ユナイテッド航空、最大100%増量のバイマイルキャンペーン開催中!

Miles
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

UA、100%増量or40%オフのバイマイル!

米大手航空会社の「ユナイテッド航空」が、バイマイル(マイルの購入)キャンペーンを開催中です。
人によって内容が異なる模様で、100%マイル増量(実質的には50%OFF)か40%OFFかの2つがオファーされている模様です(因みに、ボクは後者の方がオファーされていました)。

100%増量ならば、かなり大きなキャンペーンだったのですが(40%OFFでもかなり大きいのは間違いないですけれどね)、まずは、内容を見てみるコトにします。

  • 期間|2022年11月20日まで
  • 購入可能上限マイル数|
    1アカウントに付き増量を含め350,000マイル
  • マイル加算時期|購入後24~48時間
  • キャンペーン内容|
    ・最大100%マイル増量
    ・最大40%OFF
    以上のどちらかがオファー

こんな感じでしょうか。
どちらの内容がオファーされているのかは、自身のアカウントからBuy Mileのページをご確認いただくとして、40%OFFがオファーされている場合は、以下の通りの内容になります。

購入マイル数割引率定価割引後金額
2,000マイル0%9,711円9,711円
5,000マイル20%24,278円19,422円
10,000マイル20%48,557円38,846円
15,000マイル30%72,835円50,985円
20,000マイル30%97,113円67,979円
30,000マイル30%145,670円101,969円
40,000マイル40%194,226円116,536円
50,000マイル40%242,783円145,670円

*実際にはもっと細かく購入が可能で、2,000マイル以上は1,000マイル単位で購入できます

4,000マイルまではキャンペーン対象外。
5,000~14,000マイルまでの購入で20%オフ。
15,000~39,000マイルまでの購入だと30%オフ。

最大の40%オフを受けようとすると40,000マイルの購入が必要になりますが、40%オフになって日本円だと116,536円。

この金額をどう思うか…と言う感じでしょうかね。

ただやっぱり40%オフと言うのは驚異的な数値でもありますね。
40,000マイルを購入すると77,690円のオフですからね。

ただそうは言っても、40,000マイルを購入すると116,536円。
決してお安い金額ではないのが、悩みどころですね。

スポンサーリンク

参加すべきタイミングなのかどうか

個人的な感想としては、“焦って購入するべきでもないかなぁ…”と言う印象です。

為替のレートが米ドルレートなので、今がそのタイミング?と言われると、まだまだ…と言う気がしてならないので。

せめて為替レートが1ドル=125円ぐらいなら、アリかも知れないけれどね。

ただ「ユナイテッド航空」の特典航空券の場合、何と言っても“サーチャージ不要”と言うのが大きい。

12月以降の発券だと、多少なりともサーチャージが下落する傾向にありますが、それでもまだまだ高いのが実情ですからね。

因みに、JALの12月以降発券のサーチャージは、こんな感じ。

サーチャージは12月以降の発券でちょっと安くなる航空会社が多いですが、そもそも航空券代も値上がり基調にあります。

値上がり気味の航空券+まだまだ高価なサーチャージ。

それを考えると、高値でも「ユナイテッド航空」のマイルを使って特典航空券に…と言う選択肢は、アリです。

なので、この先半年以内ぐらいで、ANA国内線かスターアライアンス加盟航空会社が運航している短・中距離の国際線に搭乗するような旅の計画がある方は、アリかもって感じですかね。

ただそもそも「ユナイテッド航空」の場合、中距離以降の路線への特典航空券だと、必要マイル数が跳ね上がるのは注意です。

なので、無難にANAの国内線かな…
使い道としては。

久々のTRANSITタイ特集!
created by Rinker

UAマイルは持っていると便利だけれど…

無難に…と、上述しましたが、まぁ、焦る必要はないと言うコトを書きたかっただけです。

使い方が決まっていないのであれば。

と言うのも、「ユナイテッド航空」って、バイマイルキャンペーンをそこそこのタイミングで開催しているからです。

別に定期的に開催している訳じゃないけれど、1年間で2度は開催しているイメージ。

ただ100%増量と言うのは、その中でも最高ランクなだけで。

でも為替レート的には嬉しい水準ではないので、使い方が決まっている人だけ参加すれば良いのでは?と言う感じ。
どうしても今のレートだと、円換算するとマイル単価は高くなってしまいますしね。

ただ「ユナイテッド航空」に限らず、特典航空券の利用の場合、サーチャージが不要の航空会社のマイルと言うのは、今のようにサーチャージが高騰している時期には、ホント、有効に使えるので、普段から1社ぐらいは備えて保有しておくのは、アリと言えるかも知れませんね。

ANAの国内線にも使える訳ですから。

ただあまりにも貯めすぎるのも改変リスクの高い航空会社の1つでもありますから、その辺りはバランスを取るべきではありますが(日系航空会社と違っていて、発表と同時に改変とかがあり得るので)。

コメント