未来の「旅」を変える「仮想通貨」は可能性しかナイ

Sponsored Link

大手取引所コインチェックで巨額の仮想通貨流出!

外部からの不正アクセスで仮想通貨取引所大手のコインチェックから巨額の仮想通貨「NEM」が流出したコトが明らかになった。

値動きの激しいビットコインに代表される現状の「仮想通貨」で、人気を集めている仮想通貨は、全体的に右肩上がり基調で価値が上がっている中での出来事。

コインチェックが、常時ネットワークに接続された「ホットウォレット」で管理をしていたコトが根本にあると言われているが、こうしたリスク面がよりクローズアップされるコトで、仮想通貨の広がりが狭まってしまうとしたら、残念なコトだと思う。

もちろん、リスクを承知の上で、買っていると言う人がほとんどだとは思うが、あくまでもそれは「自分の投資リスク」であって、「取引所の安全性リスク」ではない人が多いと言うのが、日本の現状なのだと思う。

銀行だって、何かあった場合も一定額までは補償があるけれど、経営のリスクを考えて預け入れをする人は多くないと思うし、それと同じ感じかと。

既に仮想通貨を持っている人は、仮想通貨が持つリスクについてはある一定の知識は持っているのだと思うが、そもそも人気を集めているのは、「投資」としての対象である影響が大きい。

“とりあえず、儲かる”

みたいな風潮。

それはそれで間違いじゃない様に思う(少なくとも現時点までは)。

株式やFXなどを持っている人も多いだろうし、そもそもお金がないとやっぱり生きて行くには不便極まりない訳で、“儲け”を念頭に購入するのは、間違いじゃない。

取っ掛かりは何でもいい。

この新しい概念である「仮想通貨」が、ちゃんと広まって行けば…である。

と言うのは、「仮想通貨」が、これからの“旅”を変える可能性があるのだけは間違いがないと思うからだ。

もちろん、まだ登場したばかりで未来なんて、誰にも分らないコトではあるけれど。

仮想通貨と旅は相性がイイ

「仮想通貨」が広がれば、どう言うコトが考えられるか。

まずは、将来的に“日本円から外貨両替をしたりするコトがなくなる”可能性がある。

そもそも基軸通貨としての既存の通貨は残るだろうが、電子的な通貨が実際の主流になり(仮想通貨に限らず)、実際に普段の生活で流通する・利用するのは、こうした新機軸の通貨になる可能性が高くなる。

そうなると、まずは“日本円から外貨両替をする”と言うコトがなくなる可能性がある。

まぁ、既に“現地でキャッシングをする”だとか、“現地でATMを使って自分の口座から引き下ろす”なんて行為もホントは、半分は“電子的なやり取り”になっているんだけれども。

でも、最終的には“現地でキャッシングする”だとか“現地でATMを探す”なんてコトもなくなる可能性を帯びている訳です。

つまりは、“わざわざ国ごとに両替をして…”と言う行為自体が、なくなる可能性が高くなる。

現状でも、米ドルがそのまま利用出来る国と言うのは、既に幾つかある。

ボクが訪れた国の中でも、エクアドルやジンバブエがそうであった。
ボクが訪れた時は現在のモンテネグロも流通通貨がユーロ(ユーロが導入されたばかりだったので、ドイツマルク)だったりもした。

ユーロだって、元々は各国の基軸通貨をひとまとめにした通貨である。

だけれども、現状の通貨の多くは、国境を越えられていない。

でも、「仮想通貨」と言うのは、そうした現状の通貨を飛び越えて行く概念である。

“国境”と言う概念が、“通貨”と言う部分においては、無くなって行くコトになって行くだろう。

それは海外を旅すると言う時点で、大きな変革をもたらす可能性を帯びているし、便宜性がある。

もしかしたら、クレジットカードと言う様なタイプも仮想通貨に比べると、ややチカラが落ちていく可能性もあるぐらいの変革をもたらす可能性がある。

それは確かにかなり便利な旅になる。

10年前ぐらいまではまだ“トラベラーズチェック”と言うのが存在していた。

T/Cと言われていたモノである。
もう過去の産物になってしまって、気が付いたら無くなってしまっていたけれども、T/Cから旅人が持って行くようになったのが、“海外でも自分の口座から預金を現地通貨で引き出せるカード”へと移って行ったけれども、それからまた進んで行くコトになるだろう。

ボーダレス社会に有能なツール

また“日本に住む”と言う概念すら怪しくなってくる。

「仮想通貨」と「ネット」は、「住む場所」と言う概念を変えてしまう可能性がある。

既にそう言う考えを実践している人もいるのだろうが、日本は国籍を持っているだけの国になり、メインで住む国・メインでビジネスをする国…など、税金の高低などを考えつつ移動して行くと言う考え方が、もっと一般的になるかも知れない。

「仮想通貨」が移住社会化する為に必須かどうかとかは別として、「通貨」・「場所」などにこだわらなくなる為に有能なツールだとは思えるし、そう言う時代になると、まさに「旅しながら生活する」様な時代になる(いや、実際はもうそう言う時代なのかも知れないけれど)。

「通貨」・「場所」にこだわらなくて済む。

そうなると旅行のやり方・あり方が、また変わって行く可能性が出て来る。
少なくとも、今まで面倒だったコトが1つ、1つ取り除かれて行くコトになるかも知れない。

それなのに今回の事件。

あくまでも1つの取引所での出来事。
投機マネーゲームに警笛を鳴らすだけであるならば、問題ない。

だけれども、“何かを変えるチカラ”があるのは、間違いなくて、これからも伸びていくのも事実で、そこに乗り遅れるのはどうかとも。

まだ「仮想通貨」を持っていない方は、これを機会に色々と情報を得てみるのも良いかも知れませんね。

「仮想通貨」は、可能性しかナイんだから。



因みに…

コインチェック。

ワタクシも口座、持ってます。

だけれども、未取引だったので、何も起きずでした。

取引所の実態。
これはもっとちゃんと情報を得るようにしなきゃダメですね…

ってか、それにしても今回の被害額相当を全て日本円で返金するって、凄いな。
それだけ手元資金があると言うコトなのだろうか。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。