チェジュ航空がウラジオストクに就航!

Sponsored Link

久しぶりの夜更新になってしまったのは、これまた久しぶり(約1年ぶりぐらいでしょうか)の出張帰りだからだったりします。
やっぱり…

出張って疲れるなぁ…

旅行の方ならば楽しめるのに…

ウラジオストクにLCCが就航!

韓国のLCCであるチェジュ航空が、2017年9月29日から、仁川~ウラジオストク線へと就航するコトを発表しています。

月・水・金・日曜日の週4便での運航で、タイムスケジュールは曜日によって若干異なるが、仁川発が午後一で、ウラジオストク発が夕方と言う感じでしょうか。

【仁川→ウラジオストク】
月曜:11:35→15:00
水・金・日曜:14:05→17:30

【ウラジオストク→仁川】
月曜:16:00→17:45
水曜:17:20→19:05
金・日曜:18:30→20:05

往路便は日本からも同日で接続が出来そうですが、復路は若干、難しさが残る時間設定かも知れませんね。
深夜便のピーチとからならば勿論、接続が可能ではありますが。

それにしても、韓国とロシアって、日本よりもまだ近い感じなのか、仁川~ウラジオストク便は、大韓航空・アエロフロート・S7航空の3社(アシアナ航空もコードシェアで乗り入れ)で運航をしていたりするので、これで4社目の参入になりますが、LCCの就航はこれが初。
そもそも、ウラジオストクにLCCが就航するのが初らしいです。

因みに、ウラジオストクの位置関係はこんな感じで、空港があるのは、ウラジオストクではなく、郊外のアルチョームになります。

それにしても、日本とロシアって、かつてはもう少し路線があったようにも思える(地方からも路線があったし、サンクトペテルブルグなどにもアエロフロートの経由便があったように記憶しているのですが、いつの間にか、無くなってしまいましたね)のですが、今や、かなり限られた存在だったり。
ウラジオストクは、アジアではなくて、完全に街並みは“ヨーロッパ”だそうなので、日本から一番近い、ヨーロッパと言えなくもない街。

軍事的に栄えた歴史もあって、なかなか観光地として知られている訳ではナイですが、何となくあこがれてしまうのは、やっぱりシベリア鉄道の東方の基点駅だからなのでしょうかね。

空港アクセス鉄道もあるウラジオストクの空港

そう言えば、ウラジオストクの空港って、市内まで鉄道アクセスがあったりもするらしいです。時刻表はコチラで確認が出来ますが、本数が少ないのがネックにはなりますかね。

ってか、1日5本ってのは、空港アクセスとして成り立っているのだろうか…と疑問にもなるけれど。

【ウラジオストク→空港】
07:21→08:15
09:05→09:59
11:40→12:34
16:00→16:54
18:00→18:54

【空港→ウラジオストク】
07:57→08:47
08:50→09:44
10:30→11:24
13:10→14:04
17:30→18:24

この時刻表通りだと、チェジュ航空便に関して言えば、月曜以外は空港発は使えないですかね。
市内発もちょっと時間的に不便そうな気がしますが…

まぁ、ともあれ日本からだと、オーロラ航空やS7航空が就航しているウラジオストク。
どちらもそこまで運賃が高い訳じゃないですが、より安値で行ける可能性がこのチェジュ航空の就航で出て来たのは、嬉しい所です。

さらに嬉しいニュースとしては、ウラジオストク限定でビザの緩和措置が取られることになり、実施が始まっている模様です。
コチラの話題については、また明日の記事で記載します~♪






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。