台北と言ったら、まずはベタに夜市!

Sponsored Link

今回の台北は、トランジット目的。

単にメインになる航空券が、台北発の航空券を買ったので、それならばついでに台北に数日だけでも滞在しようかなぁ…と。

で、完全に下調べ、怠っていました。

そして、実は台湾、来るの初めてなんですよね…
いや、近距離海外は、結構、行っていない場所ばかり。
“働き出してから行くから~”と、残していたら、残しっぱなしになっていた感じ。

で、宿にチェックインしてどうしよう…と思いつつ、ベタにブラブラと歩いて、夜市に行くコトにしました。

寧夏夜市へ…

台北市内だけでも何ヶ所もある夜市。

訪れたのは、宿からも徒歩圏内だった「寧夏夜市」。

実は、こうした夜市みたいな場所、案外、苦手です。
そもそも1人で行っても、楽しみ半減みたいな感じがしてしまって…

ゆっくり出来る訳でもないですし。

果たして、楽しめるのかな…なんて思いつつ、歩いていたら到着。

 

まず手前側は縁日みたいなコーナーになっていました。

しかもどこか古典的な縁日ゾーン。
それを通り抜けると、一気に食べ物ゾーン突入です。

 

「食」は比較的、充実

アジアの雰囲気とはまた違う独特の雰囲気。

観光客も多く、人とすれ違うと時々、日本語が聞こえてきます。

ただ歩けるスペースの狭いコト、狭いコト。

あまり並びたくはない。
でもちゃんと座って食べたい。

そんなコトを考えつつ、歩いていたら、あっと言う間に終点になってしまいました。

ってか、思ったよりも短かいな。
もっと長い距離であるモノだと思っていましたし、そもそも線じゃなくて、面で展開されているモノだと、勝手に思っていました(もちろん、そう言う場所もあるのでしょうが、夜市でも)。

逆に、ギュッとコンパクトにまとまっていると言う感じなので、お目当てのお店があったり、お気に入りのお店がある場合は、便利かも。

それにしても、肌寒い。

かき氷とかも売っていましたし、ジュース屋台も盛況でしたが、さすがに沖縄よりも南にあると言えども、冬の台湾の夜は、そこまで暖かい訳じゃない。

それも意外でした。
もう暑いイメージしかなかったので。

でも確かに冬の香港も、別に夜は暑い訳じゃないですモンね。

そして、この気温。

別に、屋台でご飯がススムと言う様な気温じゃない。

いや、美味かったですけれどもね。

なので、軽く食べて撤退してしまいました。

別に食べ歩きをするコトもなく。

いや…
それでいいのか、夜市観光。

そう思いながら。

コスパ、良いのか、夜市。

ただ1つ1つは高くない。

でもボリュームがある訳じゃないから、もしかしたら、コストパフォーマンスで考えると、あまり良くないのかな…と。

コスパが悪い。

それならば、行く必要、あるか?

ふとそんな感じに思えてしまいました。

まぁ、何人かで行けば、わちゃわちゃ出来て面白いのだとは思うけれど。

特に食べ歩きしないで、1軒だけに絞って…とかならば、別にコスパも悪くはナイんですけれどもね。

まぁ、もっと暖かい時期に来て、ビール片手にぶらぶら食べ歩き…なら、アリかとは思いましたけれども。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください