『WHAT IS SAPEUR?』

Sponsored Link

『WHAT IS SAPEUR? -貧しくも世界一エレガントなコンゴの男たち-』

著・NHK「地球イチバン」制作班・ディレクター 影嶋 裕一
刊・祥伝社

WHAT IS SAPEUR ?――貧しくも世界一エレガントなコンゴの男たち

「サプール」と呼ばれる人たち

自分の1ヶ月の洋服代って、どのぐらいなんだろう…

ふと、考えてみるけれども、1ヶ月間でまるっきり服を買わない月だって多くある。

そして、買った所で、「UNIQLO」や「G.U.」に代表される様な安めの服ばかりで、1年間のトータルとして考えたとしても、大した金額にはならないだろう。

持っているモノが長持ちと言うのもあるけれども、ある意味、服とかには結構、無頓着。

別に「UNIQLO」が悪いと言っている訳じゃないけれど、もうアラフォーなんだから、もうちょっと気を配っても良いのに…と自分でも思ったりする。

そうは言っても、やっぱり服を買う時には、“ちょっとでも安いモノ”と思っちゃう自分がいるんだけれど。

そんな自分とは正反対で、アフリカに「世界で一番、洋服代を費やす人たち」がいると言う。

平均月収が、日本円にして25,000円。
1日1ドル以下で暮らす人も全国民の30%もいる。

そんな国。

アフリカのコンゴ共和国。

「サプール」と呼ばれるその人たちがいる国である。

15年間で300万円を服に費やす。
実に給与の8年分と言うから驚きである。

質素な生活。
流行を追い求める服を買うのではなく、個性を求めてお洒落をする。
着飾るコトで品位が身に付き、ココロが豊かになると言う彼ら。

そうは言っても、舞台はコンゴ共和国である。

インフラも満足に整っていない国である。

そんな国で、そんな生活を過ごすのは、並大抵の話ではない。

それでも、気高く着飾る彼らを、写真を中心に迫ったのが、本書である。

アフリカは美しい

こんな人たちがいるのか。

最初に手に取った時に、そう思った。

アフリカの国に行ったコトがない訳ではない。
寧ろ、5回訪れているので、日本人としては行っている方になるんじゃないかとは思う。

でも、本書に出て来る人たちには、一般的な「アフリカ」の姿が全く映らない。
ただそこに映るのは、「アフリカの気高さ」と「アフリカの美しさ」。

「アフリカ」は美しい。

常日頃からそう思っていた。

アフリカが持つ美的感覚と言うのは、ホントにキレイで美しい。

色彩感覚もそう。
スタイルもそう。

実は、ホントに美しい。

でも、本書に出て来る「サプール」の人たちは、そこに気高さが加わってくる。

逆に、日本はこれだけモノがたくさん売っているのに、メンズの「スーツ」ファッションになると、どうも似たり寄ったりで、そこに「気高さ」なんて、微塵も感じない。

ようやくここ数年、少しずつカジュアルに、個性を取り入れた人が増えたかな…とは思うけれども、“自分を持ったお洒落”とは、程遠いのが実情だろう。

誰もがお洒落はしたいのだけれど、まずは機能優先だし、没個性が最優先。

雑誌なんかじゃ“ちょい悪おやじファッション”とか取り上げているけれども、そんな人、ほとんど見たコトがない。
でも、そうは言ってもなかなか雑誌に出て来る様な“ちょい悪おやじファッション”なんて、実際には着こなす自信はナイんだけれど(なので、そんな世の中になったら、ホントに困ると思う…)。

気高く紳士な男は、やっぱりカッコいい

でも、きっと着飾るコトで紳士になれる。
着飾るコトで、ココロを落ち着かせられる。

そして、より自分を好きになれる。

読んでいると、そう言う気持ちになってくる。

そうなるからこそ、自分自身に自信が持てるのかも知れない。

「サプール」の概要、写真、そしてインタビュー。
サクッと読めちゃう様な感じの1冊なんだけれど、ココロがピュアになれる本。

「サプール」とは何か。

サプールとはスタイルであり
サプールとは生き方であり
サプールとは哲学である

本書にはそう書かれている。

それこそが光。
それこそが気高さ。
それこそが個性。

たかがファッション。

だけれども、奥が深いのも、また「サプール」なのだ。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。