Vポイント→ソラシド→AIR DOポイントが交換不可に!

Miles・Point
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

夏本番!
そしてオリンピック!
やっぱつい、見行ってしまう訳ですが、自国開催なので時差がない分、寧ろ、あまり見れなくなっている気がします。
時差があると、帰宅してから見れたりしていたんですがね…

ソラシド・AIR DO統合記念のキャンペーン

北海道を拠点にする「AIR DO」と南九州・沖縄を拠点にする「ソラシドエア」。

共にANAの資本も入る航空会社ですが、2022年10月を目途に持株会社方式での経営統合を既に発表している訳ですが、2021年7月1日から統合に前倒しする感じで、マイル(ポイント)の相互交換をスタートしました。

この交換レートは、以下の通り。

ソラシドスマイルクラブ AIR DOポイント
600マイル400ポイント
1,500マイル1,000ポイント
2,400マイル1,600ポイント
450マイル300ポイント
750マイル500ポイント
1,050マイル700ポイント

これが非常に熱い内容と言う感じになっていて、話題を呼んでいました。

と言うのも、AIR DOポイントはローシーズンならば1,400ポイントで羽田~新千歳・函館/新千歳~名古屋・神戸間の特典航空券と交換が可能と言う点。

通常だと、約14万円を消費しないと、片道の航空券にもなりません。

が、「ソラシドエア」が発行して来るクレジットカードの「ソラシドエアカード」を持っていると、「Vポイント」からポイントを流し込めたりします。

この「Vポイント」は、さらに各種ポイントサイトから「G- Point」や「PeX」を経由させるコトで、多くのポイントを集約できるので、ポイントサイトで貯めた1,200円相当のポイントを1,600ポイント分のAIR DOポイントに交換が可能になると言う事態に。

1,200円相当のポイントで、北海道まで飛べると言うコトで、破格すぎる大盤振る舞い状態でしたが、さすがに変更が入りました。

スポンサーリンク

VポイントからはAIR DOポイントへ交換不可!

キャンペーンの条件として、以下の条件が加わると言う感じ。

Vポイントから交換されたマイルは、AIR DOポイントへの交換は対象外になります。

https://www.solaseedair.jp/info/2021/07/61-1.html

まぁ…

そりゃ、そうだよね。

ただ適用対象日が2021年8月9日からで、8月8日までに申し込みを済ませれば、「Vポイント」からの流入もOKと言うコトに。

即日NGじゃなく、こうして猶予期間があると言うのは、優しいですね。

「Gポイント」→「Vポイント」はリアルタイム交換。
「Vポイント」→ソラシドエアマイルは、2日後の反映。

つまり、まだ全然、間に合いますし、1,200円分のポイントならば、今、手持ちのポイントが皆無でも捻り出せる感じがしますね。

ただ、現時点でソラシドエアカードを持っていないと、発行までに時間も掛かるでしょうから、ややタイトな感じはしますが。

なお、変更になったのは、あくまでも「Vポイント」からの流入分に関してで、ソラシドエアカードを利用して貯めたモノや搭乗で貯めたマイルについては、引き続き、交換対象です。

まだまだお得感が高いソラシドマイル

「AIR DO」も「ソラシドエア」も、今まで、こうしたポイ活などに無縁だったから、恐らく、こうした動きや抜け道(と言っても、別に悪いコトをしている訳じゃないけれど)まで、全然、考えが及ばなかったのでしょうね…と言う気がしますね。

蓋を開けてみれば、一気に特典航空券への交換が集中してびっくり…みたいな感じだったのでは?と。

こうした抜け道は、スグに塞がれる傾向にあるので、まぁ、仕方がないかな…とも。

それがなくても、現状の「ソラシドスマイルクラブ」の特典航空券は、羽田~宮崎・熊本・鹿児島・長崎・大分間や那覇~神戸・福岡線などでローシーズンだと片道5,000マイル(往復9,500マイル)、羽田・中部~那覇のローシーズンだと片道6,000マイル(往復11,000マイル)と、JALやANAと比べると大変お得になっているのは、変わらずなので、今後、どう化けて行くかは楽しみですけれどもね。

コメント