ブリティッシュエアウェイズ、50%増のバイマイルキャンペーン開催中!

Miles・Point
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

BA、50%増のバイマイルキャンペーン、開催中!

イギリス航空業界最大手の「ブリティッシュ・エアウェイズ」のマイレージプログラムである「Executive Club」で、マイルを購入すると、50%のボーナスマイルを付与するバイマイルキャンペーンがスタートしています。

ひとまず詳細は、こんな感じ。

期間|2022年3月24日23:59まで(日本時間3月25日04:59まで)
内容|2,000マイル以上のバイマイルで50%のボーナスマイル付与

「ブリティッシュ・エアウェイズ」のバイマイルは、1,000マイルで53USドルからですが、バイマイルの対象になるのは、2,000マイルなので、80USドルからが対象と言うコトになりますが、ひとまず、主だったバイマイル金額は、こんな感じ。

購入マイル数ボーナスマイル数合計マイル数金額
1,000×1,00053US$
2,0001,0003,00080US$
5,0002,5007,500163US$
10,0005,00015,000300US$
20,00010,00030,000575US$
30,00015,00045,000850US$
50,00025,00075,0001,400US$

さすがに50,000マイルを買おうとするとなかなかな金額にはなっちゃいますね。
もちろん、ボーナスマイルはそれだけ魅力はあるけれども。

公式サイト|Buy,gift or share Avios

マイルの単価は大体、2.3~2.5円前後と言う感じですかね。

飛び付きたくなるぐらいの単価でもないけれど、別にそこまで悪くもない…と言う感じです。

スポンサーリンク

お得度は低下しているブリティッシュ

「ブリティッシュ・エアウェイズ」のマイル。

同じワンワールド加盟航空会社であるJAL便の特典航空券へと交換ができる訳ですが、改変が時々行われていて、2021年に改変された時に、お得度がガクンと下がった感じ。

それまで6,000マイルで予約できていた区間が、7,500マイルに。9,000マイル区間は10,000マイルに必要マイル数が増え、基本的には、JALから特典航空券を予約した方がお得になるコトに。

ただ…

JALは国際線で導入済みの“特典航空券PLUS”を2022年5月17日から、国内線でも発売予定。

こちらはファーストクラスの特典航空券が新設されたりするプラス面もありますが、必要マイル数の変更ならびに予約の変更が不可になると言う代物。

これが「ブリティッシュ・エアウェイズ」の方にもどう影響が出るのかは分からない状態。

今回のバイマイルキャンペーンは、それを加味して参加の有無を考えるべきかと。

至極の米原作品|ロシアは今日も荒れ模様
created by Rinker

バイマイルがお得かどうか

で、参加するべきなの?と言う話ですが…

個人的には、少額のバイマイルならば参加しても…と言う感じですかね。
今後も改変の可能性は否めないので、あまり大きなマイル数を買うと言う気にはなりませんが。
為替レート的にも、お得感がある状態でもありませんしね。

ただ「ブリティッシュ・エアウェイズ」のマイルは、増減が無ければ有効期限があるので、少額でもバイマイルをしておくと言うのは、その対策もできるのでアリなのかな…と(マリオットなどから移行できる人は、スルー)。

あとはカタール航空のマイルへの相互利用が可能になる可能性もありますし(ただカタール航空への相互利用が可能になった所で、大きくお得になるコトはあまりないでしょうが)。

まぁ、様子見でちょっと買っておくって程度でしょうか、参加するとしても。

コメント