JAL、PCそのまま保安検査へ!SMART SECURITYを羽田に導入!

Airlines
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

PCそのままでOK!JAL SMART SECURITY導入!

JALが20222年4月より羽田空港の保安場に、X線CT検査とスマートレーンを組み合わせた新しい保安検査レーンの「JAL SMART SECURITY」を順次導入するコトを発表しました。

既に国内線だと、ANAが羽田空港で導入しているスタイルではありますが、JALは「JAL SMART AIRPORT」として、チェックインカウンターから搭乗ゲートまでのシステムを一新する動きを進めており、今回の「JAL SMART SECURITY」もその一環で、導入が完了すると、保安検査のさらなる強化・検査待ち時間の短縮が見込めるとのコト。

具体的な内容は、以下の通り。

設置場所|羽田空港国内線B/C/E/F保安検査場

設置時期|
・1月下旬から工事開始
・4月以降に順次導入
・8月ごろまでに全機設置完了

スペック|
・X線CT検査装置の導入
・スマートレーン
・UV殺菌システム

特筆されるのは、X線CT検査装置。

高度化された保安検査装置で、手荷物の3次元画像を用いたX線検査を行えるので、今まで取り出しが必要であったパソコンや液体物の取り出しが不要になると言う代物(但し、検査結果によっては取り出しの必要があるほか、羽田空港でも既存の検査機を用いた保安検査レーンを利用する場合は、取り出しが必要になる)。

スマートレーンとして、1レーンに付き3ヶ所の準備台があり、準備ができた人から順に保安検査に進むコトができ、検査を通過した荷物と、追加の検査が必要な荷物レーンも分かれているので、通過後の受取もスムーズにできるのも特徴。

さらにUV殺菌システムが内蔵されており、保安検査用トレイも最大99.9%殺菌された状態になると言うのも、今の時世では嬉しい感じですね。

スポンサーリンク

特にバックパックの場合は、面倒だったので…

何と言っても、パソコンをカバンの中に入れたまま、保安検査を済ますコトができると言うのは、体験していなくても便利そうな気しかしませんね。

パソコンが1台の時はまだそこまで不便はしませんが、サブ機とかも持っていると、台数分、取り出す必要があるので、やっぱり面倒ですし、保安検査場の前でバタバタしなくて済みますしね。

あとバックパックでの旅だと、他に荷物も入っているので、ちょっと取り出しにくかったりしますしね、パソコンって。

今回は、羽田空港への導入と言うコトですが、「JAL SMART AIRPORT」を導入している国内の主要な空港にも、ぜひ配備して欲しい感じですが、その計画はあるのかな?

どうなんでしょうね。

まぁ、機器の入れ替えはタイミングや予算の兼ね合いもあるでしょうから、スグに…と言う訳には行かないのでしょうが。

満を持して、TRAINSTの京都特集!
created by Rinker

搭乗って、慣れてもストレス

搭乗に際してのストレスと言えば、搭乗までの手順が最たるモノだと思う。

ネットやスマホでチェックインができるようになったし、セルフチェックインも増えたので、チェックインに関しては、結構、ストレスフリーになってきたように思う。

なので、やはり最大のネックは、保安検査。

安全と言うコトで重要だし、簡略化すべき部分ではないですが、その中でどれだけストレスを感じさせないか…と言うのが大切な訳ですが、その中でも待ち時間と荷物を出し入れしての保安検査と言うのが、一番、面倒なように思うので、今回の取り組みはどちらも便利になりそう。

これがどんどん需要の高い空港に配備されると良いのですがね。

コメント