ハピタス→JALマイル、交換レート・単位が改悪で3:1に!

4月1日~JALマイルへは3:1のレートに!

ポイントサイトの「ハピタス」。
派手さはないけれども、堅実なポイントサイトなのですが、「ハピタス」ポイントからJALマイルへの移行レートの改変が発表されました。

ハピタス→JALマイル|レート変更
  • 日程|2023年4月1日00:00~
  • 内容|ハピタスポイント→JALマイルのレート・交換単位の変更
  • 新レート|
    3ポイント→1マイル(現行:2ポイント→1マイル)
  • 新交換単位|
    3,000ポイント~(現行1,000ポイント~)

ポイントサイトからJALマイルへの移行レートは、ほとんどのサイトで2:1。

例外なのは、「モッピー」ぐらいだと思うのですが、「ハピタス」は2:1だったのが3:1へと改変。
しかも、同時に交換単位も1,000ポイント~だったのが、3,000ポイント~へと大きく上昇するコトになり、狙っていたと言う方からすれば、かなり痛手ですね。

しかも3月31日まで“冬のハッピーマイルキャンペーン”と題して、ハピタス→JALマイルの交換で、期間中1回目の交換分が15%分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中。
さらに会員ランクに応じて、ボーナスポイントを貰えると言うキャンペーンなのですが、その終了直後に、今度はレート改悪の急展開。

いきなりどうした?と言う感じすらしてしまいますが、逆に、JALマイルを狙っている方は、3月31日までの交換が吉と言うコトになりますね。

理由はどちらにあるのか?

キャンペーンを行なっていた直後の改悪と言うのは、ポイントサイト以外で見てもかなり珍しい事例のように思えますね。

改悪の緩衝としてキャンペーンを行なうコトはありますが。

しかも「ハピタス」はポイントサイトの中でも老舗格だし、そんなに今まで改変があるサイトでもなかっただけに、ちょっと驚き。

どちらにその理由があるのかな?と考えてみるけれど、実際のところは、部外者には分からないモノ。

ただJAL側の卸値が値上がりしたとするのであれば、別に「ハピタス」に限った話ではなく、他のポイント→JALマイルへのレートも、これから変更されて行くコトになるでしょうね。

単に「ハピタス」は、口火を切っただけで。

そうなると、1度、手持ちのポイントはマイルへ変えておいた方がベターと言えそう。

逆に、他のサイトでそうした動きが見られないのであれば、「ハピタス」側に理由があったと言えるのですが、マイルへの交換を目指すと言うのは、ポイントサイトの主要顧客層であり、最もヘビーなユーザー層だと思うので、最後まで変更せずに踏ん張るところだとも思うので、深刻な理由なのかな?と、つい思ってしまいます。

実際、景気が悪くなるとポイントサイトへの出稿が減ってしまうので、あり得る話ではあるけれど、正直、まだそのタイミングでもない気はするんですよね。

確かに物価高などもあるけれど、景況感としては、そこまでの悪さでもない気がするので。

ドットマネー経由ならレート維持

まさかJALマイルへの交換レートを変えて来るとは思っていなかったので、かなり驚き。

ただ「ハピタス」は「ドットマネー」との提携もあり、こちらは等価交換で手数料なし(最低交換単位は300ポイント)。

「ドットマネー」→JALマイルは引き続き、2:1の交換レートなので、「ハピタス」→「ドットマネー」→JALと経由させれば、引き続き、2:1での交換が可能なので、今のところ、影響はそこまで大きくはなさそうですけれどもね。

ただ仮にJAL側の卸値が変わったとすれば、他のポイントサイトからのレートも変更される可能性が高いので、今後、予断は許さない状況にはなりそうですが。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください