【LCC】Peach、機内持ち込み荷物が7kgに変更に!

Sponsored Link

Peach、機内持ち込み荷物が10Kgから7kgに!

LCCのPeachが、2018年10月28日搭乗分から、機内持ち込み手荷物の重量見直しと、受託手荷物の料金体系の見直しを発表しました。

これによると、預け入れ荷物の、サイズや個数のルールは今までと同じですが、合計重量が10kgから7kgへと改定されます。

現行 改定後
サイズ 3辺の和が115cm以内かつ、各辺が50×40×25cm以内
個数 合計2個まで(身の回り品1個+手荷物1個)
重さ 2個の合計が10kgまで 2個の合計が7kgまで

今回の機内持ち込み荷物のルール改定は、手荷物収容による機内混雑を緩和して、スムーズな搭乗や降機による定時性の向上を図ると言うのが、目的とのコト。

個人的に、10kgから7kgに変えた所で、どれだけスムーズな搭乗が出来るんだろう…とは思ってしまいます。

いや、寧ろ、そんなに変わらんだろ、絶対に…みたいな。

そこまで秒単位を競っている訳でもナイでしょうし、単に理由なんか書かずに、“改定です”で良かったんじゃない?と思ったり。

受託手荷物料金も変更に!

預け入れの荷物については、国内・国際線共にルール改定になります。

まずは国内線の変更は、こんな形に。

国内線
現行 改定後
予約方法 インターネットから予約
対象路線 Zone 1 Zone 2 国内線全路線
関空~新潟・成田・松山・福岡・長崎・宮崎・鹿児島
仙台~新千歳
関空~新千歳・釧路・仙台・那覇・石垣
成田~福岡
福岡~那覇・新千歳
料金区分 シンプル バリュー プライム シンプル バリュー プライム シンプル バリュー プライム
1個目 1,200 無料 1,800 無料 1,600 無料
2個目 1,200 無料 1,800 無料 1,600 無料
3~5個目 1,200 1,800 1,600

続いて、国際線は、こんな形に。

国際線
現行 改定後
予約方法 インターネットから予約
対象路線 Zone 3 Zone A
関空~ソウル・釜山
那覇~台北・高雄
関空~ソウル・釜山
那覇~ソウル
羽田~ソウル
料金区分 シンプル バリュー プライム シンプル バリュー プライム
1個目 2,000 無料 1,900 無料
2個目 2,000 無料 1,900 無料
3~5個目 2,000 1,900
対象路線 Zone 4 Zone B
関空~台北・高雄・香港・上海
那覇~ソウル・バンコク
羽田~ソウル・台北・上海
仙台~台北
新千歳~台北
関空~台北・高雄・香港・上海
那覇~台北・高雄・バンコク
羽田~台北・上海
仙台~台北
新千歳~台北
料金区分 シンプル バリュー プライム シンプル バリュー プライム
1個目 2,800 無料 3,200 無料
2個目 2,800 無料 3,200 無料
3~5個目 2,800 3,200

国内線に関しては、路線によるゾーン制じゃなく、均一になったので、分かりやすくはなりました。

短距離便だと400円のプラス。それ以上の距離だと、200円のマイナス。
ちょうど真ん中の300円を取らない所が、LCCらしいですし、何ともせこい感じがしなくもないですが、薄利多売がモットーなだけに、致し方ないのか。

一方の国際線は、ゾーン区分が変更になり、国別に。

なので、本来は短距離の那覇~台北などは一気に1,200円も値上がりする可能性があります。
羽田・那覇~ソウルぐらいでしょうか、目立って大きく値段が下がるのは。

何だか地味に上げて来たなぁ…とは思う。

ただ片道3,000円台の預け入れ荷物料金って、正直、往復すると6,000円台になって来る訳で、個人的には、“ちょっとなぁ…”と思ってしまいます。

そもそもLCCと言えども、値段が安い時にしか乗らないですからね、余計に。

ってか、それならば海外系のLCCの方が安値なので、そちらを使うかな…とは思っちゃいますね。

やっぱり最後は荷物を減らすしかない!

まぁ、元々、長期間の旅でも大体、往路が7kgの荷物で収まるタイプ。

10kgになる時は、お土産か調味料か冬服が入る時ぐらいなので、個人的には大した変更じゃないのですが、この3kgは結構、大きいんですよね。

減らそうと思っても、バックパックを使う人ならばいざ知らず、キャリーケースの人だと、そもそもの重さもあるので。

そして、何よりも、Peachのこれまでの機内持ち込み荷物の重量制限10kgと言うのは、国内LCCの好条件だっただけに、ちょっと残念ではありますね。

ひとまず、キャリーケースを軽くて1段階小さいヤツにして、対処するのがベターなのかも知れませんね、こんな感じ。

「LCCあれこれ」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。