西武線、21駅でクレジットなどのタッチ決済による乗車実験開始へ!

クレカ・デビットなどに対応!スマホもOK!

関東大手私鉄の「西武鉄道」が、三井住友カード・Visa・JCB・オムロン・QUADRACと共同で2024年度後半から西武鉄道線の21駅でタッチ決済対応のカードでの乗車実験をスタートさせるコトを発表しました。

具体的に対応されるのは、

  • タッチ決済対応のカード
    ・クレジットカード
    ・デビットカード
    ・プリペイドカード
  • タッチ決済対応のカードが設定されたスマートフォン

と言ったモノ。

まだ実際の内容や詳細は不明ですが、対象駅の自動改札機に、タッチ決済読み取り部とQRコード読み取り部を搭載して対応する形。

訪日外国人旅行者の利便性向上・シームレスな移動の実現などの一環として行なうモノで、将来的には全線での展開も視野に入れているとのコト。

同時に2022年9月からサービスがスタートしているデジタル企画乗車券についても、対象自動改札機を利用できるようになる見込み。

 

対象駅はどこかな?

残念ながら、とりあえず実証実験をスタートさせると言うだけなので、まだ全線での展開が見えている訳ではないです。

21駅への導入と言うコトで、主要駅である池袋・西武新宿・高田馬場・所沢・本川越・国分寺・西武秩父に加え、観光地である西武遊園地・西武球場前・豊島園・飯能へは導入されるのでしょう。

あとは練馬・入間市・拝島はありそう。

その他は、石神井公園・ひばりが丘・小手指・上石神井・小平・東村山・新所沢か狭山市かな。

乗換駅である秋津・玉川上水あたりが入るかどうか…

ただ訪日外国人や観光客の需要が多い駅と言えば、横瀬とかが入って来てもおかしくはないのかな?

まぁ、この辺りはサービススタート前になって、21駅の内訳が発表にならないと…と言う感じ。

ってか、沿線に秩父や川越を抱えつつも、そこまで観光客が多い鉄道と言う印象はゼロですけれどもね。

川越は西武線よりも東武線がメインの利用になるでしょうし(ただ観光スポットへは、西武線の方が近いんですけれどもね)。

さしあたって必要性をそこまで感じない…と言う気はしますが、実証実験を行なうコトで、インバウンドの動向や観光客の多さなどのデータが出るんだろう…とは。

乗り入れ先も対応しないと片手落ち

首都圏各線でも、クレジットカード決済による乗車と言うのは、少しずつ動き出した感じはある。

ただ相互直通の少ない関西圏ならいざ知らず、首都圏各線は、今や相互直通していない路線の方が少ない訳で、もっと一斉に各社で行わないと、意味があるのかな?と言う気がしてしまう。

今回の西武線であれば、相互直通運転しているのは、東京メトロ経由で東急東横線・みなとみらい線との直通があるが、少なくともメトロ線への乗り入れにも対応してくれないとなぁ…と。

民鉄各線であれば、PASMOのネットワークがあるし、繋がりがあるのだから、そろそろ大きな流れになればいいのに…とは。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください