Yahoo!JAPAN、ヨーロッパで見れなくなる?

International affairs
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ヨーロッパでヤフージャパンが見れなくなる?

ヤフーが、2022年4月6日11:00(日本時間)からヨーロッパの大半の地域で、日本語検索サイトの「ヤフージャパン」が利用できなくなると言うコトを明らかにしました。

対象となるのは、EU加盟国・イギリス・アイスランド・ノルウェーと言った国々。

利用できなくなるのは、あくまでも「ヤフージャパン」。
なので、各国版のヤフーについては、引き続き、利用が可能だったりします。

ヨーロッパでヤフージャパンが使えなくなる…

その理由としては、

欧州経済領域(EEA)およびイギリスでサービス利用いただける環境を継続的に提供するコトが困難

としている。

ただ一部のサービスは、今後も継続して利用が可能とのコト。

ひとまず、詳細から。

日時|2022年4月6日11:00~(日本時間)
対象エリア|EEA加盟国家31ヶ国
・スロベニア/フランス/ドイツ/ベルギー/オランダ/ルクセンブルク/イタリア/ギリシャ/スペイン/ポルトガル/スロバキア/エストニア/ラトビア/リトアニア/イギリス/チェコ/ハンガリー/ポーランド/ブルガリア/ルーマニア/クロアチア/アイルランド/オーストリア/フィンランド/マルタ/キプロス/スウェーデン/ノルウェー/アイスランド/リヒテンシュタイン
利用継続が可能なサービス|Yahoo!メール・Yahoo!カード・ebookjapan

Yahoo!プレミアムと言った月額利用料金が自動更新されるサービスを利用している方で、該当エリア在住の方は要注意ですし、そもそも旅行でヨーロッパに行った時も、ヤフージャパンは利用できないと言うコトになるので、要注意です。

またYahoo!メールも、継続して利用はできるけれども、メアドの新規取得や、アドレスの変更と言ったコトはできなくなるとのコト。

スポンサーリンク

利用不可になる、その理由は?

ヨーロッパでEEAに入っていないのは、アルバニア・モンテネグロ・セルビア・マケドニア・ボスニアヘルツェゴビナ・サンマリノ・アンドラ・モナコ・トルコ・スイス・バチカンと言った場所なので、主だった場所はほぼ利用不可と言うコトになりますね。
EEAには入っていないけれども、そもそも国土の面積的にバチカンやモナコ・サンマリノとかだと利用不可に近い状態になるのかも…ですしね。

実態としては、スイスとトルコぐらいでしょうか、訪れる日本人も多い国の中で、継続して利用できるのは。

利用ができなくなる理由は、はっきりと何が…とは言っていないですが、GDPR(EU一般データ保護規則)のコトが念頭にあるのでしょう。

ヤフージャパンの利用者として、影響が出るのは、全体の1%程度。

結局のところ、そこに多くの費用を費やしてまで、その1%に対応したくないと言うコトなのか。

会社の経営としては正しい判断と言えるのかも知れないけれど、ビッグデータを取り扱う企業として、それで良いのか?とは思ってしまうけれど。

Lonely Planet s Best in Travel 2022
created by Rinker

ネットに国境を意識するなんて…

それにしても…

インターネットが広まってから、国境と言うのを意識して利用するコトは、ほぼなくなってきた。

ホントにネットが広まり始めた初期の頃は、旅に出ても、現地のネットカフェでも日本語が読めなかったり、読めても日本語が書けなかったり…と苦労しましたけれどね(しかも、回線速度も遅かったですし)。

それがまたしてもネット環境に、国境が出来るとは…

異国の地で、日本語で情報を得る。

それがどれだけ助かるコトか。

もちろん、対応策はある。
そもそも日本語での情報源も、ヤフージャパンだけが全てではないんだけれど…ね。

それでも、やっぱりネット社会で国境を意識する時代が、再び舞い戻って来るとは思わなかったなぁ…(中国以外で)。

コメント