ソウルの宿:Hongdae Orange Guesthouse

Sponsored Link

宿情報を書くの、久しぶりすぎて、何を書いていたんだっけ?と思ってしまいましたけれど、それもそのはずで、前回の香港旅は、その前に香港を訪れた時と同じ宿だったので、特に記事を書かったので、去年のトマティーナ旅のバルセロナ以来になる宿情報。

まぁ、宿情報って、ブログで見ている人なんて、もうほとんどいないんでしょうけれどね。

基本は、安宿でも予約する様な時代になっているから、予約サイトのコメントとかで読んでいるでしょうし。

でも、懲りずに書きますよ、宿情報。

だって旅の基本は、見どころ・食・宿…ですから。

繁華街まですぐのソウルの安宿

空港に乗り入れている空港鉄道(A’REX)の駅もある弘大入口駅から歩いて行ける範囲にある安宿。

とは言っても、弘大入口駅で一番近いのは地下鉄2号線で、A’REXのホームからだと、そこそこ時間が掛かる(2号線からでも、5~10分と言う所)。

ドミトリーに1泊とツインに1泊。

まずどちらともにコンセントが各ベッド分あるので、充電はしやすいし、ドミのベッドはカーテン付きなのも嬉しい所。

ドミトリーは何部屋かあるが、どれも同じ感じ。

総じて、汚くはない。
ただ決して、キレイじゃない。

何だか誰かの家に泊まりに来ている様な、そんな宿。

なので、無造作に色々なモノが置かれていたりします。

もうちょっと片付ければ、マシな宿になる気がするのですが、そんな気配は一切感じられず。

でも、オーナーがフレンドリーなので、何か許せてしまう感じ。

そもそもなんだけれども、そのオーナー家族自体、そんなにがっつりと“管理をする”と言う意識はないのかな…と思えてくる安宿。

なので、夜遅くには共用スペースで話をしている人がいても、特に何もなく、スルーで、張り紙すらなかった気がします。

安い宿でも、そう言う部分を少しは求めたいと言う人には向かないかと。

因みに、↑の写真は、ドミトリー風景ですが、真ん中のベッドは簡易ベッド。
満室だったので、入れてました。

トイレとシャワーは一緒にあるタイプ。

なので、朝方とか、ちょっと足りないかな…とは思う。
ただトイレ・シャワールームは、無駄に広かったりするので、汚さは感じなくてイイです。

でも、決して、キレイだとは言い切れないけれど。

ペットがいます。

大型犬。
なので、犬アレルギーの人や犬が嫌いな人は避けた方が良いかと。

全然、吠えない犬でしたけれど。

朝食付きですが、食パン+ジャム+ジュースと言った軽食。

立地は、駅からもそうですが、夜遅くてもホンデエリアから帰って来れるぐらいの素晴らしさ。

コンビニも目と鼻の先ですし、近くの飲み屋も夜遅くまで開いている。
歩いて数分でスタバが2軒。

ソウルでこれだけの立地を考えると、コストパフォーマンスは悪くない様に思えてくる宿。

ただ建物自体、そこまで新しさはないですし、気に入るかどうかは、結構、分かれるんじゃないかな…と思う宿だったりはします。



Hongdae Orange Guesthouse

シャワー・トイレ共同ツイン:1泊2名で3,488円
ドミリー(男性用):1,127円(11,340W)
住所:148-12,Donggyo-ro,Mapo-gu,Seoul,Korea
Wi-Fi:アリ(強め)
朝食:あり
キッチン:あり
ホットシャワー:あり
喫煙スペース:屋外もしくは2階テラスに灰皿アリ
アクセス:地下鉄2号線弘大入口駅1番出口を上がり、そのまま大通りを南下。大きめの信号を超えて、次を右折(角に現代自動車あり)し、2本目の十字路角。行き過ぎるとまた大通りに出るので、分かりやすい。
公式の案内では駅から徒歩5分になってはいるモノの、絶対に5分じゃ到着しないと思う(笑)。
信号に引っ掛からなくて、1番出口から7~8分。
信号で引っ掛かると10分ぐらいか。
A’REXのホームは更に遠いので、そこそこ時間が掛かる。

「ソウルの旅のはなし」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。