夏も開催!ポイント交換でdポイントが10%増量に!

Travel News
この記事は約4分で読めます。
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

8月になりましたね。
と言っても、暑くなっただけで、別にウキウキワクワクするコトが皆無なままなんですけれどもね。

なんとかせねば…

夏がこのまま終わる気がする…

オトクな10%増量キャンペーン!

NTT DoCoMoのポイントプログラムである「dポイント」。
時々、かなり破格なキャンペーンを行なうプログラムですが、2022年8月1日から「ポイント交換で10%増量キャンペーン」がスタートです。

ひとまず、概要から。

エントリー|必要
エントリー期間|2022年7月29日~8月21日
キャンペーン期間|2022年8月1~21日
内容|
キャンペーン期間中にエントリーを行ない、対象企業のポイントを「dポイント」へ交換すると、もれなく10%分のdポイントプレゼント
増量ポイント詳細|
・進呈時期…2022年9月末ごろ予定
・進呈ポイント種別…dポイント(期間・用途限定)
・有効期限…進呈日から約2ヶ月

エントリーして対象企業のポイントを「dポイント」へと移すだけと言う簡単なキャンペーンですが、0%増量に!

対象ポイントは、以下の通り。

・UCカード(永久不滅ポイント・UCポイント)
・SAISONカード(永久不滅ポイント)
・くらしTEPCO(くらしTEPCOポイント)
・.money(ドットマネー)
・ハピタス
・ふるなび
・PeX(PeXポイント)
・Staff Happy Point Program
・ワクワクポイントプログラム
・moppy
・リクルートポイント

ドットマネー・ハピタス・PeX・モッピー・リクルートポイント…と、大型のポイントプログラムが対象企業に入っているのは、嬉しい限りですね。

いかにこれらのポイントへと集約させて、どれだけ「dポイント」へと流せるか…と言う感じ。

注意点としては、モッピーから初めて交換利用する場合は、審査があるので、申請から交換完了まで1週間程度の時間が掛かるコトがあるのですが、増量ポイントは交換完了分のみが対象になると言うところですね。

また、リクルートポイントからの交換は、リクルートIDにdアカウントを連携するコトが条件になっています。

モッピーだけでなく、お盆期間を挟んでのキャンペーンなのですが、盆期間中は何かしらストップするコトが多いので、早めの交換がカギになりそうですね。

スポンサーリンク

増量率のダウンが気になるけれど…

元々、「dポイント」は、毎年、秋~冬にかけて、同様のキャンペーンを行なっていて、2021年は11月1日~2022年1月5日で開催されていました。

この時は、15%増量。

今回は、10%増量。

5%ダウンですね。

でも、秋~冬のキャンペーンも、ここ数年、毎年開催されていますが、年を重ねる毎に増量率は下がっていたりするのが実情。

2018年は25%増量だったんですよね。
それが2019年には20%になり、2020年からは15%になり…

で、今回の夏のキャンペーンは、10%増量にまで下がってしまいました。

まぁ…
それでも全然、嬉しいんですけれどもね。

だって他のポイントを集約させるだけですから。

ボクの場合は、JALマイルへの集約が目的なので、「dポイント」ならJALマイルへの交換も可能ですからね。

で、今回の夏のキャンペーン。
対象企業は秋~冬に比べるとガクンッと少なくなっている感じ。
ただこれは、モッピーなどが入っているから、そこまで影響はなさそう。

ただこのタイミングでキャンペーンがあると言うコトは、秋口も期待できるのかな?と言うのが正直なところ。

貰える増量キャンペーンは、期間・用途限定で、JALマイルへの交換が不可なので、できる限り、まとめて交換して、増量分を大きくしないと、逆に使い方を考えなければならなくなるので、ボク自身は、今回はスルーかな…と言う感じですが、

・dポイントに流せるポイントが結構、貯まっている
・期間限定ポイントの使い道が決まっている

と言う方は、ぜひ!と言うキャンペーンです。
そもそも秋~冬にかけて、同様のキャンペーンが今年も開催されるかなんて不明ですからね。

やっぱサイドテーブルは重宝!
created by Rinker

運用成績も良好なdポイント

それにしても…

増量率は下がったと言えども、ただ他のポイントを移行するだけ。
それだけで10%増量と言うのは、まだまだ破壊力ありますね。

「d払い」が、「dカード」以外のクレカからだとポイントが付かなくなってしまったので、ひとまず、「dポイント」からは離れているのですが、こうした破壊力のあるキャンペーンがあるから、捨てられないんですよね…

因みに、ボクの場合、「dポイント」は、ポイント投資に回しているのですが、なぜかダントツに運用成績が良かったりします。
ホント、おまかせ・アクティブコースで勝手に運用して貰っているだけなんですけれどもね。

さすがに今年に入って、やや陰りが出ていたのは事実で、3月前半なんかは全体的にマイナス運用に近かったけれども、後半に一気に5%の伸びとかがあって、盛り返してましたし。

現金を預けて、運用して欲しい…と思うレベルです。
逆に、運用成績が良すぎて、JALマイルへの移行を考えたくなるぐらいだったり…笑

コメント