アブダビ空港で無料のシャワーを浴びてみた

Sponsored Link

場所は分かりにくいけれど、無料シャワーがあります!

さて、アブダビでほぼ夜を越す形のトランジットの今回。

いつもならば、ここでプライオリティパスの出番で、そのままラウンジへGO!なのですが、実はプライオリティパスの期限が失効していたコトに、台北で気が付きました(笑)。

楽天プレミアムカードとプライオリティパス。
期限は別物と言うのは、基本中の基本かと思うのですが、ついうっかり…です。

【徹底ガイド】持っている旅人続出の楽天プレミアムカード

無料で持てるのに、ポイント還元などのサービスが満載で人気の「楽天カード」。 楽天で何かお買い物をする機会がある人は、とりあえず、”持っていた方がいい”クレジットカードだったりします。 年会費も無料だし、パートやフリーターでも入りやすい審査の緩やかさも人気が高い理由の1つかと思います。 その人気の高い「楽天カード」には上位カードとして、「楽天プレミアムカード」があります。 …

 

で、アブダビ。

ラウンジに行かなくても、無料でシャワー、浴びれます。

有り難いコトです。
いや、香港で入ったばかりですけれどもね(笑)。

場所的には、35番ゲート近く(因みに、アブダビの空港、近年、ゲート番号が全て変わった模様で、他の方のブログを読むと違うゲート番号が出て来るかも…ですが)。

案内表示があるので分かりやすいかとは思いますが、まず階段を降ります。

で、降りた先にあるのは、トイレのみ。

“?”

おかしいな…と、思いつつ、辺りをキョロキョロとしても、やっぱり降りた先にあるのは、トイレがあるのみ。

で、探してみたら、トイレを入って奥に進むと、シャワールームがあると言う感じでした。

なので、ちょっと分かりにくいかも。
いや…
かなり分かりにくいかも。

階段を降りた瞬間に、シャワールームの表示はなくなるのに、降りるとトイレしかないと言う感じなので。

“水回り”と言う意味では一緒ですが、日本人のイメージからすると、やっぱりトイレとシャワーは別物ですからね、全然。

シャワーがただあるだけのシンプルさ

そんな感じのスタイルなので、別に入口が別途、ある訳でもなく、スタッフの方に声を掛けて入る訳でもナイです。

空いている場所に、好きに入って、好きに使う…みたいな。

ただ清掃されているスタッフの方は、トイレエリアにほぼ常駐なので、そこまで汚くはない感じですし、シャワールームが水浸だしと言う感じでもなかったのは、救いでしたけれど、こればかりはタイミングなのかな…と言う気がします。

シャワールームは、ホントに簡素。
ホントに、ただシャワーがあるだけでした。

モノを置くスペースとかがある訳でもないので、バックパックを機内持ち込みにしている人とかには、とにかく使いにくいかと思いますし、女性のシャワールームが同様のスタイルならば、女性の方は特に利用しにくいかと思います(こちらは当たり前ですが入っていないので、未確認です)。

もちろんですが、シャワーしかないので、それに関する備品もないです。

なので、最低限、タオルは持ち込まないとダメと言うコトになります。

ホットシャワーは出ますけれど、ホントにそれだけ…と言う感じでしょうか。

ラウンジ以外でも使えるシャワールームがある。

ただその事実だけを知っていても、用意が無ければ使えない。

そんな場所かと。

場所的には利用しやすい場所にあるのですが、個数もそこまで多くはないので、どこまで利用されているんだろう…とは思っちゃいましたけれどもね。

まぁ、あるだけマシと言う感じでしょうか。

個人的には、香港で入ったばかりですが、やっぱりさっぱり出来たのは、有り難かったですが、どうしても…じゃなければ利用しないかな、とも。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください