【追記あり】阪急も阪神も、結局、ICOCA導入へ!

Sponsored Link

関西の交通系ICカードは、ICOCAへ!

関西の阪急・阪神・能勢・北急が、“ICOCA”の取り扱いを2019年春からスタートさせるコトを発表しました(下部に追記あり)。

既に同じ関西の私鉄の中でも、近鉄・京阪・南海・大阪市交(大阪メトロ)・京都市交・神戸市交・山陽などが導入しているので、阪急グループ系4社の導入で、関西の交通系ICカードは、基本的にICOCAがメインになるコトに。

このICOCAの取り扱いスタートに伴って、磁気型プリペイドカードである「阪急阪神能勢北急レールウェイカード」は、2019年春に販売を終了するコトも併せて発表になっています。

ってか、今から考えても、この「阪急阪神能勢北急レールウェイカード」、ネーミングのセンスが感じられない訳ですが、「スルッとKANSAI」の終了に伴って2017年4月から発売したカード。

こんな名前にするのであれば、元々の「ラガールカード」(阪急)や「らくやんカード」(阪神)の名前を使えば良いのに…と思ったのですが、発売開始から4月で1年。終了までを考えても2年と言う短命で消えるコトになります。

何故、PiTaPaは人気がないのか?

元々、関西の私鉄は、「PiTaPa」を導入していた訳ですが、どうもこのPiTaPaは利用率が伸び悩んでいました。

関西は、関東などよりも先んじて自動改札が普及していた訳ですし、磁気型カードも、それらの共通化も先鞭を付けていた訳ですが、ICカード型の乗車券については、PiTaPaが伸び悩んだコトから、2017年までスルッとKANSAIと言う共通磁気カードが生き残るコトに。

そもそも伸び悩んだのは、PiTaPaがあくまでも“クレジットカード”であると言う点にあったと言われています。

気軽に駅でICカード型の乗車券が買えず、与信が必要になると言うのが、どうも不人気だった感じ。

サービス自体は、オートチャージだし、各種割引サービスもあるし、理想的な交通系ICカード。

だけれども人気が出なかった。

つまりは鉄道会社が“便利だと思うモノ”と、消費者が“便利だと思うモノ”に差があったとも言えるのかも。

1度使えば、その利便性の高さが分かると言うモノでしょうが、やっぱりクレジットカードを作ると言うのは、心理的なハードルの高さもあるのでしょうかね。

即日発行をバンバンやっていれば、また違っていたのかも知れませんし、審査のハードルをもう少し下げていれば、また違った展開になったのかも知れませんが。

ユーザーの利便性を読み間違えると、良いサービスでも人気がなかなか出ないと言う典型的な例なのかも知れませんね。

ただこれからも、阪急系の4社でもICOCAは導入されますが、別にPiTaPaが廃止される訳じゃないので、これからも地道に普及は目指すのでしょうが。



ICOCA導入のスケジュール

具体的なスケジュールとしては…

2018年秋…
・JR西日本近畿エリアにおけるPiTaPaのポストペイ利用開始

2019年春…
・「レールウェイカード」の発売終了
・ICOCAの発売開始
・ICOCA定期券の発売開始

→2019年3月1日から販売決定

2019年秋…
・「レールウェイカード」の改札機での利用終了
・「ラガールカード」「らくやんカード」「パストラルカード」「レジオンカード」の改札機での利用終了
・「レールウェイカード」の払い戻し開始

となる模様です。

なので、手持ちの磁気型カードについては、まだしばらくは利用出来ます。
「ラガールカード」ですら、まだ払い戻し期間中ですしね。

交通系ICカードは1種類にならないのか…

それにしても…
SuicaにPASMOに、ICOCAに、TOICAにnimoca…

あぁ、日本には何タイプの交通系ICカードがあるんだろう。

そろそろ名称、統一しても良い様な気がしてきます。

ついでに片利用の地方交通系ICカードを含めて、共通化のボトルネックになっていた(と思われる)PiTaPaエリアがほぼICOCA導入になった訳ですし、全国レベルでもうちょっと考えるのも悪くないと。

世界的にも同じ様な現象が起きている中、まだほぼ共通で利用出来るだけマシとは言えますが、そこからさらに1歩前に進むチャンスなのでは…と思ったり。

色々と難関はあるでしょうし、各社の利害もありますが、それが一番、ユーザーに優しい訳ですし。

【追記】阪急ICOCAは3月1日発売!

