西武鉄道、リピートプラスを4月1日から更新!よりポイントが貯めやすく!

乗車区間に関係なく3回以上の乗車でOK!

「西武鉄道」が、乗車するとグループ共通ポイントプログラムの「SEIBU Smile POINT」が貯まるポイントサービスを、2024年4月1日からリニューアルするコトを発表しています。

ひとまず具体的な更新点や主な概要は、こんな感じ。

リピートプラス|2024年度版
  1. 乗車区間に関係なく、同一月内で西武鉄道線を乗車した回数でカウント
  2. 月3回以上の乗車でポイントを進呈(現在は、同一運賃区間で月5回以上でポイント)
  3. エントリー不要
  4. すべての時間帯、駅が対象に(現在は、一部の駅と時間帯は対象外)
  5. モバイルPASMOの利用で積算率がアップ

今までの乗車ポイント制度(リピートプラス)は、ちょっと貯めにくいと言う感じでしたが、これが一気に改善されるかたちに。

で、気になるポイントの進呈率は、こんな感じ。

乗車回数西武線アプリ
ログイン
基本積算率モバイル
PASMO利用分
合計
ポイント数
3回以上1%0.5%3.5%1.5〜5%
16回以上1%1.5%7.5%2.5〜10%

関東圏の私鉄各社は、モバイル利用を促していますが、「西武鉄道」は、モバイルPASMOを利用した際のポイント率が、かなり高くなるのが特徴と言えそうですね。

さらに3月12日からは「PASMOアプリ」から「SEIBU Smile POINT」をPASMOへとチャージが可能になります(チャージ可能単位は1ポイント〜1ポイント単位で可能・手数料不要)。

モバイル使わないと還元率は今ひとつ…

今ひとつ使い勝手が悪かった「西武鉄道」の乗車ポイント制度(リピートプラス)。

これまでの制度は、こんな感じでした。

西武鉄道、乗車回数に応じたリピートプラス開始へ!回数券は廃止に!

で、ビミョーだった点が、一気に改善される感じ。

同一月内で3回以上の利用があれば、乗車区間に関係なくポイント還元になるので、かなり間口が広くなりましたね。

同一月内3回以上なので、どこか1日、往復で利用し、もう1回乗ればOKですから、もう達成は容易にできる感じなのは、嬉しい限り。

ただ還元率は、モバイルPASMOを利用していないと、そこまで…と言う感じ。

ってか、リピートプラス導入と同時に廃止になった回数券と比べると、いくら乗車区間を問わないと言えども、還元率ではかなりの差が生じている感じ。

モバイルPASMO利用者と、カード型とで差を作るのは、別に悪くはないと思う。
PASMOの場合、Suicaと異なり、モバイルユーザーがやや多くない印象ですし、そちらに促したいのも分かる。

ただちょっと差がありすぎるかな…と。

月16回の利用の場合、モバイルPASMOを使わなければ、最大2.5%。
それなのにモバイルPASMOを使えば、最大で10%。

差がありすぎです…って、正直、思います。

Suicaと併用できればいいのに

モバイル使用に切り替えて欲しい。
モバイル使用が伸びていない。

そんな感じなのだろうけれど、それならばモバイルSuicaと簡単に併用できるようになれば良いのに…と言う感じ。

まぁ、毎回、思うけれど。

JRの改札にかざせばSuicaを、私鉄の改札にかざせばPASMOが自動的に選択されるようになれば、一気にモバイルPASMOも普及するんだろうけれどなぁ…

もちろん、技術的には可能なのかも知れないけれど、問題は、共有駅なんでしょうね。

ならせめてボタン1つで切り替えができれば良いんですけれどね。

1枚につき、1,000円を日本赤十字社を通して募金いたします。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください