ロンプラ、2022年のおススメ旅先TOP10を発表!

Travel News
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ロンプラ、2022年のおススメ旅先は…?

世界最大規模のガイドブックである「Lonely Planet」が今年も「BEST IN TRVLE 2022」を発表しました。

日本人に馴染みの薄い場所もランクインするコトが多いので、毎年、ちょっと楽しみにしているのですが、2回目のコロナ禍で迎える今年のランキングは、どうなっているのか…

ちょっと見てみるコトにします。

まずは、「Top10 Countries」は、こんな感じ。

順位

地域

国名

1位

オセアニア

クック諸島

2位

ヨーロッパ

ノルウェイ

3位

アフリカ

モーリシャス

4位

中米

ベリーズ

5位

ヨーロッパ

スロベニア

6位

カリブ

アンギラ(イギリス)

7位

中東

オマーン

8位

南アジア

ネパール

9位

アフリカ

マラウイ

10位

アフリカ

エジプト

1位が、クック諸島。

また…

意外なところを点いて来ましたね。

まぁ、ロンプラはオーストラリアの企業なので、まだ身近な国なのでしょうが、どこにあるんだっけ?と言う方。

 

ココです。
ニュージーランドの北東(日付変更線は跨ぐ)。

で、Top 10には、ヨーロッパの国が2ヶ国。
アフリカは3カ国。
東南・東アジアや南米は1カ国もランクインしなかったと言うのも、意外ですかね。

コロナ禍だからと言っても、別に…と言う感じなのかな。

クック諸島・モーリシャス・アンギラと、コロナ感染が拡大すると全く逃げ場がなくなってしまう島国が3ヶ所入っていますからね(ある意味、密な空間にはならなさそうな国ではあるけれど)。

因みに、ボク個人としては、行ったコトのある国は、1つだけ(オマーン)でした。

まだまだ旅せよって話ですかね、この結果的には。

ってか、いい加減、エジプトとかネパールぐらいは行っていてもおかしくないハズなんですけれどもね。

なかなかチャンスに恵まれなくて。

Lonely Planet s Best in Travel 2022
created by Rinker

2022年おススメの都市、トップ10は?

で、次は「Top10 Cities」。

順位

国名

都市名

1位

ニュージーランド

オークランド

2位

台湾

台北

3位

ドイツ

フライブルグ

4位

アメリカ

アトランタ

5位

ナイジェリア

ラゴス

6位

キプロス

ニコシア

7位

アイルランド

ダブリン

8位

メキシコ

メリダ

9位

イタリア

フローレンス

10位

韓国

慶州

Top10 Countriesと異なって、東アジアから2カ所がランクインしていますね。

逆にアフリカの都市はラゴスだけ。
そして、南米はこの分野でもランクインせず。

比較的、規模の大きな都市が入って来たかな?と言う感じはしますけれど、この「Top10 Cities」でも行ったコトのある場所は、1ヶ所・台北だけ。

やっぱもっと旅せよって話ですね。

行ったコトのある場所が少なすぎて…

いや、そこそこの国数は行っているハズなんですけれどね。
少なくても、他の同世代の人よりは訪れているし、訪問都市数も多いハズなんだけれどなぁ…

Lonely Planet s Best in Travel 2022
created by Rinker

本の写真を眺めているだけでも面白い

正直、ランキングの理由は、あまり分からないですけれどもね。

まずコロナ禍への対応が、比較的、成功している国がランクインしているか?と聞かれると、そうでもないから、2022年のランキングなのに、行きにくさの残る国が多いのも実情ですしね。

で、Top10の都市でランクインした国は、Top10には入ってこないですし(この部分は、恣意的でしょうか?)。

“ランキングなんて意味がナイ”なーんて思っていても、実際にランクインされた場所の写真を見ていると、なんかムショーに行きたくなるから不思議ではありますが。

やっぱり製本されたモノの写真って、ネットで見るのとはまた異なって、眺めていると行きたくなる魅力を持っていますね。

当分、こうした本を眺めて、次の旅を考えたり想いを馳せるのは、アリですね。

因みに日本は、この2つにはランキングされていませんが、「Top10 Regions」で6位に四国がランクインしています。
折角、日本のエリアもランクインしているので、今年は四国へ!と言うのもアリですね。

コメント