東京メトロ、車内のMetro_Free_Wi-Fi、6月に終了?

Train
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

東京メトロ、車内Wi-Fiの1つを終了へ!

まだ公式の広報が出ている状況ではないけれども(そもそもこうしたケースでプレスリリースが出るるのかも分からないけれども)、「東京メトロ」が、2022年7月以降、車内サービスの一環として導入して来た「Metro_Free_Wi-Fi」を終了するコトが、報道に出ています(『J-CASTニュース 2022/06/02 18:03』)。

2016年12月からメトロ車内で使える無料Wi-Fiを整備し、2020年度に全路線への導入を終えたばかりなのですが、2022年6月30日の終電から、同サービスを終了するとのコト。

これは提供事業者であるNTT BPとの契約期間が満了するための措置で、訪日外国人観光客の減少などを踏まえ、更新を見送った形。

引き続き、KDDIグループが提供している「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」や「Wi2 300」ならびに駅構内の無料Wi-Fiは継続する模様。

東京オリンピック・パラリンピックもあったコトも後押しになり、全路線・全車両に実装されていた東京メトロ車内の無料Wi-Fi。

まぁ、オリンピックも終わったし、コロナ禍で訪日外国人観光客も激減している状況ですしね…と言うコトなのかも知れないけれど、ようやく外国人観光客の日本への入国も再開になり、これから為替も追い風にして、また観光客が増えて行くかも知れない矢先なだけに、ちょっと残念なニュースと言えるのかも。

スポンサーリンク

契約更新見送りの理由は?

個人的には、良く利用していました。
と言うか、かなりヘビーユーザーだったかも。

西武線や東武線などの乗り入れ線内でも利用できるので、“確か、次は基本的にメトロ車両が来るハズ…”と言うタイミングなら、1本電車を待ってWi-Fiのあるメトロ車両を待つコトもあるぐらいだったし、急がない or 就業に間に合うなら、途中の駅で後から来る急行に抜かれるけれども、先発するメトロ車両の各駅停車に乗るコトも多々。

だからこそ残念なニュース。

ただ訪日外国人観光客も減っているのは事実だし、当面、コロナ禍以前には戻らない話でもある。

さらに我々からすると無料で利用できるWi-Fiだけれども、メトロ側からすれば、当然、コストも掛かっている。
「東京メトロ」は路線数も多いので、それだけ車両数も多い訳で、月々のコストはそんなに安くはないだろう。

そこにコロナ禍で経営環境が一気に厳しくなった。
さらに「東京メトロ」の場合は、上場による民営化もようやく進みつつある中で、財務状況を悪化させられない状況にある。

そう言うのが契約の更新と重なったのかな…と言う感じでしょうか。

「東京メトロ」は、他の私鉄やJRへ乗り入れで直通している関係で、ある程度の距離を乗る人も少なくはないと思うけれど、基本的にはそんなに長時間乗る鉄道会社ではないですから、Wi-Fiがなくても…と言う感じなのだろうな。

ここがすごい!東京メトロ~実感できる驚きポイント
created by Rinker

そもそもどれだけ利用があったのか?

逆を言えば、日本人だとあまり利用している人はいなかった…と言うコトなのだろうか。

ボクみたいに、わざわざメトロ車両狙いで乗るぐらいの人なんて、ほとんどいなかった…と言えるのかも知れませんね。

それならば仕方ないかな…と。
そもそも現時点で、利用が多くはない訳ですし、他のWi-Fiはまだ残るし、駅構内のWi-Fiもそのまま継続ですしね。

一体、どれぐらいの日本人が利用しているのだろう?と。

そして、外国人観光客が増えて来た時には、元に戻すのだろうか?

どうなんでしょうね。

やっぱり海外に旅をすると、Wi-Fiはあると便利なのは事実だけれど、もう現地SIMを使う人も増えていますしね。

ってか、世界的に地下鉄の中でフリーWi-Fiがある場所って、どのぐらいあるのだろう?
個人的には記憶にないのだけれど(単に安全上、スマホを出さないようにしていると言うのもあるけれど)。

コメント