阪急阪神HDグループの4社(阪急・阪神・能勢・北大阪急行)の“ICOCA”ならびに“ICOCA定期券”の発売は、2019年3月1日~と言うのが、発表になりました(以下、追記情報です)。

新規購入時にはいずれもデポジットとして500円が必要なりますが、詳細は以下の通り。

■阪急/能勢ICOCA

発売場所:阪急各駅の赤色券売機(天六と花隈駅を除く)・阪急電鉄の定期券発売所
券種:大人(券売機のみで発売)・子供(定期券発売所のみで発売)

■阪急/能勢ICOCA定期券

発売場所:阪急各駅の赤色券売機(天六と花隈駅を除く)・阪急電鉄の定期券発売所・能勢電鉄の定期券は川西能勢口駅のみで販売
券種:通勤/通学(大人/子供・1/3/6カ月)

■阪神ICOCA

発売場所:阪神各駅の青色券売機(神戸高速線は緑色で大阪難波・東鳴尾・洲先駅を除く)・阪神電鉄の定期券発売所
券種:大人・子供

■阪神ICOCA定期券

発売場所:阪神の定期券発売所・一部駅の自動定期券発売機
券種:通勤/通学(大人/子供・1/3/6カ月)

■北大阪急行ICOCA

発売場所:北大阪急行各駅の赤色券売機(江坂駅を除く)・北大阪急行の定期券発売所
券種:大人・子供

■北大阪急行ICOCA定期券

発売場所:北大阪急行各駅の赤色券売機(江坂駅を除く)・北大阪急行の定期券発売所
券種:通勤/通学(大人/子供・1/3/6カ月)

これに伴い、4社で利用が可能な“阪急阪神能勢北急レールウェイカード”は2019年2月28日に販売を終了。
2019年9月30日を以て、改札機での利用も終了となり、払い戻し期間は、2019年10月1日より5年間を予定しているとのコト。
阪神のハープカードも同様だそうです。

って、何故、阪急の子供用ICOCAは券売機で発売しないんでしょうね…

ちょっと謎。

PiTaPaがもはやテコ入れされないのかなぁ…なんて、ちょっと思ったりはしますけれどね。

考え方としては、画期的なシステムだとは思うし、もっと色々と拡張性があるモノだとは思うんで。

ただ、もうここまでICOCAが浸透すると、厳しそうですよね、多分。

追記:2019年1月27日

「交通系ICカード」関連はコチラもチェック!




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

4 件のコメント

  • 阪急のSTASIAカードでPITAPA作りましたが
    PITAPA本体にしても付属クレカにしても完全無料じゃなく
    支払いに使わなければ年会費1000円ぐらい取られるのが障害。

    メインカードはポイント率の高いのを使いますし
    決済に使うのめんどくさいので来年はICOCAに変えてPITAPAを返します。

    • 通りすがりさん>
      コメントありがとうございます!
      STASIAカードも、何かビミョーな感じですよね。
      折角、グループ企業がいっぱいあるのだから、せめてグループ内部ではもっとお得化出来れば、また違う展開になる様な気がするんですけれどもね。
      個人的には、改善が無ければ、もうICOCCAで充分なのかなぁ…とは思っちゃいますね。

  • 正直な所関西から転勤や引越しの可能性が少しでもあれば、ピタパの心理的なハードルは上がります。
    関西圏から出ると岡山とか静鉄とか一部を除いてほぼメリットの無い普通のチャージ式カードになるので。
    電子マネーもシステムの違いの為全国相互利用には入らず、関西では知名度があっても他エリアだとなじみが薄く、利便性もスイカなどより悪いカードになってしまう。

    あとは多数の私鉄が走るほど便利な地域だと鉄道は日常的に使うため、利用額割引の区間から飛び出したり、急な遠出や乗り越し精算などもすべて後払いだと1カ月ぐらい後に支払(引き落とし)額に驚いたり、合計利用額の管理不足になってしまうリスクがあるという事もあります。
    先払いのスイカ・イコカ方式の方が予定外の利用の怖さは少ないという事もあったと思います。
    他の交通ICにもオートチャージやクレカ機能付きは多々ありますが、無記名式の選択肢も用意されていることから、ピタパは対象者を絞り込みすぎたかもしれません。

    • >はまつさん
      コメントありがとうございます(旅行中でなかなか返事と承認出来なくてすいません)。
      PiTaPaは、ホント、対象者を絞りすぎたんでしょうね。
      理想形としては良いんでしょうけれど。
      とスルッと関西で折角、広域的なまとまりが出来たのに、結局、自社グループのみの優待で終わってしまったのも、
      個人的にはもったいなかったのでは?なんて思ったりも。
      やり方次第では、もっと魅力的な優待を付けれたり、機能を後付けできそうな感じだったのになぁ…なんて。

      まぁ、Suica・ICOCAで大体の都市がカバー出来ると言う方がメリットですけれどもね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。