LOTポーランド航空、成田線を2019年~毎日運航へ!

Sponsored Link

LOTポーランド、成田線を毎日運航へ!

ポーランドの国営航空であるLOTポーランド航空が、2019年3月26日から、現在、週5便で運航している成田~ワルシャワ線をデイリー運航に増便するコトを発表しています(日本発のデイリー運航化は翌日の2019年3月27日から)。

ビジネスクラス(18席)・プレミアムエコノミークラス(14席)・エコノミークラス(220席)の3クラスを配置しているボーイング787-8型機を使用している同路線ですが、現状、搭乗率が80%を超えており、2016年の就航以来、人気を保っているとのコトで、就航当時は、週3便での開設であったが、2017年7月には週4便化、2018年3月には週5便運航化に増便がなされていました。

運航スケジュールは、以下の通り。

LO080 成田 10:15→ワルシャワ 14:25
LO079 ワルシャワ 15:05→成田 08:35(翌日着)

ワルシャワ到着・出発共に昼過ぎなので、そこから欧州各地へと乗継しやすいスケジュールと言うのが、功を奏した感じでしょうか。

時折、比較的安値の欧州行きセールも行っていますしね(特に閑散期である冬場)。

ポーランドって個人的には行きたい場所、結構あるのですが、あまり知られている感じじゃないのですが、どのぐらいがポーランドへの需要で、どのぐらいが乗り継ぎ需要なんでしょうね。

デイリー運航化するぐらいだから、ポーランド目的も、乗り継ぎ目的も、それぞれ需要はあるのでしょうが。

因みに、ポーランドで一番行ってみたいのは、ヴィエリチカですかね。
教会とかも西欧とはまた違った感じの色合いがありそうなのは、楽しそうですが。

ブダペスト発着路線の拡充も相次ぐLOT

2013年には経営再建計画が練られ、ワルシャワ発ローマ・ベイルート・カイロ・ニース・ヘルシンキ・チューリッヒなど12路線が運休に追い込まれたLOTポーランド航空ですが、経営再建後は、いち早く成田線に就航して、アジア線を開設。

2019年1月からはLOTポーランド航空としては100地点目のネットワークとなるワルシャワ~ロンドン(シティ)に、2月からはブダペスト~ロンドン(シティ)に平日2往復・土日1往復で就航するコトが発表されているなど、積極的に路線を展開している最中。

特に今年はブダペスト発着の路線開設が相次いでいて、ニューヨーク(JFK)、シカゴ、クラクフ線を開設しています。

中・東欧からは他にオーストリア航空がオーストリアのウィーンから成田へと就航していますが、他に路線がナイのは、寂しい所。出来ればもう1路線ぐらいあると、グッと距離感が近付く気がするのですけれどね。
しかも、オーストリア航空も、2016年9月~2018年5月の間は撤退していたし、現在も週5便運航でデイリー運航じゃないですし。

まぁ、ルフトハンザ・ドイツ航空など、日本に就航しているヨーロッパキャリアでも乗り継いで、行くコトは出来ますし、クロアチアのザグレブには大韓航空も就航したので、昔よりも行きやすくなってはいますけれど、個人的には、ブダペストへの直行便ぐらいあっても良さそうなのに…と。

まぁ、マレヴ・ハンガリー航空が破綻して以後、ハンガリーを本拠地にしている航空会社がLCCのWizzエアーぐらいしかないと言うのが、大きいのでしょうが、その内、LOTポーランド航空が就航させたりしないかなぁ…なんて思ったり。

因みに、LOTポーランド航空としては、エストニアのタリン空港からの路線も、結構、就航していたりします。

そもそもタリンはおろか、バルト三国へ、日本から直行便がないので、あまり使う機会がナイかも知れませんけれど、LOTポーランド航空的には、自国以外の発着路線の拡大も狙っているのかも知れませんね。

「LOTでブダペストに行こう!」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください