新幹線が半額に!トクだ値スペシャル販売へ!

Train
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ほぼ来年春まで発売!

JR東日本が、インターネットからの申し込み限定で、新幹線が半額になると言う「お先にトクだ値スペシャル」の販売を発表しました。

JR東日本のこうした激安運賃は、過去にも例がありますが、今回のは、かなり規模が大きく、新幹線はJR東日本管内の全ての路線で設定がなされています。

ひとまず具体的に見てみると、こんな感じ。

お先にトクだ値スペシャル|概要

設定期間:
A:2020年8月20日~2021年3月31日
B:2020年8月20日~9月30日
申込:乗車日の1ヶ月前10:00~20日前の1:40まで
*PC/スマホだと発売開始日の更に1週間前(同曜日)から事前受付開始
対象車両:普通車両の指定席
設定運賃:通常料金の半額

便宜上、設定期間をAとBと称しましたが、ほとんどが「A」です。
つまりは来年の春まで続くと言う長さ。
それなのに、通常料金の半額になると言う美味しさです。

新幹線は、全方面に設定!

具体的な設定列車の主な区間を見てみると、こんな感じです。

列車名主な区間Eチケット
乗車券+
指定席特急券
通常価格
お先にトクだ値
スペシャル
料金
設定
期間
はやぶさ東京~盛岡14,810円7,400円A
東京~新函館北斗23,230円11,610円A
はやて新青森~新函館北斗7,520円3,750円A
やまびこ東京~福島8,910円4,450円A
東京~仙台10,880円5,440円A
なすの東京~那須塩原5,820円2,910円A
こまち東京~秋田17,920円8,950円A
つばさ東京~山形11,350円5,660円A
とき
たにがわ
東京~上毛高原5,820円2,910円A
東京~新潟10,560円5,280円A
あさま東京~長野8,140円4,060円A
かがやき東京~金沢14,180円7,090円B
はくたか東京~糸魚川11,000円5,500円B
あずさ東京都区内~松本6,620円3,300円A
かいじ東京都区内~
甲府・竜王
3,890円1,940円A
ひたち東京都区内~仙台9,280円4,640円A
わかしお東京都区内~
安房鴨川
4,200円2,090円A
さざなみ東京都区内~館山4,200円2,090円A
しおさい東京都区内~銚子4,200円2,040円A
きぬがわ新宿~鬼怒川温泉4,080円2,040円A
いなほ新潟~酒田5,370円2,680円A

*新幹線は、東京都区内・山手線内・仙台市内などの特定都区市内制度の適用なし
*座席数は限定数
*自由席のみの列車の設定はなし

もう…

何なんだろうってなぐらいに、かなりお得な切符になっていますね。

しかも、です。
JR西日本管内に被って来る北陸新幹線の「かがやき」「はくたか」以外は、来年まで設定があると言う期間の長さも魅力的です。

バスより安いかも?

これ…

下手なバスよりも、全然、安い感じがしますね。

18きっぷシーズンならば、それと組み合わせると言うのも、面白そうな気がしますが。

上記の表以外にも設定区間はあるので、要チェックと言う感じ。

JR東日本としては、復活し始めた国内需要を、一気に拾おうと言う姿勢なのでしょうかね。

ってか、今までのJR東日本のこうした激安運賃って、案外、便指定だったのですが、そうではナイと言うのも、嬉しい限り。

まぁ、どのぐらい設定があるのかな…と言う気はしますけれどもね。

因みに、「かがやき」「はくたか」は、2020年8月20日~2021年3月31日の間に、30%割引になる「お先にトクだ値」が別途設定されています。
こちらだと13日前の1:40までが販売期間になります。

またJR西日本も新幹線のお得な切符の販売を発表していますが、こちらは別の記事でまとめることにします。

それにしても…

太っ腹。

ってか、既存の今までの運賃の設定って、何だったのか…と言いたくなるレベルですな。

えきねっと:「お先にトクだ値スペシャル

コメント