ライアンエアー、機内持ち込み手荷物規定、11月から変更へ!

Sponsored Link

ヨーロッパLCC最大手格のライアンエアーが、機内持ち込みの手荷物に関する規定を改定するコトを発表しました。

実際の改定は2018年11月1日から開始になる予定とのコトですが、変更になる規定を見てみるコトにします。

航空券の体系は3タイプ

まず、前提となるライアンエアーの航空券の料金体系ですが、現行、3つの料金体系から成り立っています。

  • Standard Fare…最安運賃で特に何もつかない
  • Plus Fare…20kgまでの預入れ荷物+優先搭乗+機内持ち込み手荷物2つ+普通席の座席指定が付帯
  • Fleexi Plus Fare…Plus Fare+予約無料変更可能+前方座席指定+空港でのチェックイン+セキュリティファストトラックが付帯

と言う形になっています。

この他に、優先追加料金の「Priority & 2 Cabin Bags」と言う制度があり、追加料金を支払うコトで、小型手荷物と10キロまでの手荷物の2つを機内持ち込み手荷物として、機内へと持ち込むコトが出来ます。

因みに、この「Priority & 2 Cabin Bags」は予約と同時に頼むと6ユーロ(もしくは6ポンド)、予約完了後に追加すると8ユーロ(もしくは8ポンド)で追加が可能です。

分かりにくいのは、この「Priority & 2 Cabin Bags」を付けない場合で、Standard Fareの場合、小型の手荷物1つはそのまま機内持ち込みとして運べますが、大きい荷物は搭乗口まで自分で運んだ後、搭乗口で係員に預ける必要があると言う点でしょうか(機内には持ち込めず、到着地でピックアップする)。

これがちょっと分かりにくいですよね、現行の規定は。

そして現行の規定の手荷物のサイズと言うのが…

  • サイズが55cm×40cm×20cmで重量が10キロまでの大きめの手荷物
  • サイズが35cm×20cm×20cmを越えない小さな手荷物

になっています。

さて、これを踏まえて、11月から改定になる規定を見てみます。

Non-Priorityだと機内持ち込み荷物は、小サイズ1個だけに

まず、2018年11月1日から無料で機内に持ち込めるのは、Non-Priorityの場合、

35cm×20cm×20cmサイズの小さな手荷物のみに。

基本的に、シート下に入るサイズと思えばいいかと思います。

ではそれ以外の場合は…と言うと、追加料金の支払いが必要になります。

追加料金の支払いの方法は2つ。

まずは手荷物ではなく、預入れ荷物としてしまう方法。
こちらは予約時に8ユーロの追加料金を支払うコトで、空港のカウンターで預け入れが出来ます。

注意点としては、予約時に追加料金を選択しないと、料金が跳ね上がると言う点で、予約完了後に追加すると、10ユーロに。
空港の搭乗口で追加すると25ユーロに跳ね上がります。

機内へ手荷物として持ち込みたい場合は、現行と同様で、「Priority & 2 Cabin Bags」の追加料金を払うか、Standard Fare以外の券種を選択する必要があります。

「Priority & 2 Cabin Bags」は、予約時に追加をすると6ユーロ(もしくは6ポンド)、予約完了後に追加すると8ユーロ(もしくは8ポンド)。

どちらにせよ優先搭乗と手荷物を2つ機内持ち込み出来る上に、受託手荷物よりも追加料金が安く済むので、基本的には、この「Priority & 2 Cabin Bags」を選択しておくのが無難です。

と言うのも、この「Priority & 2 Cabin Bags」は、1便につき95名までの限定追加サービスになっていると言うのが、大きなポイントです。

ヨーロッパ在住でもない旅人ならば、荷物がいくら小さくても、やっぱり2つぐらいはバッグが出来てしまうでしょうから、もう最初から選択しておけばOKって感じでしょうか。

なので、結局、変わったのは、優先搭乗を付けない人の手荷物の数と言うコトになります。

航空券予約時 航空券予約後
Priority 追加料金6€ or 6£ 追加料金8€ or 8£
35×20×20cm手荷物 Free Free
55×40×20cm手荷物 Free Free
Non-Priority 追加料金なし 追加料金なし
35×20×20cm手荷物 Free Free
55×40×20cm手荷物 8€ or 8£ 10€ or 10£

ライアンエアーのプレスリリースに新規定の表があったので、記載してみました。

変わったのは、赤字の部分になるのかと。
現行では、機内持ち込みは出来ず、Freeだけれど、係員預けになると言う部分。



LCCの鉄則:航空券買う前に荷物の大きさ・重さを確認!

まぁ、結局の所、“搭乗口で係員に預ける”と言うシステムが、遅延の原因になっていると言うコトから、今回、手荷物の規定が見直されるみたいです。

ってか、単純に考えて、この今の規定にする際に、分かりそうなモンなんですけれどね、それぐらい(因みに、今の規定は今年から運用されたばかりのモノ)。

とりあえず、ライアンエアーは荷物の大きさや重さについては、比較的シビアな航空会社なので、どのぐらいの荷物になりそうなのかなどは、事前にある程度はイメージしてから航空券を買うべきでしょうね。

まぁ、実際の所、荷物の有無・機内食の有無・座席指定…など、LCCに乗る際は、航空券を買う前にある程度のイメージが必要なのは、ライアンエアーに限った話でもないのですけれど。

「ライアンエアー」にまつわる記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください