【追記アリ】ヴァージン・オーストラリア航空、羽田~ブリスベン線販売開始!

Sponsored Link

ヴァージン・オーストラリア航空、羽田線販売開始!

2020年3月からの羽田空港の発着枠を確保した「ヴァージン・オーストラリア航空」が、2020年3月29日から運航を開始する羽田~ブリスベン線の航空券の発売を開始しました(最下部に追記しましたが、就航が延期になりました!)。

少し変わっているのが、当面の間は、旅行代理店やOTA(Online Travel Agent)でのみの販売になり、「ヴァージン・オーストラリア航空」の公式WEBサイトからの日本路線の航空券購入は、2020年3月頃から販売を開始するとのコト。

使用機材は、ビジネスクラス20席・エコノミークラス255席の合計275席を配置したエアバスA330-200型機が導入される予定。

運航スケジュールは、以下の通り。

ヴァージンアトランティック航空:羽田~ブリスベン線運航スケジュール

VA76 羽田21:45→ブリスベン07:45(翌日着) 1日1往復
VA77 ブリスベン11:40→羽田20:00 1日1往復

「ヴァージン・オーストラリア航空」が運航する海外拠点としては、羽田が16拠点目になる訳ですが、オーストラリア国内は41の空港に就航しており、往路となるブリスベン到着も朝方なので、多くの国内線に乗り継げるスケジュールになっているのが、特徴的な路線(但し、帰路は、ブリスベンを正午前に出発すると言うスケジュールですが)。

今回就航する羽田線の為に開発された機内食が搭載され、機内エンターテイメントも日本語のコンテンツを用意するとのコト。
また日本語対応客室乗務員も搭乗する予定で、機内Wi-Fiの装備も完備(有料)。

就航を記念した航空券の発売も開始され、エコノミークラスが69,930円~、ビジネスクラスが266,430円~となっています。
こちらの搭乗期間は、2020年4月29日~6月18日までと、7月28日~9月10日まで。

ヴァージングループ?マイルは?

“ヴァージン”の名前が付いているコトからも分かりますが、元々はヴァージングループ。

2011年に「ヴァージン・オーストラリア航空」を設立し、オーストラリアでのサービスを開始した訳ですが、資本的には既にヴァージングループではなく、シンガポール航空(20.09%)・エティハド航空(20.94%)・海航集団(海南航空:19.82%)・南山集団(青島航空親会社:19.98%)などが出資をしており、ヴァージングループの出資比率は、それ以下の10.42%まで下がっていたりします。

ヴァージングループとしては、ヴァージンアトランティック航空が、日本路線を撤退してから、直接的な乗り入れがなかったので、久しぶりに“ヴァージン”の名前が日本に戻って来るコトになります(香港航空の日本線や、シンガポール航空の日本線で、コードシェア便で既に乗り入れてはいますけれども)。

因みに、マイレージプログラムは、“velocity”で、アライアンスには未加盟と言う状態。

ですが、提携先は多岐に渡っていて、航空会社だけで見ても、以下の通り。

ヴァージン・オーストラリア航空:マイル提携先

・タイガーエアーオーストラリア(LCC)
・デルタ航空(スカイチーム)
・シンガポール航空/シルクエア(スターアライアンス)
・ヴァージンアトランティック航空
・エティハド航空
・南アフリカ航空(スターアライアンス)
・ハワイアン航空
・海南航空/北京首都航空/香港航空
・天津航空
・アリタリア航空(スカイチーム)
・フライペリカン

国際線網がそこまで強くない割には、マイルの提携先は、そこそこのボリュームだったりしますし、スターアライアンス2社・スカイチーム2社とバランスの良さに加え、アライアンス未加盟の航空会社との提携も多いのが特徴だったりします。


ライバル・カンタス航空は、どこに就航?

さて、今回の羽田増枠でのオーストラリア線は、4枠。

日本側は、JALとANAが1枠ずつで、共にシドニーへの乗り入れになるコトが発表になっています。
そして、オーストラリア側は、カンタスとヴァージン・オーストラリア航空が1枠ずつ。

「ヴァージン・オーストラリア航空」は、ブリスベン就航ですが、1枠を確保しているカンタス航空は今の所、就航路線を明らかにしていない状態。

オーストラリア国際航空サービス委員会への申請した内容によると、成田からの移管になるメルボルン線か、既存のシドニー線の増便と言うコトになっていますが、果たして、どちらを選ぶのでしょうかね。

既に羽田~シドニー線は1日1往復が運航されている訳ですし、提携先のJALもシドニー線を成田から移管する訳なので、メルボルン線の方が、有り難い感じはしますけれどもね。

まぁ、どちらを選んでも、成田空港には、ブリスベン線が残るので、カンタス航空としては拠点撤退と言う話にはなりませんけれど。



ホテルの料金比較が楽に出来るトリバゴは、250社の予約サイトから料金を一括比較しちゃうから、簡単・お手軽!
それでいて、自分の希望に合ったホテルを探せる!

【追記】コロナウイルスの影響で、就航延期!

オーストラリア政府が国民に対して、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、海外への旅行を禁止するコトを求めたコトから、ヴァージン・オーストラリア航空は、2020年6月14日までの全ての国際線の運航を停止するコトを決定しました。

3月29日から羽田~ブリスベン線に就航予定でしたが、こちらも就航が延期されるコトになります(就航日は現時点では未定)。

(2020/03/18追記)

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください