、お断り”なんてコトになりかねなくなるでしょうから。



バックパッカー映画が人気のきっかけ

そもそもこのピピ島。

レオナルド・ディカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ (特別編) [AmazonDVDコレクション]』の舞台になったコトで、一躍、有名になった島。

アレックス・ガーランドの小説を元にした映画で、バックパッカーのリチャード(ディカプリオ)が、バンコクのカオサンで奇妙な男と出会い、下界から完全に遮断された場所にあり、白い砂浜・透き通った海そして大麻…と、地上の楽園だと言う“ビーチ”を探す旅に出る…と言うストーリー。

『タイタニック』の後の映画なんですが、2000年に公開された映画と言うコトで、もう18年も昔の映画なんですね。

あの頃のカオサンは、今よりも旅人しかいなかったし、もう少し陰湿な空気感があったような気がするのですが、そんなシーンも映画にはチラリとですが出て来たり。

賛否がちょっと分かれた映画でしたが、個人的には、こんな旅に憧れる時って言うのが、あった。

“誰も知らない様な場所”

“旅人の集う場所”

“キレイなビーチ”

 

“楽園”。

まさに旅人の妄想が、ギュッと詰まったかの様な物語。

“誰も知らない様な場所”であったハズのビーチ。

それが誰かに知られる様になった時、物語は急展開するでのですが、今回のピピ島の閉鎖も、それまでは限られた人しか知らなかったピピ島が、映画によって知られる様になり、20年弱の年月を掛けて一般化し、多くの観光客を集める様になった…

何か、ちょっと皮肉でもありますね。

ただ今回の措置で閉鎖されるのは、あくまでもマヤ湾らしいので、近くのビーチに船を停泊させるコトは可能だとか。

近くのビーチに船を止めて、歩いて向かえるとなると、何か抜け道いっぱい感を感じてしまうのは、自分だけなのだろうか…

「タイ・バンコク」関連はコチラもチェック!






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。