ハイパーインフレも経験したジンバブエで政変か!?

Sponsored Link

ハイパーインフレを経験した国・ジンバブエ

かつて旅をしたジンバブエ。

“ハイパー”を越える程のインフレを起こした「ジンバブエドル」を通貨に持っていた国である。

どれぐらいのハイパーインフレかと言えば、何と言っても世界最高数字紙幣と言えるであろう「One Hundred Trillion」ドル紙幣と言うモノすら刷られていたぐらい。

100万がOne Million。
10億がOne Billion。
1兆がOne Trillion。

100万以上の英語での単位を学んだのは、その時でした。
だってボクにはご縁がなく、多分、これからもご縁がナイ単位ですから。

もうゼロが幾つあるのあるのかすら分からんぜよ。

ギャグを通り越して、最早、失笑レベル。

この100兆ドル。

2009年の1月に発行され始めたのですが、2009年の6月末ぐらいには通用が廃止になるぐらいに、インフレが爆裂していたと言うお国。

だって、24.7時間後には物価が2倍になっていたと言うぐらいの悪夢の様なインフレですから、ジンバブエドルなんてモノを手にしたら、スグに使うか、スグに米ドルか南アランドに交換しておかなければ、1日後には価値が半減しているんだから、凄まじい訳です(でもお陰でパスポートの更新や増補などは1円程度で出来る状態だったり…)。



長年に渡り、政権中枢にいるロバート・ムガベ氏

そんなジンバブエ。

そのハイパーインフレ当時も、ボクがその後に旅をした時も、大統領は、ロバート・ムガベ氏。

首相就任が1980年。
大統領への就任が1987年。

長きに渡ってジンバブエを率いているボスです。

ってか、今の旅人の多くは、ムガベ氏が大統領に就任した後に生まれたぐらいでしょうね。

残念ながら、ボクは…

生まれてます(笑)。

反植民地闘争の最中には10年間、獄中生活を送ったコトもある訳ですが、首相就任後は、白人社会との融和政策を打ち出し、教育や医療にも資金をつぎ込み、乳児での死亡率は下がり、アフリカでも最高の識字率を誇る政治を行っていた訳ですが、白人に対して不寛容な政策に転じてからは、安定していた経済が崩壊。

ハイパーインフレと80%にも上る失業率と言う国に。

ボクが行った時も、

「日没後は、この通りから北と、この通りから南には行かない」
「日没後は、1ブロック先のスーパーに行くのにもタクシーを使う」

などが旅行者以外でも、徹底されていたぐらい。

それでも、ムガベ氏は大統領職に留まっており、「100歳まで大統領職に留まる」コトに意欲を示していたぐらいだとか。

そのムガベ氏が失脚しそうだ。

後継レースがその背景なのか!?

軍部が国営放送局を占拠し、ムガベ氏とその家族の身柄も確保している模様で、与党のジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)も

「エマンソン・ムナンガグワ前副大統領が暫定党首となる」

と発表。更にその上で、

「ムガベ大統領一家が拘束されたが、安全は保障された。ジンバブエもZANU-PFも、ムガベ大統領とその家族によって所有されるものではない。」

とTwitterで明らかに(但し、何処まで公式の声明なのかは不明だが、一応、それに対してのコメントもTweetされています)。

ムナンガグワ前副大統領は、11月初めにムガベ大統領によって罷免されていたが、それもムガベ氏の妻であるグレース氏を大統領に据える為のモノであったとされ、その後継者レースが今回の背景にあったとも。

ハイパーインフレの経済危機も、その後の一向に立ち直らない経済の低迷も、やり過ごして来たムガベ氏。

ってか、どうしてハイパーインフレ後にこうした動きにならなかったのやら(もちろん、軍部を含めて腐敗の恩恵に預かっていたのだろう)。

変わって安定するのか、ジンバブエ!?

これでジンバブエも一気に変わるのかどうか。

少なくとも、昨今、独裁者がいなくなると途端に治安が悪くなる国が多い中、今後の治安状況を含めて注視しておきたい所です(因みに、ボクが行った時も昼間であれば、全然、問題なく1人で出歩けるぐらいに治安は良かった)。

南部アフリカでは珍しく、“グレートジンバブエ”と言う遺跡もあるのに、観光客は皆無(2泊も遺跡の中で泊まったのに誰にも会いませんでした)。
ビクトリアフォールズも安宿にはほとんど客がいないと言う有り様でしたが(ツアーで訪れる様な宿はそこそこ儲かっていそうでしたが)、観光資源はある国なんで、旅しやすくなると良いのですが。

ってか…
オレ、若っ↓。

余談ですが、ムガベ氏の妻であり、大統領後継レースに立っていたとされるグレース氏。

ムガベ氏の最初の妻は死別しているのですが、再婚になったこの結婚の歳の差は、なんと41歳差!!

 

どんだけ~っ!!!!

そして、アマゾンで100兆ジンバブエドルが出品されていましたが、どんだけ値が付いてんだよ(もちろん、ボクも持ってますが、つい売りたくなるレベルやんけっ)。記事執筆時点で7,800円だなんてっ!!

追記:2017/11/22

ムガベ氏は国軍によって自宅軟禁下に置かれてから1週間が過ぎた2017年11月21日未明、大統領職の辞任を議会に提出した書簡で表明しました。
ムガベ氏は後継者を指名するコトなく辞任を表明しましたが、ムナンガグワ前第1副大統領を中心とした暫定政権になる模様。

まぁ、このムナンガグワ氏も、決して、クリーンなイメージではないハズなんですが…ね。

ひとまずこれ以上の治安悪化だけは避けて貰いたいモノ。
そして、願わくば、経済の再生に取り組んで欲しい所です。






にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。