羽田から上海へ、春秋と吉祥航空が就航!!

Sponsored Link

この1年くらいでしょうか、急速に日本のインバウンドの盛り上がりが指摘されて来ていますが、やっぱり為替とビザの影響は大きいのでしょうが、空路の急速な拡大と言うのも、その1つの理由としては指摘出来るのかも知れませんね。
需要が先か、供給が先か…と言うのは、難しい所なのかも知れませんが、良い循環になっている様な気がしてなりませんが、更に供給が増えると言う話題。

吉祥航空、羽田へ就航!!

吉祥航空が、2015年8月6日から、羽田~上海(浦東)線へと就航をスタートさせることが発表になっています。
首都圏へは初就航になるので、そこまで知名度が高い航空会社ではナイ気がしますが、吉祥航空と言えば、関空~上海(浦東)線を、1日3便へと6月25日から増便させたばかりですし、福岡にも、那覇にも就航していたりします。

スケジュール的には、以下の通り。

【スケジュール】

  • 羽田発 01:50 → 上海着 04:15
  • 上海発 20:50 → 羽田着 翌01:00

羽田発が月・水・金、上海発が火・木・日曜の週3便による運航になる見込みです。
…って、日本語のWebもあるのですが、あまり更新がされていないのか、時刻表なども、日本語ページのは過去分で止まっていたりするし、日本語ページからは予約や購入が出来ないので、ちょっと使い道は限られてしまうのかも。
どうも中国の大きな航空会社(中国国際・中国東方・中国南方+キャセイ+春秋航空)以外の航空会社のWebって、日本人からして見ると、かなり使い勝手が悪い感じがしてしまいます。
この辺りがもう少し改善されると、便利になるんですけれどもね…

…ってか、今のままだと、やっぱり個人旅行客だと、利用出来なさすぎる感が。

春秋航空も、羽田へ就航!!

そして、同じく羽田~上海(浦東)線に、中国のLCCである春秋航空も、2015年8月5日から就航するコトが明らかになり、こちらはWeb上での予約も開始になっています(羽田発は8月6日~)。

【スケジュール】

  • 羽田発 01:30 → 上海着 03:25
  • 上海発 18:50 → 羽田着 23:00

こちらは羽田発が月・火・木・土、上海発が月・水・金・日曜の週4便での運航になるコトが明らかになっています。
春秋航空で気になるのは、運賃…と言うコトになるかと思いますが、現状、最安値だと、8,000円~で発売がなされています。

って、関空への路線展開を進める旨の発言があったので、てっきりそちらに集中するモノだと思っていましたし、グループ会社である春秋航空日本のベースは成田空港なので、就航するのであれば、成田なんだと思っていたら、羽田の深夜・早朝枠に食い込んできましたね。

↑上で挙げた吉祥航空と比べると、発着時間がちょっと違う感じが。
でも、春秋航空の方が、羽田着23時と言うコトで、“自宅に間に合う人は、まだ辛うじて間に合うかも…”と言う時間設定なのは、大きな差と言えるかも知れませんね。
曜日的にも、日本発で土曜日発がある(金曜日の深夜)のは春秋航空の方なので、これだと仕事終わりで、土日を利用して、フラッと上海と言うコトも出来ますしね。

元気な中国の航空会社

それにしても、わざわざ同じタイミングで同じ空港(上海(浦東))から羽田を結ぶ路線が、2つの異なる航空会社によって就航が決まるだなんて…
中国の航空会社は、元気なんだなぁ…と言わざるを得ない気がしてならないです(同時に、日本への観光客の増大が続いているんだなぁ…と言うのも、思ってしまいますが)。
逆を言えば、商機だと思えば、すぐに突っ込んでくる機敏さは、日本の航空会社にはあまり見られないので(ピーチくらいでしょうか…)、もっと日本の航空会社にも見習って貰いたい所ではあります。

まぁ、元々の人口の違いもありますし、JALは経営再建中だったと言う所もあるのでしょうけれど。

それにしても、徐々に羽田の国際線も豊かになり始めましたし、着実に24時間空港になっていく感じがしますね(昼間の発着枠がないので、半ば、強制的に24時間空港になっている感じも否めませんが…)。


↑週末海外旅行などが、現実味を帯びて来ると、気軽に旅に出る為にも、こうしたキャッシュパスポートとかは1枚、持っていると便利が良い感じがしますね。
一々、両替するのも、面倒ですし、日本の外貨両替店よりも、お得に両替が出来てしまいますから。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。