Suicaへ楽天ポイントからチャージが可能に!

Sponsored Link

Suicaへ楽天ポイントからチャージ!

JR東日本と楽天が、「楽天ペイ」(アプリ決済)で、「楽天ポイント」から「Suica」へのチャージに対応したコトを発表しました。

既に報道がされていたポイントでの「Suica」チャージですが、既に“ポイントを貯める”と言う部分については、2020年5月に「楽天カード」から「楽天ペイ」の「Suica」にチャージするコトで、「楽天ポイント」が付与されるサービスが実装されており、今回の“ポイントを使う”機能の実装で、「楽天ペイ」「楽天ポイント」「Suica」の提携は、かなり充実した形になります。

具体的には、おサイフケータイ対応のAndroidの楽天ペイアプリ内で発行・連携している「Suica」に「楽天ポイント」からチャージができると言うモノ。

さすがに期間限定ポイントや、提携サービス会社から交換したポイント(JCB・DC・Oricoカードなどの提携企業+楽天証券などの楽天グループからの交換ポイント)は、チャージ対象外ですが、1ポイント=1円でチャージが可能。

さらに1~20,000円まで対応しており、1円単位での利用が可能で、即座に反映されると言うのも、使い勝手が良さそうですね。

楽天ポイントで電車に乗れる!

「楽天ポイント」で鉄道に乗れる。

つまりそう言うコトなのですが、日々の生活で使いやすいポイント利用を、「Suica」との提携で抑えたと言うのは、スゴイなぁ…と。

他の共通ポイントは、ココは手付かずですからね。

さらに言えば、楽天って、楽天カード・銀行・証券を軸にした“楽天経済圏”と呼べるような金融サービスが、広く展開されている訳ですが、正直、「楽天ペイ」って、今一つ、盛り上がっていないようにも思える。

楽天経済圏を基にした利用者は多いのですが、キャンペーンが多い訳でもなく、そもそも楽天グループには「楽天Edy」もあるので、キャッシュレス決済としても領域が似ているサービスがあるのもその要因なのかも知れないけれど、今回の「Suica」での「楽天ポイント」利用は、「楽天ペイ」が必須なので、これで「楽天ペイ」も他のQRコード決済サービスにはナイ、大きな武器が1つ、完結するコトになります。

2人に1人が全額ポイントバックも!

今回のサービス開始を記念したキャンペーンも実施に。

期間中に「楽天ペイ」のキャンペーンページでエントリーの上、アプリ内で「楽天ポイント」から「Suica」にチャージすると、2人に1人がポイントチャージ分に対して全額が「楽天ポイント」として還元されると言うシロモノ(上限1,000ポイントまで)。

また期間中に初めて「楽天ペイ」アプリにログインし、支払い元の設定をすると、もれなく100ポイントが貰えると言うキャンペーンも同時に開催です。

期間|2020年12月9日~2021年1月31日
事前エントリー|必要
内容|
楽天ペイアプリからSuicaにポイントでチャージをすると、2人に1人が全額ポイント還元(上限1,000ポイント)

上限が1,000ポイントなのであまり多くないのが残念ですが、それでも2人に1人と言うコトで、単純に50%の確率で全額ポイントバックは魅力的だなぁ…と。

それにしても…
楽天とJR東日本。

最強タッグだな…

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください