【ラウンジ】プライオリティパスが使える香港のラウンジ<到着時編>

Sponsored Link

ツーリストSIM、買った。
ATMでお金引き出した。
タバコも吸った。

いざ、街中へ~と思いきや、まだまだ用事があります。

とりあえず、空港内で腹ごしらえ。

空港内での食事って、確かに美味しいお店もあるんだけれど、基本的に割高。
安いお店がほとんどない訳ですが、香港の空港には強い味方が。

以前にも記載しているのですが、“プライオリティパスが使えるアライバルラウンジがある”のです。

到着時でも利用が出来る香港のラウンジ!

プライオリティパスが使えるラウンジ情報については、

【ラウンジ】香港でプライオリティパスが使えるラウンジ
【ラウンジ】香港でプライオリティパスが使えるラウンジ<朝編>

を参照にして欲しいのですが(上の記事にはアライバルラウンジについても記載しています)、ブログ記事を書いた日付的にも、とりあえず、3年連続で香港の空港でラウンジ、行っているみたいです(笑)。

そもそもアライバルラウンジがある空港って、そんなに多くはないし(日本の場合は、カードラウンジならアライバルでも利用出来る場所が多いですが)、あったとしても超上級会員向けの航空会社ラウンジだったり。

単なるマイルの上級会員ではなく、ホントに“超”上級会員向けのサービスで、ほとんどの人は、利用対象外なんじゃないかなってなぐらい。

なのに、香港の空港には、プライオリティパスが使えるアライバルラウンジがあるのです!

いや、アライバルと言うか、単に制限区域外にあると言うだけなのかも知れないけれど。

香港のプライオリティパスが使えるアライバルラウンジ

場所的には、エアポートエクスプレスのホーム下と言う感じで、上の地図だと右側の赤丸の所です。

到着→駅方向へ向かう→ホームに登る隣に下る階段+エスカレーターがあるので、そちらで下に→向かって左側。
案内にも“ラウンジ”と出て来るので、場所的には分りやすい場所だと。

一応、2タミにある扱いになっているラウンジですが、ココが制限区域外にあって、到着時の搭乗券+プライオリティパスでも利用可能なのです。

前にも行ったコトがあったので、場所は分っているので、到着してSIM購入とATMで現金を引き出したら、直行。

香港のラウンジ。

何か好きなんですよね。

プライオリティパスが使えるラウンジは、何処も同じ経営なので、大差はない(多分、アライバルのこのラウンジだけは缶ビールが置いていない様な気がする(他の所も生ビールは有料)。

ちょうどお昼時と言うコトもあってか、ほぼ満席に近い状態。

でも、ターミナル1の中の一番手前にあるラウンジは、いつも混み合っているので、まだまだココは知られていない方なんだと思う。

安定の香港のラウンジの麺料理

麺を茹でて貰って(野菜入りと魚肉入りで選べる→もちろん、2つとも頼んでも可)、サクッとご飯。

久しぶりのラウンジ飯。

思えば、その前のラウンジ飯もココ、香港だったんだけれどもね。

でも、こうして腹ごしらえをしてから街中に向かえると言うのは、案外、便利だ。

香港は空港から市内中心部までのアクセスが、他の世界の都市と比べても、かなり便利な街。

空港アクセス鉄道も九龍と香港までを結んでいるし、そもそもバスもかなりの路線数がある。
大体の宿ならば、1時間もしないで到着出来る気がする(移動する時間帯にもよると思うけれど)。

でも、空港から宿に向かって、荷物を降ろして、街に出て、お店を探して…となると、やっぱりそれ相応の時間は取られる訳で、大なり小なりお腹にご飯を入れておけると言うのは、違うモノだと思う。

なかなか他では例を見ない、プライオリティパスが使えるアライバルラウンジ。

ホントに有り難いコトです。
空港と市内中心部のアクセスが不便な街ほど、導入されると良いのに…なんて、つい思っちゃったり。

…とココまで書いて来ましたが、“プライオリティパス”って何よ?と思われた方は、下の記事を参考にしてください~♪

簡単に言ってしまえば、世界の空港のラウンジに、航空会社の上級会員じゃなくても入れると言うステキなパスです。
これがあるだけで、空港の滞在の仕方がガラリと変わります~♪

楽天プレミアムカードさえ作ってしまえば、プライオリティパスが無料で貰えると言う、楽天でお買い物をする方や、LCCを使ってアジア諸国なんかに時々行くと言う方は、ぜひ~♪

「世界のプライオリティパスが使えるラウンジ情報」関連はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。