イベリア航空、マイル付与を金額制に移行へ!BAも続く予定!

Miles
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

距離制から金額でマイル加算へ!

1ユーロ=5Aviosに!

日本でもボチボチとユーザーがいると思われるイベリア航空のマイレージプログラムの「Iberia Plus」。

ワンワールドに加盟しているので、JALの搭乗でもマイルが加算できるし、利用もできるのですが、何よりもブリティッシュ・エアウェイズと持株会社方式で統合しているコトもあり、「Avios」制度を利用しているので、使い勝手は悪くないマイレージプログラムの1つ。

で、その「Iberia Plus」が11月から改定になるメールが届きました(但し、詳細の日付は未記載だったりしますが)。

具体的に、何がどう変わるのか…と言うと、今までのマイル(距離)制から金額によって得られるマイル数が変わる金額制へと移行すると言う大きな変更。

Avios Earn will now be based on euro spend, instead of miles.

金額によって得られるマイル数が変わると言うのは、既に米国の航空会社などでも採用されている訳で、別に目新しい話ではナイけれど、ひとまず、こんな感じでのマイル加算率になるとのコト。

ステータスClasicaPlataOroPlatinoInfinitaInfinita
Prime
加算率5Avios6Avios7Avios8Avios8Avios8Avios

ノーマル会員だと、1ユーロあたり5Aviosと言う加算レート。
今のレートだと、1ユーロ=145~146円。

税金・手数料などはマイル加算の対象外になるようです。

ブリティッシュ・エアウェイズも2023年には改変へ!

既に同じ「IAG」の傘下にあり、「Avios」を採用しているエアリンガスは、金額制に移行済みで、ノーマル会員だと1ユーロ=3Aviosの加算レートを採用中。
LCCのブエリングも金額制を採用していて、ノーマル会員だと1ユーロ=2Aviosの加算レートを採用している。

「IAG」で主だった航空会社でマイル制を残しているのは、今後、ブリティッシュ・エアウェイズのみになるが、こちらも金額制に移行するのは時間の問題で、今回の改変でも

We congratulate our colleague at Iberia for introducing this chang and we look forward to joing them in 2023. More announcements will follow about what this change will mean for our Excutive Club programme, which will unlock even more opportunities for our Members earn Avios when thy fly.

とコメントしているので、2023年にも改変がなされそうな感じ。

スポンサーリンク

カタール航空がカギになる?

マイル制から金額制への移行。

まぁ、本質的にはそれが正しい気はする。

安い航空券で加算率の高いクラスを選ぶと、お得感はあるけれども、不公平さは否めない訳だし。

その楽しみは限りなくなくなる訳だけれども、金額制に移行した航空会社も、提携航空会社の利用については、引き続き、マイル制を維持しているのが基本。

既に金額制を採用している「IAG」のエアリンガスも、ユナイテッド航空の利用についてはマイル制を採用していますからね。

この辺りの抜け道はまだ残りそうな感じ。

あとカタール航空が残ると言うのも、肝にはなりそうですね。

2022年3月から「Avios」を利用し始めたカタール航空。

「Avios」を採用しているマイレージプログラムの特徴は、イベリア航空もブリティッシュ・エアウェイズもカタール航空も、独立したマイレージプログラムを持っているけれども、貯めた「Avios」を相互に移行できると言うのが、最大のポイントになっています。

なので、カタール航空で貯めた「Avios」を、今回、改変が告知されたイベリア航空のマイレージプログラムへと移行するコトができたりする訳です。

と言うコトで、当面はこれまで通りマイル制を採用するカタール航空で、低廉+マイル加算の高い航空券で搭乗してしまえば、イベリア航空に移行が可能と言う道が残る訳です。

この辺り、「IAG」としては、あまり気にしないのかな?

日本在住者としては、お得な航空券が多めで欧州域内へも路線が多いカタール航空の方が、利用勝手は高いでしょうし、欧州以外にも中近東・アフリカ…と路線数が多いのもカタール航空ですしね。

カタール航空で「Avios」を貯めて、ブリティッシュ・エアウェイズに流して、JALの国内線に使う。

それが今のところ、一番、お得感のある「Avios」の使い方と言えそうです。

今でも南米最強マイル

イベリア航空の「Iberia Plus」。
かつてはバイマイルでお得な感じがありましたが、今は鳴りを潜めた感じがするので、やはり同じ「Avios」を採用しているブリティッシュ・エアウェイズの陰に潜んでいる感じは否めない。

ただスペインの航空会社らしく、ワンワールド加盟航空会社以外の独自提携先として、LATAMとアビアンカがあるんですよね。

イベリア・LATAM・アビアンカ。

もう南米最強です。

いやメキシコより南の中南米では、最強のマイレージプログラムなのでは?と言いたくなるレベル。

まぁ…
そうは言っても、日本から南米…となると、そう気軽に行けるエリアではないのかも知れないけれど、あまりイベリア航空の提携先がクローズアップされるコトもナイので、知っていてもイイんだろうなぁ…とは。

コメント