【LCC】エアアジアX、関空~台北線就航!記念運賃は片道101円~!

Sponsored Link

たびかず
あ~、どっか行きたい!
たびがえる
さ、先立つモノは貯まったのかい、ケロ。
たびかず
。。。

エアアジアXが関空~台北線に就航!

エアアジアグループで中・長距離路線を運航しているエアアジアXが、2019年1月30日から、関空~台北(桃園)線に就航するコトが発表になりました。

プレミアムフラットベッド12席・エコノミークラス365席の2クラスで合計377席のエアバスA330-300型機で運航し、月・火・水・金曜日の週4往復での運航。

スケジュールは以下の通り。

D7 371  関空22:00→台北(桃園)23:55
D7 370 台北(桃園)16:55→関空20:45
*往復共に運航曜日は月・火・水・金曜日

距離的には、エアアジアXで就航?と言う気はしますし、週4往復で土日運航便がナイのは、残念ですが、金曜日の22時関空発と言うのは、大阪市内に職場があっても、仕事帰りに利用出来たりする人が多いと思うので、ちょっと魅力的なのかも。

日曜日の運航はないですが、月曜日の運航があるので、3連休だったり、土日+有給1日とかでも利用出来そうですしね。

因みに、往路で言えば、

エバー航空BR179便関空22:05→台北00:25(翌日着)
バニラエアJW179便関空22:45→台北00:55(翌日着)

と言うのが、対抗するような時間帯の路線。

今回、就航が発表になったエアアジアXが辛うじて同日着なのに対して、これ以降に関空を出発するエバー航空とバニラエアは、現地空港着が既に翌日。

仕事帰りに飛び乗るとしても、エアアジアXぐらいまでが翌日の朝から観光をしても、疲れないギリギリのタイミングかも知れないデスね。

関空からの台北線は、競争路線!

それにしても、この関空~台北(桃園)線。

LCCを含めて、競合他社が入り混じっている路線だったりします。

具体的に見てみると、こんな状態。

航空会社 就航便数 メモ
JAL 1日2往復 他に1日4往復のコードシェア便有
チャイナエアライン 1日4往復 他に1日2往復のコードシェア便有
エバー航空 1日4往復
キャセイパシフィック航空 1日1往復
フィリピン航空 1日1往復
ピーチ 1日2往復
バニラエア 1日1往復
ジェットスター・アジア 1日1往復
タイガーエア台湾 1日2往復

“関空はLCCが隆盛”と言うニュースを時折、目にしますが、まだこの台北線で見ると、LCCが1日6往復なのに対して、レガシーキャリアが1日12往復と、未だに本数的にはLCCに差をつけていたりするんですね。

ちょっと意外だったりしますが、台湾をベースにしたLCCが強くないと言うのが1つの理由なのかも知れませんね。

また関空からの国際線が少ないJALが1日2往復で就航していると言う貴重な路線だったりもします。

個人的には、確かに台北ぐらいの距離だとLCCで充分と言う気もしますが、LCC一辺倒ではなく、こうして混在していると言うのは、それだけで選択肢が増えるので有難いなぁ…と思える路線です。

エアアジアXも週4往復と言わず、1日1往復で運航してくれれば、より便利さがUpするのですけれどもね。



就航記念運賃は、片道101円!

因みに、エアアジアグループは、関空には、

バンコク(ドンムアン):1日1往復
クアラルンプール:1日1往復
ホノルル:1日1往復

以上の合計1日3往復で就航中。

そして台北(桃園)線就航記念運賃は、片道101円(諸税・支払手数料別途必要)で、2018年10月30日13:00~発売中です。

距離もそこまで遠くないし、競合もひしめき合っているので、これからもセール運賃をつい期待したくなるような路線だったりするかな、個人的には。

「そうだ、エアアジアでどこかに行こう!」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください