ラオス国営航空、日本就航?まさかの熊本発着で?

Sponsored Link

ラオス国営航空、ついに日本就航?

ラオスを代表する航空会社の「ラオス国営航空」。

旧名だと、Lao Aviationですが、日本への就航が長年、検討されており、最初に日本就航がアナウンスされたのが、2014年ぐらいの話だったかと。
2017年ぐらいの時点では、「ビエンチャン→成田→長崎→ビエンチャン」と言うルートをエアバスのA320で就航するコトを検討していると言う話でしたが、現時点では未就航。

が、ようやく2019年11月29日を目途に、日本線を就航させる計画が進んでいるとのコト。

まだ正式なアナウンスではないモノの、7月には公式の発表が行われる模様で、現在、調整が進められているとの話です。



日本側はまさかの熊本発着?

で、日本側の就航空港が…

定石で言えば、関空か成田な訳ですが…

 

熊本だそうで。

 

熊本…?

 

なんでやねんっ!

いや、ついそう思ってしまいました。

どうも当初は、ラオス国営航空としては、福岡空港への就航を希望していると言う話だったみたいなのですが、福岡空港は日本の空港の中でも混雑している空港の1つ。

ラオス国営航空が希望する時間帯での発着枠が確保出来なかったとの話で、東京や名古屋・大阪と言った地域に乗り継ぎが可能な熊本が選ばれたと言う話。

エアバスのA320型機で、

・ビエンチャン~熊本 水・土曜運航
・ルアンパバーン~熊本 月・金曜運航

と言う2路線での就航が検討されているとのコト。

首都であるビエンチャンだけでなく、世界中から観光客が集まっているルアンパバーン線も同時に就航するとなると、かなり魅力的な感じがしますね。



熊本空港発の国際線は、現時点で3都市のみ

それにしても…である。

熊本、ですか。

確かに熊本空港は、そこまで小さな空港じゃない。

国際線だって就航している。

だけれども、その国際線だって、

・ソウル 週6往復(t’way・エアーソウル)
・大邱 週4往復(t’way)
・高雄 週3往復(中華航空)

の3都市だけにしか就航していない訳で、いきなりラオスですか。

しかも、週4往復ですか。

ソウルですら毎日就航じゃないのに。
台北にすら飛んでないのに(でも高雄便があると言うのも不思議ですけれど)。
バンコクだって飛んでないのに。

でも、ラオスですか。

かなり挑戦的な感じがしてしまいますね、どうしても。

九州地区からの需要を拾いたいと言う話も出ているが、確かに熊本は九州の中では真ん中に位置しているけれども、九州域内の空路は沖縄と天草だけなので、どれだけ拾えるの?と言う感じもしますしね。

東京や大阪・名古屋便があると言っても、わざわざ熊本を経由するぐらいならば、バンコク経由でも変わらない感じがするのですけれどもね。

ってか、そもそもである。

A320が飛べる距離って、ラオスからだと九州が限界なんだっけ?

でも、仮にそうだとしても、ラオス国営航空は、既に仁川便を持っているので、仁川経由で成田や関空にしても良いのでは?と、つい思ってしまいますけどね(因みに、仁川線は毎日1往復でビエンチャンから運航中)。



日系航空会社とのコードシェアは?

現状、ラオス国営航空は、東京(成田・羽田)発のバンコク行きのANA+バンコク~ビエンチャン・ルアンパバーン・パクセー・サワナケートと言った空港へのコンビネーション航空券を発券していたりするので、もし熊本就航が実現すると、ANAとコードシェアとかする様になるのかな?

逆に日本国内線でコードシェアか何かしないと、ちょっと厳しい感じがしなくもないけれど。

因みに、近年、ラオス国営航空は、国際線の就航を強化している感じがしますが、ヤンゴン以外はラオスより西側には路線を持っていないので、ラオス経由で何処か…と言うのは、ベトナム・バンコクぐらいでしょうか。

バンコクへは、ビエンチャン・ルアンパバーンだけでなく、パクセー・サワナケートからも飛んでいて、合計で4路線を飛ばしているので、ラオスを経由して行きやすいかとは思うのですが、それでもLCCが同じ区間を飛んでいるので、別にラオス国営航空に縛られなくても良いのか…とも思っちゃいますけれどね。

残る東南アジア国家で日本未就航の国は…

ラオス。

そこまで認知度が高い訳じゃないけれども、これをきっかけに日本でも知られる様になるのだろうか…

ここ最近、日本への新規の空路開設がチラホラと出ていて、ブルネイのロイヤルブルネイ航空なんかもその内の1つな訳だけれども、ラオス国営航空の日本就航が行われると、東南アジアの国で、日本路線がないのは、東ティモールだけと言うコトになりますね。

ロイヤルブルネイ航空が、成田就航へ!-ブルネイ経由で何処に行く?-

ブルネイ。 東南アジアに位置する国。 正確には、ブルネイ・ダルサラーム国。 イスラム国家であり、イギリス連邦加盟国でもある。フラッグキャリアはロイヤルブルネイ航空。 2019年3月15日に成田~バンダルスリブガワン線を就航させ、日本路線を再開させるコトが明らかになりました。 In Tokyo, the sun rises with gratitude. We’re thrilled to announce that starting March 15th 2019, Royal Brunei Airlines will be flying non-stop from Brunei to Tokyo 3x weekly!

カンボジアとビルマ(ミャンマー)は、相手方の航空会社による就航はないですが、双方ともにANAが路線を持っているので。

さすがに東ティモールへの直行便は、なかなか開設されないだろうなぁ…
人口規模的にも、観光資源として見ても。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。