世界の航空会社の定時運航率トップ20が発表!JALやANAは…

Sponsored Link

飛行機を選ぶ時に、気にするべきなのは、「定時運航率」!

飛行機に搭乗する時、気になるのは、座席ですか?それとも機内食?それとも、機内サービス?
でも何よりも、やっぱり「時間通りに出発して、時間通りに到着する」と言うのが、運輸機関としては、1番のサービスでしょうから、最も気にしなくてはいけないのは、ホントは「定時運航率」なのかも。

実際、飛行機は遅れるモノ。

しかも鉄道と違って、1時間の遅れなんて、ザラにあるモノ。

いざそうした遅れた場面に遭遇しない限り、普段はあまり気にならないんだけれども、やっぱり時間があるorないに関わらず、搭乗する飛行機が、時間通りに到着しなければ、そのあとのスケジュールも変えないといけなくなる訳ですしね。

そんな定時運航率を調査し、ランキング化したのが、OAG(Official Airline Guide)の「OAG Punctuality League 」で2018年版(調査対象は2017年)をこの程、発表しています。

メガエアライン部門では日系が1・2位フィニッシュ!

1位:JAL…85.27%
2位:ANA…83.81%
3位:デルタ航空…82.76%

4位:IndiGo…81.22%
5位:アラスカ航空…81.06%
6位:SAS…80.90%
7位:ユナイテッド航空…79.86%
8位:LATAMグループ…79.39%
9位:アメリカン航空…78.97%
10位:サウスウェスト航空…78.55%

以下、ブリティッシュエアウェイズ・ルフトハンザドイツ航空・エールフランス・ターキッシュエアラインズ・イージージェット・ジェットブルー・エアカナダ・中国南方航空・中国東方国空・中国国際航空の順。

全ての航空会社を対象にすると…

1位:エアバルティック…90.01%
2位:香港航空…88.83%
3位:ハワイアン航空…87.24%

4位:コパ航空…86.39%
5位:カンタス航空…86.18%
6位:JAL…85.27%
7位:エアリンガス…85.25%
8位:シンガポール航空…85.08%
9位:ANA…85.00%
10位:カタール航空 84.46%

以下、デルタ航空・アリタリア航空・エーゲ航空・オーストリア航空・フィンエアー・アビアンカブラジル・ニュージーランド航空・ヴァージンオーストラリア・アラスカ航空・SASの順。



LCCの定時運航率も発表!

特に定時運航率が気になるのは、1つの遅れが後々まで響くLCCかと思いますが、LCC版も発表になっています。

1位:ブエリング…85.25%
2位:ジェットスターアジア…85.08%
3位:スカイマーク…85.00%

4位:トランサビア…84.25%
5位:アズール…84.14%
6位:ボラリス…82.13%
7位:スカイエアライン…81.93%
8位:GOL…81.73%
9位:IndiGo…81.22%
10位:ユーロウィング…79.39%

以下、フロンティア航空・ノルウェジアン・サウスウェスト・スピリット航空・ウェストジェット・エアアジアインディア・イージージェット・タイエアアジア・スパイスジェットの順。

OAGの定時運航の定義は、予定到着・出発時刻の15分未満に到着または出発するコトとしているので、10位以内に名前が挙がる航空会社は、かなり運行に正確と見れるのかも(メガエアライン部門のエアカナダ以降は60%台まで落ちて来るんですけれどもね)。10本飛ばして、8本ぐらいは正確な時刻で離発着があると言うコトになるので。

それにしても、思ったよりもLCCの定時運航率が悪くないと言う点。

LCC版の20位に入るスパイスジェットですら、73.72%なので、フルサービスキャリアと遜色がないレベル。

アジアからだと、日本のスカイマークとジェットスターアジアとエアアジア(タイ・インド)がランクインしていますが、「安かろう悪かろう」じゃないサービスを、これからも続けて欲しい所です。

飛行機が遅れると、それだけでストレスだし、復路だと、仕事などにも差し支えが出て来る場合もありますからね。
やっぱり遅れないに越したコトはないんだけれども、最近、ボクの搭乗便、よく遅れるんだよなぁ(台風とか不可抗力もありますが)…





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。