エア旅行|やっぱり旅が好きと実感したウラジオストク最終日

Column
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この記事は、コロナウイルスの影響で、断念したウラジオストクの旅行を、空想で行なってみると言う記事です。
なので、実際に行っている訳じゃないので、予めご了承ください。

ゆとりのある出国って、やっぱりイイね

ウラジオストク最終日。

普段は、LCCとフルサービスキャリアが半々ぐらいの利用なのだけれど、最近、出来れば避けているのが、やっぱり早朝便と深夜到着便。

深夜到着便はめちゃくちゃ深夜ならば、そのまま空港泊するで諦めが付くんだけれど、日付が変わるぐらいの時間なのは、やっぱり泊まるべきか迷うので。

いや、昔ならもう空港泊1択でしたけれどもね。

もうアラフォーと言うか、オーバフォーなので、その辺りはちょっと考えてしまう自分がいます。

が、今回はウラジオストク15:25発。
成田着も16:40!

もう神です。
さすがJALです。

そう言いたくなるスケジュール。

現地発も昼過ぎで、ゆっくり支度もしくは、早めに朝ごはん→ちょい散歩でも、どちらでも大丈夫。

成田着も夕方前なので、家が空港から遠くても、そこまで深夜帯にならない時間に、家に到着が可能。

もうサイコーです。

やっぱり時間にゆとりのある旅をしているのだから、最初から最後まで、それを突き通したいモノです、これからも。

ロシアは、ヨーロッパなのか?

ウラジオストク。

“日本から一番近いヨーロッパ”。

確かにそう。
アジアじゃない。

だけれども、やっぱり旧ソ連圏は、ヨーロッパでもない。

何だか、そんな気持ち。

そう言えば、昔からそう言う場所が好きだった。

何かと何かの間。

そう言う言い方が決して正しくはないのだけれど、そう言いたくなる場所。

人生で2カ国目だったチュニジアは、アフリカだけれど、アフリカじゃなかった。
5カ国目ぐらいの新ユーゴスラビアやハンガリーも、ヨーロッパだけれど、ヨーロッパじゃなかった。
その次に行ったスリランカも、仏教とヒンドゥ―の間の内戦が終わったばかりだったし。

そんな感じにも通じるところがあるのかも知れない。

いや、そもそもロシア自体が、ヨーロッパなのかどうかが分からないけれど。

ロシアはヨーロッパではなく、ロシアだと言う気がするしね。

JALで行くウラジオストク

JALでマイルを貯めるなら、JALカードは必須!
普通カードの初年度年会費無料は嬉しい!

やっぱり旅だ!

それにしても、やっぱり旅はイイ。

もうそれに尽きる。

知らない土地。
見知らぬモノ。
1人旅だけれども、新鮮な出会いがゴロゴロと転がっている。

別にそれに一喜一憂する歳じゃないけれど、やっぱり旅は楽しい。

まだ家に帰っていないのに、JALの機内で、「SKYWARD」の路線図を見て、つい、次はどこに行こうか…と考えている自分がいる。

次にウラジオストクに来るときは、シベリア鉄道に乗る時だな。

そんなコトを考えたり。

また旅に。
結局、どれだけ旅をしても、ボクの場合、“旅が好き”に終わりはないみたい。

エア旅行|ウラジオストク(完)
ボクの空想に付き合って頂き、ありがとうございました。

コメント