コロナに負けない!自宅で楽しむ世界旅(2)360度動画や音で旅する

Travel News
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大が続くのは、日本だけでなく、世界共通事項。

観光産業がどこも壊滅的な打撃を受けていますが、観光局系でも、自宅にいながら楽しめるデジタルコンテンツの提供・拡充がスタートしていたりします。

普段、あまり政府観光局のサイトって見たりしないのですが、やっぱりクオリティは高いので、こう言う機会に眺めてみるのも悪くはないなぁ…と思ったのですが、その中でも360度が楽しめるサイトなんかは、やっぱり面白いですね。

ドバイが360度で楽しめる!

まずはドバイ政府・観光省務局が提供しているドバイの街並みや観光施設などを360度のパノラマ写真で閲覧出来る「Dubai360」。

ドバイ博物館などのミュージアムとかはもちろん、プリンスタワーからの眺めなんて、こんな写真が見られたりします。

もうヤバいです。
つい一緒に飛びたくなっちゃいました…

日本人も多く訪れる「Buruj Khalifa」からの眺めもこんな感じ。

ぶっちゃけ、ドバイは2回だけ訪れているのですが、2回ともドバイモールまで来ているのに、ココには登ったコトがないのですが、こんな感じで空からのドバイが楽しめるのですね…と、改めて思ったり。

しかも360度、全方向で楽しめるのは、面白いです(マウスでの操作が慣れないけれど…)。

ちょうど1月にドバイに行っていたので、つい自分が歩いた場所を確認してみたりしましたが、「Google Map」のストリートビューで充分?と言う感じがするでしょうが、実はホテルによっては、スイートルームの部屋の中まで見れたりするのも面白いですよ、コレ。

日本人大好きのハワイも360度で楽しめる!

アメリカのハワイ州が提供を始めたのは、「おうちでハワイ」。

ブログ形式で紹介している感じなのですが、ここにも「バーチャルハワイ」と言うコンテンツがあり、YouTubeで配信している360度の映像が。

ハワイの海のダイビングから、ハレアカラでのサンライズ風景と言ったモノも見られます。

 

YouTubeに既に配信されているモノを特集したページと言う感じですが、動画内をグリグリやると、360度、グルグルと見れたりするので、案外、旅している感じはしますね。

ちょっと動画の粗さを感じてしまうシーンはありますが、それでも十分、楽しめます。

 

こもろ観光局は、音で楽しませる!

日本で見てみると、長野県小諸市の「こもろ観光局」が、なかなかツボにはまる様な内容の展開をしています。

音声を使ったメディアである“Voicy”にチャンネルを開設。

自宅でも小諸の魅力に触れて欲しいと、第1弾として「小諸の温泉の音を楽しむ」として、小諸の温泉をピックアップ。

小諸には8つの源泉、10の温泉があるみたいなのですが、それぞれの温泉の音を拾うと言う…

こもろの温泉の音を楽しむ|こもろ便り

こもろ観光局からのお知らせや体験・イベント情報などをお届けします。

いや、音だけなんですよ。

ただかけ流しの音が流れているだけ。
映像は特にないんですよ。

でも、面白い試みです(欲を言えば、もっと音声が長ければいいんだけれど)。

「こもろ観光局」は、小諸城址懐古園のバーチャルお花見ライブ配信なども行っていて(放送は終了しています)、日本の観光局の中では、結構、オンライン上の試みが早い感じですね。

予算がしっかりとない中での試みでしょうが、こうした動きは、やっぱり見習いたい所ですね。

旅は確かに実際にその場所に行って、その雰囲気、香り、風、音を肌で感じるコトが大切なんだとは思う。

だけれども、今はそのタイミングではない。
それでもやっぱり自宅でも楽しめる企画が増えるとイイですね。

コメント