【搭乗記】エティハド航空でオマーンへ!

10.Aiport/Airline
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

エティハド航空の短距離フライト

アブダビからのフライトは、翌日の朝9:00ちょうどのフライト。

ターミナルも到着と同じ第3ターミナルでしたが、バスで移動するタイプでした。
近距離便は大体、バス移動なのかな?
アブダビは第3ターミナルは新しいモノなのですが、思ったよりバス移動便があると思った方が良いのかも。

目指すは、オマーンのマスカット。

搭乗時間が予定でも1時間10分と言う短いフライトのEY382便です。

使用機材はエアバスのA320型機。
つまりは大きくはない機材です。

バスで移動しましたが、結構、スカスカ。

オマーンまではドバイからならば、バスでもそこまで時間が掛かる距離でもないですしね。

でも…

何故か、3列シートに3人いる感じ。

いや…

真ん中の人、後列に移れば良いのに…と、つい思ったぐらい。
ってか、移って…と。

仮に自分自身の席が通路側だったら、サッサと移っていると思うのですが、残念ながら窓側シートだったので、移りたくても移りにくく…

パーソナルシートモニターは付いていますが、小さな画面。

香港からの機材と比べると、やっぱり型落ち感は否めないですね。

まぁ、そこまで搭乗時間がある訳でもなく、離陸したなぁ…と思ったら、スグに降機する感じですからね。

特に他の人も、画面に注目している人もいませんでしたし。

短距離フライトだけれど、軽食アリ

ただ短いフライトではありますが、“国際線”と言うコトもあってか、軽食がちゃんと出ました。

離陸して、ある程度、高度が高くなって安定したらスグに出たと言う感じ。

袋に入ったタイプで中東スタイルのパン。

1時間10分と言えば、東京~大阪ぐらいのフライト時間な訳で、まぁ、軽食が出るだけ有り難いと言うしかないデスかね。

特にアブダビの空港は、完全に“空港価格”。
いや、オーバープライス、甚だしいぐらい。
カフェだとかサンドイッチとかでも高くて、カフェラテ+ドーナツで10ドルぐらいの設定なので(なので何かを食べる気力すら失せました)、やっぱり軽食が出るのは、有り難い所です。

ただ、こうした軽食のパン・サンドイッチ系を出す機内食を温めてくれると、より美味しい気がするんだけれどなぁ…

 

荒々しい山が眼下に見えるフライト

高度を上げている訳でもないので、眼下の景色が良く見えます。

UAE~オマーンの間は、しっかりとした山が走っているんだな。

改めて、上空から見て思いました。

どうしてもアラビア半島のイメージって、砂漠もしくは礫砂漠と言うイメージが先行してしまいがちで、特に何もない様な感じがしてしまいますけれどもね。

どのぐらいの高さのある山なんだろう…
さすがに緑の少ない山々。

それを乗り越えると、もうオマーン・マスカット到着でした。

ホント、あっと言う間の距離。

印象的だったのは、カタール航空の機材が停まっていたと言う所。

カタールと中東諸国が、断交したと言うのは、まだ記憶に新しい所な訳ですが、断交と同時に空の便も運航停止になっていたりします。

そうした中で、オマーンはまだカタールとの国交があると言うコトを意味する訳です。

これは亡くなってしまったばかりですが、国王の全方位的な外交(いい意味で)による結果なのでしょうね。

それにしても…

マスカット国際空港、めちゃキレイです。

トイレなんて、ピカピカ・ピカピカでした。
大きさも程良く、使いやすそうな空港ですね、ココ。

因みに…ですが、荷物が出てくるレーンの所に、喫煙所がありました。

この場所に喫煙所がある国って、日本以外では見た記憶がなくて、かなりびっくり。

しかも、広々とした喫煙所。

最近の新しい空港は、喫煙所がどんどん隅に追いやられる形になっているので、余計にびっくりですね。

コメント