JR、秋の乗り放題パス今年も発売!

Sponsored Link

連続3日間、利用可能な秋の18きっぷ

JRグループ6社は、9月12日から、「秋の乗り放題パス」と、北海道を含めて楽しめる「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を発売するコトを、発表しました。

まぁ、別にここ数年、毎年発売されているモノなので、コロナ禍で需要が減退している状況で、促進のために…と言う商品でもないけれど。

まずは、「秋の乗り放題パス」の詳細から。

販売期間:2020年9月12日~10月23日
利用期間:2020年10月3日~10月25日
価格:大人7,850円・子供3,920円
有効期間:連続する3日間
対象路線:日本全国のJR路線の普通・快速列車(普通自由席)とBRT各線・JR西日本宮島フェリー

普通・快速列車のグリーン車自由席は、グリーン券を別に購入すれば、乗車が可能。
一方で、普通・快速列車のグリーン車指定席は、グリーン券の他に乗車券も必要になる。

連続する3日間が対象になりますが、有効期間の最終日の乗車が、翌日に跨る場合は、乗車した列車が24時を過ぎて最初に停車する駅まで有効。

但し、東京・大阪の電車特定区間内の場合は、終電まで利用が可能です。

この商品、「青春18きっぷ」に似ていると言われ、「秋の18きっぷ」とまで言われるモノですが、実質的には、似ているようで似ていない。

大きく異なる点としては、“連続する3日間”が利用対象と言うコトで、3日連続で使わなければならず、1枚の切符で複数人が使うコトも不可になっています。

「青春18きっぷ」ならば、有効期限は5日間ですが、バラバラの日付での利用が可能ですし、1枚の切符で複数人が利用するコトも可能なので、この辺りの性質は大きく異なっていますね。

オプション券は、ちょっと使い勝手悪い

続いて「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」。

販売期間・利用期間などは「秋の乗り放題パス」と同様です。

価格:大人2,490円・子供1,240円
対象路線:以下の路線で1枚につき片道1回利用可能
・北海道新幹線 奥津軽いまべつ~木古内間の普通車の空いている席
・道南いさりび鉄道線 木古内~五稜郭間の普通列車

係員のいる改札で、「秋の乗り放題パス」と一緒に提示するコトで利用が可能なので、あくまでもオプション券と言うコトになります。

注意点としては、あくまでも片道1回分のみ利用が可能と言う点。

つまりは往復では利用不可と言うところでしょうか。

期間は例年より長く設定

使い勝手が良いのか…と聞かれると、そんなに宜しくはない。

特に「オプション券」の方は、かなり使いにくい。

まずは新幹線も接続線も本数が少なく、接続が全く考慮されていない「奥津軽いまべつ」駅からしか利用できないと言うのが、致命的。

せめて新青森駅から利用出来れば、まだ使い道はありそうですけれどもね。

ま、そもそも便利さを求めるような切符ではないのでしょうが。

夏休みでも冬休みでもないので、確かに3連休はありますが、できれば連続した3日間ではなく、個別でもOKであれば、使い道も高まるのでしょうが、LCCなどで飛んで、その先で利用するのがベターなのかな…と言う感じ。

せめてコロナ禍で地方への観光需要が減退中なだけに、今年はもう少し、改良を加えても良かったのでは…と言う気がするだけに、残念な感じもするかな。

ただ今年は、体育の日が7月に移動したコトもあって、例年よりも連休がなく、期間が1週間程度、長くなっているので、使い勝手は宜しくなっているのかも。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください