【ちょっと詳細】仁川国際空港、第2ターミナル開業

Sponsored Link

1月18日に、いよいよ第2ターミナルオープン!

以前の記事で韓国ソウルの仁川国際空港が2018年1月18日に第2ターミナルを開業させるコトを紹介していましたが、大韓航空が詳細を発表しました。

まず今回新設される、第2ターミナルに移転するのは、スカイチーム加盟航空会社の大韓航空・デルタ航空・エールフランス・KLMオランダ航空の4社のみ。
その他の航空会社は引き続き、既存のターミナル(第1ターミナルへと改称)を利用します。

第2ターミナルのコンセプトは「グリーンエアポート」・「エコエアポート」・「スマートエアポート」。

緑がふんだんに使われ、広い天井が特徴的になっているとのコトですが、「スマートエアポート」と言うコンセプトに併せ、大韓航空はセルフチェックイン機を、第1ターミナルの1.8倍設置。さらにセルフバッグドロップも8倍が設置され、スムーズな搭乗手続きの実現を具現化。

また、出発ゲート付近に接近すると、「搭乗券」・「ラウンジの場所」・「搭乗時刻」などの情報がスマホに自動的に表示出来る「ロケーションベースサービス」も導入されます。

また「ファーストクラスチェックインラウンジ」が設置され、搭乗手続き・手荷物預け入れ・飲料サービス・出国審査案内などのコンシュルジュサービスの提供もスタート。

出国のラウンジとしては、

・ファーストクラスラウンジ:30席
・プレステージクラスラウンジ:西側400席・東側200席
・マイラークラブラウンジ:130席(スカイパス会員のミリオンマイラークラブとモーニングカームプレミアムクラブ会員専用)

の3種類4ヶ所のラウンジを新設(プライオリティパスが使えるラウンジについては、現時点ではアナウンスなし→4階231ゲート近くの“Lounge L”と268ゲート近くの“SPC LOUNGE”が利用出来る旨が発表になっています(2018/02/01時点)。どちらも7:00-21:00で利用が可能なラウンジになっています)。

仁川で乗り継ぎと言えば、既存のターミナルには、無料で利用出来るシャワーがあるのですが、第2ターミナルの方には、ジムなどが設けられる模様です(ジムがあるぐらいだから、シャワーもあるのかな…??)。

最低乗り継ぎ時間も変更!注意です!

また第2ターミナル新設に伴い、大韓航空の仁川における最低乗り継ぎ時間(MCT)も変更されます。

新たな最低乗り継ぎ時間は、

・大韓航空運航便→大韓航空・デルタ航空運航便:45分
・大韓航空運航便→エールフランス・KLMオランダ航空運航便:70分
・大韓航空運航便→第1ターミナル発着便:90分
・大韓航空国際線→金浦空港国内線170分
・金浦空港国内線→大韓航空運航国際線150分

となり、これから航空券の手配を行う方は、最低必要となる乗り継ぎ時間には注意が必要です。

また仁川~大邱間の便は、国際線乗継専用便として運航を開始(KE1212~1215の1日2往復)。
それに加え、2018年2月1日~27日の間は、仁川~襄陽国際空港間でも国際線乗継専用便を運航し、平昌冬季オリンピックへの利便性向上を図るとのコト。

第2ターミナルの施設は…

施設的には、仁川国際空のオフィシャルHPが第2ターミナルのガイドをPDF形式で発表しています。

施設の場所などは確認が出来るのですが、サービス関連で詳しいコトがそこまで掲載されていないのですが、それを読む限り、以下の様な感じになっている模様。

・ターミナル間連絡バス:5分後に運転(所要15~18分:乗り場は3階の中央)
・ソウル市内への鉄道:既存の空港アクセスが第2ターミナルまで延伸。鉄道は交通センター地下1階に駅が新設。第1ターミナルよりも駅~空港までの導線が短く!*降りる駅に注意
・合計60室のカプセルホテルが新設。シングルは6へえ屋のみだが23,100ウォンから。シャワーのみだと8,000ウォンで利用可能。
・ソウル市内への深夜バスは、1時20分発から4時40分発まで運行(9,000ウォン)

最後に、個人的に気になる喫煙所情報ですが、新設される第2ターミナルにも、しっかり喫煙所がアナウンスされていました~♪

出国後の3階には、234・247・265ゲートの近くの合計3ヶ所に設置される模様です。

やっぱりまだまだ喫煙者に優しいアジアの空港。

喫煙者としては、ちょっとホッとします~。

これから学生も卒業旅行シーズン。

韓国に行かれる方もいるでしょうし、韓国で乗り換えて何処かへ~と言う方も多いかとは思いますが、まずは自分の搭乗予定の航空会社をチェックし、利用ターミナルをしっかりと確認して、乗り間違えなどがナイ様にしましょうね~♪





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。