ANA、羽田発着枠拡大に対する運航計画発表!

Sponsored Link

ANA、羽田発着国際線の全貌発表!

2020年3月29日から始まる夏季スケジュールから、羽田の国際線発着枠の配分を受けて、ANAの就航都市が発表になりました(JALについては前記事参照)。

具体的には、こんな感じです。

ANA、羽田発着新路線・増便

アメリカ線
・羽田~サンノゼ(成田から移管)
・羽田~シアトル(成田から移管)
・羽田~ヒューストン(成田から移管)
・羽田~ワシントン(成田から移管)
・羽田~ロサンゼルス(1往復分成田から移管)
・羽田~サンフランシスコ *1

ヨーロッパ線
・羽田~ミラノ(マルペンサ) *1
・羽田~イスタンブール *1
・羽田~ストックホルム *1
・羽田~モスクワ(ドモジェドヴォ) *1

オセアニア・アジア線
・羽田~シドニー *1
・羽田~インド(成田から移管)
・羽田~深圳 *1
・羽田~青島 *1

*1:就航準備が整い次第就航(2020年夏季スケジュール中に開設予定)

モスクワ・ストックホルム・イスタンブール・ミラノ…などと、新規での就航都市がJALよりも多いと言う感じがしますね。
北米路線は、基本的に成田からの移管もしくは既に就航済みの路線ばかりなので、目新しさがナイと言うのは、JALと同じ感じですね。

運航スケジュールも発表!

2020年3月29日から開設・増便する路線については、運航スケジュールも発表になり、以下の通りです。

NH120 羽田17:05→サンノゼ10:30
NH119 サンノゼ12:20→羽田15:20(翌日着)

NH118 羽田21:00→シアトル14:10
NH117 シアトル16:40→羽田19:00(翌日着)

NH114 羽田10:20→ヒューストン08:40
NH113 ヒューストン13:10→羽田17:00(翌日着)

NH102 羽田10:55→ワシントン10:35
NH101 ワシントン13:10→羽田16:15(翌日着)

NH126 羽田221:05→ロサンゼルス15:05
NH125 ロサンゼルス17:05→羽田21:15(翌日着)

NH837 羽田10:10→デリー16:25
NH838 デリー18:30→羽田05:55(翌日着)

今回、羽田線が就航する中では、ロサンゼルス線は成田発着も1日1往復が残る形で、サンフランシスコ線も成田線は継続運航予定。
また成田~青島線も、運航スケジュールを変更して運航が継続される見込みとのコト。



ベトナム線は再編で羽田発着はホーチミン線に!

また現在、成田~ホーチミン線が1日2往復・羽田~ハノイ線を1日1往復で運航しているベトナム線については、羽田・成田~ホーチミン線各1日1往復、成田~ハノイ線1日1往復に再編するコトも発表になりました。

ベトナム線の運航スケジュールは、以下の通り。

NH891 羽田18:00→ホーチミンシティ22:35
NH892 ホーチミンシティ00:25→羽田08:25

NH833 成田18:55→ホーチミンシティ23:30
NH834 ホーチミンシティ07:00→成田15:00

NH897 成田18:50→ハノイ22:20
NH898 ハノイ23:50→成田07:00(翌日着)

就航日未定が多くみられるけれど…

JALの方は、あまり目新しさは感じなかったのですが、ANAが今回、就航を発表した深圳・イスタンブール・ストックホルムは、日系航空会社としては、初就航となる都市なだけに、やっぱり新鮮味がありますね。

まさか日系航空会社がイスタンブールに飛ぶ様になるなんて…とも思いますし。

ただ…

就航日が未定な都市が多い中での発表になった感は否めないかな…と。

準備に時間が掛かっていると言うコトを、如実に表している感がありますね。

ってか、当たり前の様に夏季スケジュールがスタートする2020年3月29日に開設されるモノとばかり思っていたので、寧ろ、そうではない都市がこれだけ多くなっているコト自体、意外な感じも。

まぁ、ANAの場合は、新規就航都市もJALより多くなっているので、その分、時間が掛かっているのかも知れませんけれども、就航日が未定と言うコトは、航空券の売り出しも行えないと言うコトですから、早めに調整が付けばいいのですけれどね。

ギリギリになればなるほど、席は余るでしょうから。

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。