【LCC】ベトジェット、成田就航!マリンドエアも日本線開設か?

Sponsored Link

ベトジェット、怒涛の日本路線開設で成田就航!

ベトナムのLCC、「ベトジェットエア」が、2019年1月11日から、成田~ハノイ線に就航するコトが明らかになりました。

ベトジェットは、現時点ではまだ日本未就航なのですが、2018年11月8日に関空~ハノイ、12月14日に関空~ホーチミン線への就航を予定しており、成田線が就航すると、3カ月連続で日本路線を就航させると言うコトになります。

スケジュール的には、以下の通りですが、関空発着の2路線についても記しておきます。

便名 出発地 出発時間 到着地 到着時間
VJ931 成田 09:30 ハノイ 14:00 毎日運航 2019年1月11日~
VJ932 ハノイ 00:55 成田 08:00
VJ939 関空 09:20 ハノイ 13:05 2018年11月8日~
VJ938 ハノイ 01:40 関空 07:50
VJ829 関空 09:30 ホーチミン 13:30 2018年12月14日~
VJ828 ホーチミン 01:40 関空 08:30

機材はどの路線もA321を使用。

3つの路線共、ベトナム発が深夜便になっていて、日本出発が朝9時台と言うのが特徴でしょうか。
なので、このスケジュールだと地方から成田や関空を経由して利用したいと言う場合には、前泊が必要になりそうなケースが多いかと思うので、ちょっと不向きな路線にはなっています。

それにしても、これだけ一気に日本路線を集中して開設すると言う航空会社も例を見ないのでは…と言う気がします。

ここまで来ると、成田~ホーチミンへの就航も間近なのかな…?と思ってしまいますし、その内、ベトナム中部のダナン線なんかも開設しそうだな…とも。

それにしても、この勢い。

日系の航空会社にはない勢いですね。

まぁ、元々、ベトナム国内線のシェアが高いなど、経営体力があるから出来る荒業なのでしょうが。



マリンドエアも、日本路線開設か?

ベトジェットが日本路線を相次いで就航させるのに加え、マレーシアのマリンドエアも日本線を就航させそうな雲行きです。

マレーシア航空委員会に申請していた日本路線に対し、航空交通権が付与されたコトが発表になっており、対象になるのは、クアラルンプール~台北(桃園)~新千歳線。

マリンドエアからの正式な発表はまだ出ていませんが、就航するとなると、2019年1月19日以降で、週3便程度での運航となる見通し。

マリンドエアと言えば、インドネシアのLCCであるライオンエアが設立したマレーシアの航空会社。

LCCなみの安さ。
だけれども、全席にパーソナルモニターが付いていて、預入れ荷物も合計で2個30キロまで無料。
さらにフライト中の機内食も無料。

そんな太っ腹エアで、もうフルサービスキャリアなのか、LCCなのか、線引きが難しい航空会社だったりします。

さらにビジネスクラスを装備していて、専用チェックインや、機内での無料Wi-Fiサービスなども行われていて、フルサービスキャリア顔負けのサービスを展開していたり。

親会社のライオンエアは、インドネシア国内線ではシェア首位だったり、

・タイライオンエア(タイ発着路線)
・バティックエア(フルサービスキャリア)
・ウィングスエア(近距離・地方間路線担当)

と、グループ会社も持っていて、順調に路線を拡大している最中。

ただグループ会社を含めても、日本路線に未就航なので、今一つ、知名度は上がっていませんけれども、エアアジアグループ・スクート系・ジェットスターグループに続くアジアのLCCグループであるのは、間違いがないでしょう。

そんなライオンエアグループのマリンドエアが、新千歳線で日本に就航する計画があるとのコト。

クアラルンプールからだとエアアジア・エックスが週3便で新千歳に就航していますが、マレーシア航空や日系航空会社は未就航なので、なかなか面白い路線にはなりそうですが、成田でも関空でもなく、中部ですらなく、新千歳を選んでくると言うのが、珍しい形になりそうですね。

「アジア×LCC」にまつわる話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。