新規参入予定のトキエア、就航日を8月10日に延期!

新潟~丘珠線開設が8月に!

新潟空港を拠点にして新規での就航を目指している「トキエア」。
当初の発表だと2023年6月30日から運航開始とアナウンスされていましたが、これを2023年8月10日に延期するコトを発表しました。

正式な運航開始日ならびに航空券の販売については、7月下旬を目途に発表する見通し。

路線としては、まずは新潟~札幌(丘珠)線の開設を予定している状態。
機材はATR製で1クラス72席を擁するATR72-600型機。

延期の理由としては、現在、

現在実施している路線訓練等において、一層の習熟に時間を要すると判断

したとのコト。

まぁ、航空会社はまずは安全第一と言うのが、必須な訳で、こればかりはしっかりと時間が掛かっても行なうに越したコトはナイですね。

既にAOC(航空運送事業許可)も取っているし、秒読みなのは間違いない状態ですしね。

週4日の変則スタイルで就航予定

トキエアによる新潟~札幌(丘珠)線は、1日2往復での運航予定。
但し、運航日は週4日と言う変則的なスタイルが計画されている状態。

まだ運航スケジュールは未発表ですが、路線訓練飛行で1日2往復を行っている日だと、

新潟09:30→丘珠11:10
丘珠11:40→新潟13:25
新潟13:55→丘珠15:35
丘珠15:50→新潟17:35

あたりの運航スケジュールが多いので、実際のフライトも同様な感じになるのかな?と言う印象。

もうちょっと新潟発・丘珠発の初便が早くても良いのになぁ…と言う気はしますが、まぁ、早くなったとしてもそこまで劇的に早くはならないでしょうし、地上職員の勤務時間を考えると、このぐらいがギリギリでしょうね、きっと。

トキエア、運送許可取得!6月30日初便運航を目指す!

この丘珠線の開設後は、新潟~仙台線の開設を計画しているトキエア。

さらに中部・神戸空港への就航も目指している状態。

社名が「トキエア」なだけに佐渡への路線開設も計画には挙がっているので、なんとか安定した経営にまで持って行けると面白いのになぁ…と言う航空会社。

ただ小型機での運航だと、そもそも経費率が高くなりがちでしょうし、どこまで利益が上がるんだろう?とは。
先行するFDA(フジ・ドリーム・エアラインズ)ぐらいまで機材数が伸びれば、なんとか…と言う感じなのでしょうが、そのFDAも鈴与グループの一員と言うのが大きいと思うのですが、トキエアは特に背後に大きな企業集団がある訳でもなく、借入負担も小さくはなさそうですが…

これ以上、開設が遅延すると、繁忙の8月を逃すコトにもなるでしょうから、なんとかスムーズに習熟訓練が進むコトを願うばかりですが…

新規参入が少ない日本

ただそもそも日本の航空業界で、JAL/ANA系以外の航空会社が誕生するのも久しぶりな話。
日本はなかなか新規参入の航空会社が出てこないのが実情なので、トキエアの参入は、明るい話題。

ってか、お隣の韓国なんて、次から次に新しい参入が出るのに、どうしてここまで出てこないんでしょうね。

韓国だって、大韓航空とアシアナ航空の2大エアラインががっちりと固めていると言うのは、同じなんですけれどもね。

寧ろ、韓国は国内線が済州線ぐらいしか利益が出せない状態になっているのに…

やはり基幹空港の発着枠って、大きいですね。

せめてもう1社、独立系のLCCが誕生すると良いのになぁ(もしくはスカイマークがもうちょっと強くなるか…)。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください