デルタのニッポン500マイルキャンペーンが、メール送信に!

Sponsored Link

デルタのニッポン500マイルキャンペーンが、メール送信に!

本来は、1年間の期間限定キャンペーンなハズなのに、毎年・毎年、更新されていて、実質的に期間が無期限のキャンペーンと化していて人気のデルタ航空のマイレージプログラムであるスカイマイルの、「ニッポン500マイルキャンペーン」。

日本国内線であれば、どの航空会社のフライトでも、ボーナスマイルが加算出来ると言う太っ腹すぎる程のキャンペーンで、見逃すにはもったいなさすぎるキャンペーン。

デルタ航空、ニッポン500マイルキャンペーン、今年も延長!

デルタ航空が実施している「ニッポン500マイルキャンペーン」。 毎年、4月になったと同時に、”今年こそ、延長されないんじゃないか…”と不安になるキャンペーンなのですが、1年間の期間限定キャンペーン。 ですが、毎年・毎年、延長されているキャンペーンで、2019年度も見事、延長が発表になりました~。 …

これまではFAXか香港への郵送と言う形でしたが、いつの間にかやり方が更新されました。

と言うコトで、改めて「ニッポン500マイルキャンペーン」の参加方法と内容について見てみます。

対象日(搭乗日):2019年4月1日~2020年3月31日

対象航空会社:日本国内線を運航する全ての航空会社の全路線

対象運賃:全ての運賃(マイルによる特典航空券や国際線航空券の国内線部分を含む)
*搭乗券に団体名やツアー名が記載される航空券は対象外

内容:日本国内線1フライトごとにデルタ航空のスカイマイルを500マイル加算

獲得出来るマイル総数:
・一般会員:年間5,000マイル(10フライト)
・上級会員:年間20,000マイル(40フライト)

キャンペーン参加方法:「ニッポン500マイルキャンペーン」ボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし、必要事項を記入の上、japan500@delta.com へメールで送信(添付ファイル形式は、JPG/PNG/PDFで最大2MB)。

キャンペーンの詳細は、コチラから。

変わった所は、メールで送信すると言う方法の部分のみです。

JALだろうがANAだろうがスカイマークだろうがソラシドだろうが、日本国内の定期便ならば、どの航空会社のどの路線でも、フォームへと記入をして、メールを送るだけで500マイルが獲得出来ると言うのは、変わっていません。



注意点はサイズのみ!

メールで送信。

楽になったのかな…と思いきや、逆に、搭乗券を画像化すると言う必要が出て来ました(今まではコピーをフォームに貼り付けてFAXだった)。

搭乗から2ヶ月以内に送信すれば良いので、大体の人は、今回の変更でも問題がナイ様には思いますが、個人的にも、1~3ヶ月の旅行に出るコトが多いので、帰国してからFAX送信していると間に合わず、最後の国内の空港のコンビニで、せっせとFAXを送っていたのですが、それがなくなり、旅先からでもメールで送信すればいいだけになるので、個人的にも助かります。

搭乗券なんてスマホで写メを取ればいいだけの話ですし(但し、2MBに画像+フォームでサイズを抑える必要アリ)。

ってか、今のこのご時世で“FAXで送信”と言うのが、変わっていた様にも思いますね。

日本はまだまだ紙文化が残っているので、FAXを多用している企業はあるかと思いますが、アメリカの企業であるデルタ航空も、まだ紙文化の企業だったと言うコトなのだろうか…



有効期限がないデルタ航空のスカイマイル

デルタ航空。

少しずつ日本離れが進んでいると言われていますが、それも“今まで異常だった”だけの話の様に思います。

そのデルタ航空も、成田から羽田へ、徐々にシフトを変えて来ていて、次の羽田の発着枠の増枠で、一通り、羽田シフトが完了する感じがしなくもないです。

国内線が多い羽田に移行するコトで、地方路線からの乗継もしやすくなる訳ですが、そうした乗継便でも500マイルが獲得出来る訳で、末永く続いて欲しいキャンペーンの最右翼。

加盟しているスカイチームは日系航空会社の参加がありませんが、そもそもデルタ航空自体、日本路線は多いですし、デルタ航空のスカイマイル自体、貯めたマイルの有効期限がないので、放置プレイでゆっくりとマイルを積算しておけると言うのも、嬉しいですしね。

ただあまりにも太っ腹なキャンペーンなので、毎年、キャンペーンの期限が来ると、延長されるかどうか、ソワソワしてしまいますけれどもね。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください