JAL、6月が対象になる国内線タイムセール開催!狙い目の路線は、どこ?

6月搭乗が対象で、2回に分けて開催!

「JAL」が、国内線の運賃リニューアルを記念して、国内線航空券のタイムセール開催を発表しました。

「JALスマイルキャンペーン」と題したタイムセールで、3月開催(サーバーダウンにより中止)以後と同じ流れのタイムセール。

今回は2023年6月搭乗分が対象ですが、前半と後半に分けての開催になっています。

ひとまず詳細は、以下の通り。

JALスマイルキャンペーン|5月12日~開催分
  • タイムセール1|
    ・予約期間|2023年5月12日00:00~13日23:59
    ・搭乗期間|2023年6月1日~15日
  • タイムセール2|
    ・予約期間…2023年5月19日00:00~20日23:59
    ・搭乗期間…2023年6月16日~30日
  • 内容|国内線航空券全路線一律6,600円で販売(小児4,950円)
  • WEBサイト|コチラから
 

基本的には、再挑戦以後の流れと同じで、アクセス集中への対策として、

  1. 期間を短く区切っての開催
  2. 1度、仮想待合所で待った後、抽選で順番にサイトへと案内

と言う対策を行っています。

今回は、6月1ヶ月間が対象と言うコトで、比較的、長めの期間が対象になっているので、開催を2つに分けているのが特徴ですね。

対策を講じてからは、初回のようにサーバーがダウンすると言う結果にはなっていないので、今回も混みあうコトは予想されますが、何とか購入にたどり着けると言う人も多いのでは?と言う感じはしますね。

JALの場合、タイムセールで発売になる航空券の種類は、以下の通り。

  • 予約変更…不可(搭乗当日、出発空港で空席がある場合でも不可)
  • 取消・払い戻し手数料…
    ・購入後~出発55日前…税抜運賃額5%相当額
    ・出発54日前~出発前…税抜運賃額50%相当額
    ・出発後…税抜運賃100%
  • 利用クラス…
    ・普通席…予約可能
    ・クラスJ/ファーストクラス…予約不可・当日アップグレード可能
  • マイル積算率…普通席…50%
  • 注意点…
    ・キャンセル待ち不可
    ・WEB販売のみ

マイルの積算率が50%なのが難点ですが、それでも全路線一律6,600円ってのは、魅力的以外の何物でもナイですね。

6月は全国的に梅雨入りするシーズン。
さらに特に連休もない方が多いと思うので、あまり旅に出るには向いていない月かも知れませんが、その分、観光地もやや混雑は緩和される場所が多いと思うので、この機会に出掛けると言うのも、アリかも知れませんね。

あとは梅雨のナイ北海道か…

スポンサーリンク

人気が高い路線を外せば容易に買える?

国内線が片道全路線で6,600円~(一部便で6,600円以下の路線もアリ)と言う太っ腹なセール。

空港使用料が必要な場合もありますが、荷物の預け入れや決済手数料も不要なので、ホントに嬉しいセール。

実は先日もタイムセールで購入した航空券で、搭乗。
月末にも同様にタイムセールで購入した航空券で、搭乗予定がありますが、どちらも簡単に取れました。

「JAL」のセールは00:00スタートと言う場合がほとんどですが、どちらのセールも、しっかりと寝て、翌朝に取得。
しかも希望する様な場所の座席も取れるレベル。

なので、やっぱり人気路線さえ外してしまえば、案外、タイムセールでも航空券が取れるのかな?と言う印象です(なので、待機部屋で待つコトもなかった)。

実際の所、次のタイムセール、どんな路線が人気になるのか。

まずは国内線全線で一律のセール運賃なので、まずは距離が長い路線ですね。

  • 羽田・大阪~石垣・宮古・那覇
  • 新千歳~大阪・福岡

まず思いつくのは、これらの路線でしょうか。

例えば、新千歳→福岡で6月1日搭乗だと現時点で、19,950円。

これが6,600円になってしまう訳で、往復共にタイムセールで買えるとしても、まだ今、片道を買うよりも安いですからね。

あとは離島路線。
上記で挙げた石垣・宮古への路線もそうですが、

  • 羽田・伊丹~奄美大島直行便

なんかも通常時はかなりの運賃になりますからね。

逆に言えば、この辺りと梅雨のナイ北海道線を避ければ、案外、気楽に取れるのかな?と言う印象。
北海道も便数が多い新千歳線ならば、そこまで倍率は高くないのかも…と。

利用は観光需要の高い路線のみ?

タイムセールで取得したG.W明けの便。

最終便よりも前の時間帯でしたが、搭乗率としては片側3席で真ん中の列がちょうど空いているぐらいのレベル。
しかもビジネスユーザーと思われる人が、結構、多め。

と言うコトは、ボクが搭乗した便に限って言えば、そこまでタイムセールで買った人はいなかったのかな?と言うのが、正直な感想。

パッと見て、観光需要だった人は20%ぐらい。
その内、タイムセールで購入したと言う人が、どれだけいるのだろう…と。

まぁ、G.W明けの平日ですからね。
動ける人は限られていて、お子様がいない(もしくは未就学)のご家庭か単身世帯で、サービス業従事者がメインになっちゃいますからね。

どこまで利用があるのかな?
ふと、そんな気にもなるけれど、やはり観光需要が強い路線や便だと、利用は多いと思うので、夏の繁忙前までにもう1回ぐらい、開催されるのかな?と言う感じ(7月中旬までが対象で)。

それはそれで楽しみにしたいなぁ…と。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください