【コロナウイルス関連】ユナイテッド航空も、ステータス延長の特別対応実施へ!

Miles・Point
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

日本路線が、成田~サンフランシスコ・グアム線の1日2便にまで減っている状況のユナイテッド航空。

本来ならば、これらの路線に加え、成田~ニューヨーク・デンバー・ホノルル・ロサンゼルス・ヒューストン、羽田~サンフランシスコ・シカゴ・ワシントンDC・ニューヨーク、関空~サンフランシスコ線を飛ばしている訳ですが、それでも1日2都市に1往復ずつ飛んでいると言うのは、まだ辛うじて需要があるのでしょうかね。それとも意地に近いのかしら…

そんなユナイテッド航空。

同じアメリカを代表する航空会社のデルタ航空が、マイレージに関しての特別対応を発表しましたが、ユナイテッド航空も発表になりました。

これによると、デルタ航空同様に、2020年度のステータスは、2022年1月31日まで、延長になるとのコトです~!

ステータス延長と獲得条件を緩和!

まず今回、ユナイテッド航空が発表した内容は、以下の通りで、実際にはステータスの延長以外にも特別対応を行うコトが発表になっています。

ユナイテッド航空・マイレージ関連特別対応

・2020年ステータスを2022年1月31日まで延長
・2021年度のステータス獲得条件は、50%の引き下げ
・プラスポイントの有効期限6カ月間延長
・スキップ・ウェイトリスト利用可能路線の拡大
・ユナイテッドクラブメンバーシップの6ヶ月間延長

ユナイテッド航空も、2020年のエリート会員資格が延長になります。

一足先に内容を発表していたデルタ航空も同様に、エリート会員資格が延長になっていますが、ユナイテッド航空も2022年1月31日まで延長になります。

ユナイテッド航空の上級会員のステータスは、現在の2020年度分は、2019年度分の実績によるモノが反映されています。

そして、来年度の2021年度は2020年度分が反映される訳ですが、今回の発表で、2019年度の獲得ステータスが2022年1月まで有効になると言うコトです。

ちょっと注意するとすれば、何故か1月31日までと言う中途半端なタイミングまでと言う点でしょうか。

2月ぐらいから一気にコロナウイルスが世界的に流行し始めたコトから、1月31日までと言う感じなのかな…?

 

上級会員獲得条件は50%オフ!

ユナイテッド航空のマイレージ特別対応で、特筆出来るのは、「2021年度のステータス獲得条件は、50%の引き下げ」部分。

JALやANAも次年度のステータスを獲得する為のポイントの特別倍率での付与などを行っていますが、ユナイテッド航空は、さらに太っ腹。

そもそも獲得条件が半分になるので、JALやANAの様にタイミングを気にしなくて済むので、一気に上級会員が近付くコトになります。

ユナイテッド航空の状況会員資格については、以下の通り。

ステータス通常時特別対応後
 必要ポイント数必要ポイント数
シルバー12PQF+4,000PQP5,000PQP6PQF+2,000PQP2,500PQP
ゴールド24PQF+8,000PQP10,000PQP12PQF+4,000PQP5,000PQP
プラチナ36PQF+12,000PQP15,000PQP18PQF+6,000PQP7,500PQP
1K54PQF+18,000PQP24,000PQP26PQF+9,000PQP12,000PQP

*PQF:プレミア資格取得に必要な区間数(最低4区間はユナイテッド航空に搭乗するコトが必要)
*PQP:プレミア資格取得に必要なポイント(1US$で1ポイント)

ユナイテッド航空の上級資格に必要な条件が、“どのぐらい搭乗して乗ったか”から、“どれぐらい使ったか”と言う形に移行してから、ユナイテッド航空で貯めようとすると、抜け道が無くなっていました。

スターアライアンスゴールドも獲得出来るゴールド資格にでも、最低で8,000US$が必要ですからね。

もう手が出ないです。

ルフトハンザドイツ航空・エアカナダ・ANA・コパ航空だとブッキングクラスに応じて獲得したマイル数を5で割った数字がPQPになりますが、今回の特別対応で、一気に上級会員資格が近付くと言う感じがします。

 

日系のさらなる特別対応があるか?

デルタ航空は、ロールオーバーと言う形を選びましたが、ユナイテッド航空は、資格条件の緩和と言う道に。

アメリカ系航空会社でも対応が分かれる結果になりましたが、かなりの大盤振る舞いの様にも思えます。

JALもANAも特別対応は早かったですが、コロナウイルスの感染拡大は、日本国内での収束も見えてこない中、こうしたアメリカ系の動きに対応していくのかは気になる所です。

ただ経営的には大きな打撃を受けている最中なので、どこまで望めるのかは未知数ですけれどもね。

ところで…ですが、日本だと何か新サービスや対応がある時は、大体、ANA→JALの順であるコトが多いですが、アメリカはデルタ→ユナイテッドの順番が多い気がするのは、気のせいでしょうか…

コメント