東北新幹線、一部区間運転再開!全線は4月20日前後!

Train
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

東北新幹線、一部区間で運転再開!

JR東日本は、2022年3月16日に福島県沖を震源とする地震によって運転を見合わせていた東北新幹線の内、那須塩原~郡山・一ノ関~盛岡間の運転を、3月22日から再開するコトを発表しました。

また同日からは常磐線の富岡~原ノ町間での運転も再開されるコトに。

これで運転見合わせが続いている路線は、

【JR東日本】
・東北新幹線…郡山~一ノ関
・常磐線…原ノ町~富岡

【阿武隈急行】
・阿武隈急行線…全線

以上の路線・区間と言うコトになりますが、新幹線を中心に、運転本数が通常よりも大幅に少ない状態での運転になっている区間もあるのと、新幹線だと仙台まで到達できないので、まだまだ混乱が続きそうな形。

東北新幹線については、全線での運転再開に向けてのタイムスケジュールが発表になりました。

それによると…

・郡山~福島…4月2日ごろ予定
・仙台~一ノ関…4月4日ごろ予定
・福島~仙台…4月20日ごろ予定

と言う感じなので、1ヶ月はこの状態が続く見込み。

ただなんとかゴールデンウィークまでには全線での運転再開をしたい…と言うJR東日本の意思が見られる形ですね。

スポンサーリンク

東日本大震災に次ぐ被害規模が判明!

東北新幹線の不通区間では、約1,000ヶ所に及ぶ場所で損傷が見つかったとのコト。

2011年の東日本大震災の際は、東北新幹線での損傷は約1,200ヶ所だったので、それに次ぐ大きな被害と言うコトになりそう。

発表になった主な被害を見てみると、以下の通り。

・電柱被害…79ヶ所
・架線断線…2ヶ所
・架線などの損傷…約550ヶ所
・土木設備被害…約60ヶ所
・軌道変異/損傷…約300ヶ所
・駅設備被害…約10ヶ所

脱線した車両は、白石蔵王駅の南2kmの場所にあり、福島~仙台間に被害が集中しているとのコト。

また脱線した車両を撤去するだけで、約2週間は掛かるとの見通しなのと、まだまだ余震の可能性があるので、被害状況が拡大する恐れもあるかと。

旅も鉄も空想は楽しい|先を見過ぎた鉄道車両たち
created by Rinker

全線再開は4月20日前後!

橋脚部分などは目視で確認する以外に、被害を把握できないでしょうから、被害の全貌が分かるまで時間も掛かった感じがしますが、ようやく行程が見えて来たのかな…と言う印象。

で、東北新幹線の全線での運転再開は、上述しましたが4月20日前後の予定。

まだまだ余震もある中での作業にはなるでしょうから、2次被害が生まれないコトを願うばかり。

ってか、これだけの被害なのに、早期で運転再開見込みが発表になったのは、斎藤国土交通大臣は、19日に現地視察を実施しているが、その際、

被害状況の把握を急ぎ、早急に復旧の見込みを公表するよう要請した

と言うのが大きいのでしょう。

早々に大臣自らが現地を視察しているのは、プラスな話だけれども、これだけの被害が出ている中で、かなり酷なコトを言ったなぁ…と。

地震と言う天災であり、別にJRの落ち度ではナイ訳ですがね(まぁ、大臣としてはそう言うしかなかったと言う話なのでしょうが)。

急いで欲しい気はもちろんある。
全線で運転再開されないと、やはり不便をする人も多いでしょうしね。

さらに目途が見えなければ、行動に対しての動き方も変わって来るでしょうし。

ただ…
あくまでも安全第一。
期限がある話じゃない訳で、また万全の体制で運転が再開されるコトを願うばかり。

 

コメント