スターフライヤーの3月国際線利用率が衝撃の8%!

Sponsored Link

基本的には「旅行記ブログ」なハズなんですが、最近、新型コロナウイルス関連で「旅行情報ブログ」と化しているこのブログですが、普段、あまり取り上げないのが、通常時の利用実績。

これを取り上げだすと、キリがなくなると言うのが、その理由の1つなのですが、今回発表になった「スターフライヤー」の2020年3月の利用実績が、あまりのも衝撃だったので、今回は珍しく記事にしてみます。

国内線は40%台!

まず国内線。

スターフライヤーは全路線の個別の内訳も出しているのですが、6路線の合計で座席利用率は43.8%。

そもそもこれ自体、前年度から比べると40.5ポイントのダウンと言うシロモノ。

何とか4割台をキープしたと言う感じで、この数字は3月のモノなので、非常事態宣言が出た以降は、さらに悪化しているのが、容易に想像出来ます(但し、運休も増えていますが)。

具体的な路線別の座席利用率の実績は、以下の通り。

路線 座席利用率
実績(%) 前年比(ポイント)
羽田~北九州 40.5 -41.2
羽田~福岡 44.2 -45.2
羽田~関西 34.1 -50.3
羽田~山口宇部 47.9 -35.0
名古屋(中部)~福岡 60.1 -18.2
北九州~那覇 54.9 -24.0
全路線合計 43,8 -40.5

関空線は3月でも3割台になっていますね。

4路線ある羽田線ですら、軒並み数字が悪いのが特徴で、主力の北九州・福岡線は共に40%前半。前年度比でもかなり落ちてしまっている状態。

ここにANAの座席販売分が入るので、実態はもう少しマシにはなっているのですが、それにしても悪い。

確かにスターフライヤーは減便モードに入るのが、やや遅かった感じはありますが、それでも、この利用率の悪さと言うのは、改めて衝撃的。

しかも、これが国際線ではなくて、需要の底が固い国内線ですし。

まぁ…
それだけ不要不急の外出が自粛されたと喜ぶべきところなのだと、思うしかないデスね。

国際線は、悲惨な数字

が、国際線を見ると、国内線の実績がまだマシに見えてくるレベル。

1月にスターフライヤーの名古屋(中部)→台北線を利用したばかり。

【搭乗記】期待通りのスターフライヤー国際線・中部→台北

今回、セントレア出発になったのは、日本脱出のフライトに、「スターフライヤー」を選んだからと言う理由以外に他はありません。 いや、前々から乗ってみたかったんですよね。つまりは、”単に乗りたかっただけ、スターフライヤー”に。 ただ国内線だと羽田~関空・九州+九州~那覇ぐらい。国際線は、台北~中部・北九州の2路線のみ。 …

とても快適だったし、そこまで長い時間のフライトではないけれども、心温まると言う感じのフライトだっただけに、今後の国際線展開を期待したい所だったのですが、今回、発表された数字を見ると、しばらくは国際線の拡大は期待出来ないのでは?と言うレベルです。

スターフライヤーの国際線は、名古屋(中部)・北九州~台北線の2路線。

既に3月11日から運休に入っていて、そこまで稼働していた訳ではナイですが、2路線合計で座席利用率が、衝撃の8.2%。

路線 座席利用率
実績(%) 前年比(ポイント)
北九州~台北 3.5 -73.7
名古屋(中部)~台北 11.6 -62.3
全路線合計 8.2 -67.1
たびかず
北九州~台北線の座席利用率が、衝撃の3.5%!
たびがえる
2路線の合計でも8.2%!

あまりにも衝撃過ぎて、1月とか2月とかの利用実績をつい見てしまったぐらい(因みに、2020年1月は2路線合計で78.0%、2月は57.3%)。

スターフライヤーの使用機材は、A320。

かなりゆとりのある設計になっていて、座席数は150席。

3.5%だとすると、1フライトに10人も乗っていないと言うコトになります。

あくまでも期間中の平均なので、下手をすると、乗客が1人しかいなかったフライトだって有り得そうなレベルです。

まぁ…
それだけ悪ければ、さすがに減便にも運休にもなりますよね。

航空会社としては、飛ばさないで固定費が掛かるよりも、飛ばして少しでも日銭を稼いだ方が良い。

ただこのレベルまで来ると、飛ばせば飛ばすだけ赤字が広がると言うコトになる。

これで経営が傾かない訳がないと言う水準。

そりゃ、1ヶ月ぐらいならば何とかなるのでしょうが、今回の新型コロナウイルスの影響は、短期間で終わるモノではナイ。

不要不急の外出自粛が解けたとしても、そこから旅行需要が高まるまでは、さらに時間も掛かる訳ですから。

もう耐えて…
そうとしか言えない自分がもどかしくて…

でも、耐えて…
また乗れる日が来ます様に…

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください